コロッケ、カキのバター炒め

年末に向けて、ストレスたまっていませんか?

気温差で、急激に血圧が上がったりしやすくなります。

仕事も溜まるし、忘年会シーズンで接待増えるし…。

今日は、漢方の中でもメジャーな「柴胡加竜骨牡蛎湯」の紹介です。

もう一つ、柴胡ではなく桂枝を使う「桂枝加竜骨牡蛎湯」もあります。

柴胡の場合は、比較的体力がある、がっちりしている方に使われます。

ストレスなのが原因の精神症状(不安、不眠、動悸、多汗症、異常興奮など)、小児のてんかん、夜泣き。高血圧、動脈硬化などに効果があります。

原因は、体力の低下で、寒や風の邪気が身体の中に入ってしまったことが原因です。

気の流れが悪くなり、水の流れが悪くなってしまいます。

肝気の流れが悪くなり、熱がこもってしまう。

肝は、上昇・発散にかかわるので、のぼせやめまいの原因になってしまいます。

そのまま、心にも影響してしまいます。

心は、神志を司る臓なので、心に熱がこもることで高血圧、精神不安、不眠、神経症が起こりやすくなります。

肝、心の熱を取り除き、気と水の流れを整えていくことが大切です。

 

今回の薬膳は2品ご紹介!

~サツマイモとレンコンの牛肉コロッケ~

サツマイモ、レンコン、牛肉で作ってます!

少し、焦げてしまった…。

サツマイモ、牛肉は気を補う「補気類」。

サツマイモと牛肉はともに、脾胃を強めます。

イライラしているとき、脾胃の働きが低下していることが多いので、補強することが大切です!

ポイントは、レンコン。

レンコンは活血の働きがあります。体の熱をとってくれ、心に働きかけてくれます。熱がこもっている心におすすめ!

 

 

~ホタテとカキのバター炒め~

一番は、牡蠣(ぼれい)カキの殻を使いたいけど…。

身にも精神を安定させる効果は、ばっちりあります。

心血を補うし、肝に作用してくれます。

漢方なら、牡蠣はよく使われますけどね。

薬膳に用いようと思えば、難しい気がする。

ホタテは、潤す効果ですね!

ホタテも、肝に働いてくれます。

 

~作り方~

サツマイモは柔らかくしてからつぶし、食べやすく切ったレンコン、牛を細切れにして、塩・胡椒で味付け。卵を加えて成形し、パン粉につけて揚げました。

簡単コロッケで、ボリュームたっぷりです!

カキ、ホタテはシンプルに醤油とバターで炒めただけです。

今年はカキが豊作みたいなので、大好物の私にうれしい話です!

年末の疲れやイライラも食事で吹っ飛ばしましょう。

忘年会も食材を意識して見てくださいね。

塚子(ツカコ)

 

 

 

薬膳イベント

更新がだいぶ遅れてしまいました。

12/2 薬局で初めての薬膳のイベントをさせていただきました。

テーマは「冷え」

今年はまだ暖かくそこまで寒くないですが、いよいよ寒波がやってくるということで、しっかり身体を温めてもらおうと企画しました。

薬膳は以前にも紹介している「シーフードカレー」です。

生姜、ニンジン、イカ、ホタテ、エビ、玉ねぎで作ってます。

みんなで楽しく準備しました。

ジムさんが丁寧に作ってくれてます!

 

漢方の「四物湯」を薬膳にしたので、血も補う、気も補うのでしっかり身体を温めてもらいました。

クリスマスイベントを兼ねているので、リボン付けました。

白衣ではなくエプロンで!

勉強不足を痛感しました。

初めての経験で、とてもいい勉強になりました。

今後、さらなる発展ができるように頑張ります!

塚子(ツカコ)

エビと紫蘇の春巻き

だいぶ寒くなり、乾燥がひどくなってきましたね。

体を温めないといけないのに、冷たい食材や食べ物を食べていませんか?

今日は、冬支度の漢方を紹介します。

「温経湯」

おもに…。

・更年期障害で冷えを伴う

・手荒れ、湿疹、しもやけ

・不妊

に使われる漢方です。

下半身の冷えがポイントになります。

下腹部の冷えは、陽気の不足で冷えてきます。陽気は身体を温めるので、陽気が不足すると、冷えが起こります。とくに女性では子宮の気血の巡りが悪くなります。

気血の流れが悪くなると、古い血が体に残ってしまい、新しい血が作られなくなります。新しい血が作られない=血が不足する事になるので、臓器をめぐる気も不足してしまいます。

気血の巡りの悪化が腹痛、月経痛につながります。

血の巡りが悪くなるのは、子宮だけでなく皮膚にも影響します。

皮膚の栄養は、血になります。血が不足することで、手荒れ、しもやけの原因につながります。

気の巡りの悪化も、体を守る力も弱くなりますし、血の漏出を防ぐ働きもあります。

下半身の冷えは、上半身に熱がこもる原因になり、のぼせ、頭痛、不眠、手のほてりにつながります。陽気は上昇する性質だからです。

では治療は、

・陽気の不足を補う。

・気、血の巡りを良くすること。

この2点に注意してみてください。

 

今日の薬膳は、

~エビと紫蘇の春巻き~

食材は、エビ、紫蘇 になります。

 

エビは、助陽類になり、陽気を補う食材です。

腎陽を増強します。そして陽気を温めて、胃の働きを促進し食欲を増進してくれます。

正気を補うことで、皮膚や筋肉の毒を排出してくれます。

温性なので、体を温める食材になります。

 

紫蘇は、辛温解表類です。

紫蘇は、気の巡りを改善してくれる効果があるので、寒いときにおすすめの食材になります。また血流の改善におすすめです。

簡単なレシピで体を温めることができるので、ぜひ作ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

鮭のちゃんちゃん焼き

今日は、女性が一番悩む「生理」

「生理」関係でよく処方される漢方のご紹介。

~桂枝茯苓丸~

ドラッグストアでも売られているので、比較的身近な漢方だと思います。

私も飲もうかなと思っている漢方なのですが。

・月経痛

・更年期障害の冷え、のぼせ、めまい、精神不安など

・皮膚炎、蕁麻疹なので皮膚疾患

などに用いられます。

女性が悩むのをすべて解決してくれそうな漢方なのですが。

ニキビで悩む方も服用されています。

原因は、下腹部の血流の悪さです。

桂枝茯苓丸=瘀血(おけつ)の改善と私は覚えています。

瘀血は、4つの特徴を覚えるように、国際薬膳師の試験の時にいわれました。

1、疼痛:痛む場所は同じで、針で刺すような痛み。触ると痛くなる。

2、紫紺:色が黒っぽい。顔色が暗い、爪が青黒い、あざなどができやすい。

3、腫塊:固まり。生理出血などの固まりの事。

4、出血:生理不順などの不正出血。血尿、血便等も入る。

血の流れが悪いことで起こります。

血と同じ動きをするも影響され、気の流れが悪くなります。

気の流れの悪化で、肩こり、のぼせ、手足の冷えの原因になります。

冷えることで、下腹部痛、月経痛が起こりやすくなります。

また、水の代謝も悪くなるので、めまいや頭重が起こりやすくなります。

水の代謝、血流の悪さが原因で皮膚疾患が起こる原因にもなります。

治療のポイントは、血流の改善ですが、どうやって改善するか。

・身体を温めてあげる。

・気の流れを良くしてあげる。

・水の代謝を促す。

この3つを今回は意識しました。

今日の薬膳の紹介

~鮭のちゃんちゃん焼き~

食材は、鮭・ジャガイモ・玉ねぎ・ほうれん草・コーン です。

バターを入れて、味噌バターにしてます。

 

治療ポイント1:体を温める作用

体を中から温める温裏類で、「鮭」を使っています。

鮭は、脾胃を温めて運化機能を高めます。そして胃の働きを調和します。

また、気を補う効果もあるので臓腑の働きを高めてくれます。

 

治療ポイント2:気の流れを改善する。

理気類である、玉ねぎを使用しています。

よく使っているので、過去の記事を参考にしてみてください。

 

治療ポイント3:水の代謝を改善する。

利水滲湿類である、トウモロコシを使用しました。

浮腫み取りですね。トウモロコシは、利尿作用で余計な熱を取り除く効果があります。

瘀血では、余計な熱が発生してしまいます。なので、余分な熱を取り除くのに使いました。

生理の辛さも、薬膳で気分を変えてみましょう!

では。

塚子(ツカコ)

金針菜の炒め物

今日は、漢方の紹介ではなく薬膳ならではの食材を紹介します。

・金針菜

中華料理ではよく用いる食材です。

生では有毒なので、火を通していただきます。

日本では、よく乾燥した金針菜が売られています。

なぜ、この食材にしたか…。

実は、ここ数日胸痛に悩まされているんです。

突然、みぞおちのあたりが、刺すような痛みがあり、痛みで息が苦しくなるくらいの痛みがありました。

生理前のこともあり、姿勢が悪かったのかなと思ったのですが、あまりにも突然来たのでびっくりしまして。

実はその痛みが起こった時、かなりのストレスを抱えていて、精神的にもしんどい状況でした。

姿勢だけではなく、ストレスからくるものかもしれないなと思い、この食材を選んだわけです。

 

中医学の診断では、「血瘀阻滞症」だと思います。

おもな症状は、胸あるいは頭が刺すように痛む。部位も固定しており夜に重くなる。

胸の痛みが起こった時も、実は夜だったんです。

原因としては、寒くなったことで寒邪が侵入し、心の陽気が低下してしまうことで、体が冷えてしまいます。

それにより、血・気の巡りが悪くなることで痛みが起きてしまいます。

治療としては、

・気、血の流れを改善すること。

これが一番です。

精神的に来ているということは、気の流れが悪くなっている証拠ですからね。

 

では、今日の薬膳。

~金針菜の炒め物~

食材は、金針菜、豚肉、キャベツ、黒ゴマです。

金針菜は、「利水滲湿類」です。

熱を取り除き、利尿作用により浮腫みを取り除きます。

金針菜の別名が、「忘憂」といい、元気がなく憂鬱な時に効果的と言われています。

日本では乾燥しているものが多く、中国からの輸入品が多いと思います。

なので、2時間ほど水で戻して使うのですが、30分ぐらいで水が黄色になってしまうので、30分ごとに交換すると色が抜けるます。

それから用いましょう。味もほぼないので、なんでも料理に使えますよ!

今回、心が悪くなっているのですが、心だけ改善するのではよくありません。

五臓の流れで、心のは腎の影響を受けます。

腎に良いもの。それは滋陰類です。

ポイントは、黒ゴマ

黒ゴマには、肝と腎を滋補してくれます

腎は、心に影響してくる、「腎と肝」の両方を養ってくれるので、用いました。

キャベツの補気作用、豚肉の潤す作用も忘れずに用いていますよ。

食べてから少し時間がたつと、気が楽になり肩の力が抜けてきました。

少しづつですが、胸痛も楽になっています。

ぜひ金針菜使ってみてください!

塚子(ツカコ)