豚肉のソテー~梨ソース~

更新が遅れてしました。

ごめんなさい。今週本当にバタバタしており、薬膳も作れていない状況でした。

12月にセミナーを開催予定で、その準備にも追われております。

少しづつの更新になってしまい、本当に申し訳ないです。

インスタグラム(mahotsukada)では、日々の料理等も載せていますので、参考にしてみてください!

今回は、咳の漢方をご紹介します。

以前、麦門冬湯や滋陰降火湯を紹介しておりますが、今日は長引く風邪での漢方を紹介します。

「柴陥湯」

長引く咳で、胸が痛い…。

咳をしすぎてつらい…。

そんな症状で使われる漢方です。

気温の変化で、風邪を引いてしまい、なかなか治りがよくない。

そんな方が多いなと感じていました。

外からの邪気、今の時期なら「燥邪」が影響しますが、いつもは気の流れ衛気によって外からの邪気の侵入を防いでいます。

しかし、気の巡りが悪く、気が不足することで邪気が侵入し、風邪を引くことになります。

気の流れが悪くなる=水の流れも悪くなるため、潤いがとても大切な肺が乾燥してしまい、肺の働きが低下し、痰が生成されやすくなります。

また、気の巡りの悪化で、肝・胆に熱がこもりやすくなります。

この状況も、肺を乾燥させる原因になりますし、脾胃の働きも低下させる原因にもなるので注意が必要です。

肺は、全身の気の生成と巡りに関係しているので、大切にしましょう。

治療のポイントは、

・邪気を追い払う

・胸部(肝・胆・肺)の熱を取り除く。

・肺を潤す

この3つのポイントを意識しましょう。

今日の薬膳は、「豚肉のソテー~梨ソース~」です。

材料は、豚肉・梨・生姜 です。

ポイントは、です。秋の味覚ですよね!秋の食べ物は、咳に関わる食べ物が多いんですよ!

梨は、肺の機能を改善する「̪止咳平咳類」になります。

・熱を取り除き、痰を取り除きます。

・津液を生じさせ、乾燥を防ぎ、潤いを与えます。

疲労回復効果もあります。

豚肉は、滋陰類でしたね。熱を取り除く効果と潤いを与えるために、使いましたよ。

生姜は、辛温解表類でしたね。風邪の時に用いることが多い分類で、邪気の発散に使いましたよ。

~梨ソースの作り方~

梨の皮をむいて、すり下ろします。食感を楽しみたいなら、みじん切りがおすすめです!

生姜も好みですりおろしや、みじん切りにしておきましょう。

鍋に下ごしらえした梨・生姜を入れて火を入れます。

味付けは、酒・醤油です。生姜も効いているので、梨の甘さがいい感じになります。

さっぱり食べれるので、ぜひ作ってみてくださいね!

塚子(ツカコ)

サツマイモのポタージュ

今日は、便秘のお話。

女性に起こりやすい便秘。

体の中に熱がこもることで起こりやすくなります。

便秘は、肌荒れの原因にもなるので、美容の大敵です。

今回の漢方は便秘によく使われる漢方を紹介します。

「大黄甘草湯」です。

この漢方は、便秘や吐き気、腹部膨満感によく処方されます。

原因は、胃腸に熱がこもるからです。

胃腸に熱がこもり、腸内の便が乾燥し、便秘が起こります。

そして、体内の気の流れが悪化し、腹部膨満感が起こりやすくなります。

また、胃の気が逆上し、嘔吐が起こりやすくなります。

胃腸に熱がこもりやすくなる原因は、ストレス・脂っこいもの・辛いものの食べ過ぎが原因の事が多いです。

食生活の偏りも、気を付けましょう。

治療のポイントは、食生活を見直すことも大切ですが…。

・胃腸の熱を取り除く。

・体内の気の流れを改善する。

・胃の上逆を抑える。

この3つが改善するポイントです。

今回は、便秘にいい薬膳を紹介します!

~サツマイモのポタージュ~

サツマイモをゆでて、柔らかくなれば、フードプロで牛乳を加えながらつぶしてます。最初は、少し固まってしまうので気を付けてくださいね。

味付けは、塩・胡椒のみです。サツマイモの甘さがほっとします。

ベーコンを入れれば、さらにおいしくなりますよ!

 

~カボチャとチーズのサラダ~

カボチャサラダは、カボチャを軽くつぶし、少し牛乳を入れてなじませました。

そこに、カッテージチーズ、マヨネーズ、塩・胡椒を入れて軽く混ぜれば出来上がりです。

今回使用した食材は、サツマイモ・カボチャ・チーズ・牛乳です。

サツマイモとカボチャは、気を補う食材です。

サツマイモは、胃腸の働きを整えてくれます。そして、腸を潤す効果があり、便秘に効果があります。

潤す効果では、やはりチーズと牛乳が一番!

チーズと牛乳は滋陰類なので、体を潤す効果がありますね。

チーズは、便秘を改善してくれる食材になります。

もちろん、便秘を目的とした「瀉下類」があり、有名なのはアロエになります。

また、今が旬のイチジクも便秘を改善してくれる食材です。

いろいろありますが、便秘を出すための食材を取り入れるのも大事ですが。

気を補うことも大切なので、今回は、気を補いつつ便秘を改善する食材を紹介させていただきました。

サツマイモがとてもおいしい季節で、あたたかいポタージュにしてみたかったので、作ってみました。

カボチャサラダは、絶品とほめてくれたので、またアレンジして作りたいな。

ぜひ作ってみてください!

塚子(ツカコ)

カキと豚肉のプロシェット

投稿が遅くなりました。

仕事と両立しているため、思うように投稿が進まず、楽しみにしている方には、申し訳ない状態です。

さて…。

今日の漢方は、「当帰飲子」です。

皮膚科の門前で働いているので、乾燥してきている方が目立ってきました。

私はいつもお風呂上りに、ハトムギ化粧水を身体の保湿で使用しています。ハトムギは化膿に効果があるため、蕁麻疹が起こりやすい私には、本当に重宝しています。

「当帰飲子」の処方が増えてきたなということは、乾燥の季節になったということです。

この当帰飲子は、ほとんどが湿疹やかゆみの場合で適応になります。

炎症が起こっている肌ではなく、カサカサの状態です。

原因は、「血の不足」から起こります。

血が不足することで、皮膚が養われず、体表から邪気が入り込むことで、乾燥や湿疹、かゆみが起こりる原因になります。

血が作られる場所、「肝」なのですが、血はもともと“陰”の作用があります。

しかし、血が不足することで、“陽”が過剰になり熱が生じるようになります。

肝の熱が原因で、「内風(ないふう)」と呼ばれる風が起こります。猛暑の熱波みたいな風をイメージしてください。

内風の主な症状は、頭のあたりで起こりやすい、めまい・痙攣・震え・しびれ・イライラ等です。

この内風が原因で、体表に移ると蕁麻疹や湿疹が起こりやすくなり、かゆみも伴います。

治療のポイントは、

・血を補うこと

・内風を抑えること

・体表の邪気を追い払うこと 

になります。

 

では、当帰飲子を参考にした薬膳

~カキと豚肉のプロシュット~

食材は、カキ・豚肉 です。

食材のポイントは、カキです。

カキの殻、「牡蠣(ぼれい)」は漢方になります。

分類は、平肝熄風類(へいかんそくふう)になります。

難しい言葉ですが、内風を押さえてくれる分類になります。

 

カキの殻を調理するのは難しいので、身での料理になります。

カキは、滋陰類になります。

・陰液を滋養し、血を養います。

・心血を補い、精神を安定させます。

・熱を取り除き、毒を排泄させます。

ほてり・のぼせ・心神不安等に効果があります。

亜鉛が多いため、貧血予防にもなります。

豚肉も同じ分類なので、潤いを与えてくれる食材です。

この組み合わせなら、乾燥対策に良いなと思い紹介させていただきました。

<作り方>

カキの下ごしらえをしたら、片栗粉をまぶして豚肉をまいていきます。

油を引いたフライパンに並べて、しっかり火を通してくださいね。

ノロウイルスが怖いので。塩・胡椒で味付けしたら完成です。

最近では、下ごしらえ済みのカキが販売されいるので、簡単に調理しやすくなっています。

これからの旬のカキを取り入れて、潤いのある肌を目指しましょう!

 

塚子(ツカコ)

 

 

 

蒸野菜の肉みそ添え

気温差でバテていませんか?

気温が下がり、お腹が冷えたりしていませんか?

今日の漢方は「補中益気湯」

中焦と言われる、脾・胃のバテなどに使われやすい漢方になります。

脾の働きが低下すると、気・血が作りにくくなり、気虚・血虚の症状が起こりやすくなります。

気虚は、息切れやだるさが起こりやすくなります。

血虚は、身体のしびれ、めまい、動悸、不眠、多夢などが起こりやすくなります。

また、血は、肌・髪のツヤ、乾燥肌にも影響してきます。

ここで、注目なのは「汗をかきやすくなる」ということです。

気が不足すると、「血管・汗腺の調節がうまくできにくくなること」で多汗症が起こる原因にもなります。

実際、漢方薬局で勤務していても、多汗症に悩まれて受診される方もいらっしゃいます。

脾胃が弱いのかなと感じることもあり、脾胃にかかわる漢方を服用されている方も多いです。

食欲がない場合では、「食べたくない」というよりは、「食事がおいしくない」と感じる場合が多いです。

また、のどもよく渇くことも特徴で、冷たいものより、暖かいものが飲みたいと感じる方は、注意してみてくださいね!

主な治療のポイントは、

・脾の働きを強めること。

・気、血を補うこと。

・体表に気をしっかり巡らせること。

では、補中益気湯をテーマの薬膳を紹介します。

 

~蒸野菜の肉みそ添え~

すごくシンプルです。

最近、野菜を沢山食べたくて、蒸野菜にすることが多いです。

(もちろん、これだけでは足らないので、×3くらいは食べちゃいました💦)

食材は、鶏肉・人参・マイタケ・キャベツです。

すべての食材が気を補う分類の「補気類」です。

ニンジンは、血も補う効果もあります。

鶏肉・キャベツは、補気類でも、脾胃の気を補うのに適しています。

そして、肉みそが本当においしかった!これだけでごはんも進みますよ。

 

~肉みその作り方~

私は、牛の細切れをフードプロセッサーでミンチにしました。

(スーパーでミンチが売り切れてたんですよ…。)

面倒なら、牛ミンチでいいですよ!

牛ミンチを油を引かずに炒めていきます。結構な油がでるので、あえてです。

そこに、生姜のみじん切り、又はすりおろしを入れて、炒めていきます。

先にみりんを加え、次にしょうゆを加えて炒めます。火を止めてから味噌を加えて完成です。もう少し甘味が欲しいなら、お砂糖を入れても大丈夫です!

新米の季節で、炊き立てごはんに合いますよ!

生姜は、脾胃を温めてくれる食材です。

補中益気湯にも含まれているので、生姜を使うのはポイントです。

作ってみてくださいね。

塚子(ツカコ)

 

 

 

キノコのあんかけ

秋が深まってきましたね。

それに伴い、咳がよく出てきます。

気温差や乾燥によるものです。

今回は、「滋陰降火湯」を紹介します。

効果は、乾燥した咳や口腔乾燥(シューグレン症候群など)に効果があります。

まず、夏からの影響や気温差によるバテなので、脾胃の機能が低下します。

それにより、水穀精微ができなくなり、水や血が不足してきます。

肺は、潤いがあって正常に働くので、肺が乾燥してしまうと、咳やのどの乾燥が起こる原因になるからです。

脾胃の働きをしっかり強化して、肺を強めていくことで、咳やのど風邪の予防につながります。

また、肺は美容において「皮毛」にかかわるため、乾燥が原因で、かさかさになりやすい人は、肺の機能を強めていきましょう!

では、構成生薬を見ていきましょう!

麦門冬、知母、天門冬、黄柏、陳皮、甘草、白朮(蒼朮)、当帰、芍薬、地黄

麦門冬、知母、天門冬は、肺や腎に潤いを与えます。

黄柏は、潤いの減少を押さえます。

陳皮、甘草、白朮(蒼朮)は、脾胃の働きを高めます。

当帰、芍薬、地黄は、血の生産を助けて、身体に潤いを与えます。

 

滋陰降火湯をもとに、今回は乾燥を防ぐ薬膳を紹介します。

今日は、2品。

・豚肉とチーズのれんこんのはさみ焼き

食材は、レンコン・チーズ・豚肉 です。

チーズがいい感じに焦げておいしいです。味付けはシンプルに塩・胡椒のみです。

ビールのつまみにも最適です。

・キノコのあんかけ

食材は、小松菜、豚肉、マイタケ、シイタケです。

味付けは、紹興酒・塩・鶏がらスープ・醤油のみです。

あんかけにしているので、どんぶりにしてもいいですよ!

キノコのだしが出て、沁みる味になっています。

では、食材の紹介をしていきます。

2つの料理のポイントは、肺を潤す効果がある「滋陰類」を使うことです。

滋陰類は、豚肉、チーズ、小松菜になります。

豚肉・チーズは以前にも書いているので、今回は小松菜をピックアップします。

小松菜は、陰液を滋養し、体を滋潤します。また、肺の働きを順調にし、咳を鎮めます。

次に、レンコンの作用を紹介します。

レンコンは、「止血類」になるのですが、熱を取り除き津液を生じさせます。

また、脾の働きを高め、胃の働きを整える作用もなります。

椎茸やマイタケはどちらも、「補気類」になるため気を補いますが、脾胃の働きを整える効果があります。

簡単レシピなので、ぜひ作ってみてください!

毎日元気にハッピーに!

塚子(ツカコ)

 

 

シーフードカレー

今日は、貧血に有名な漢方の紹介です!

「四物湯」

冷え性・月経不順・更年期障害、産前産後の体力回復、皮膚疾患などに使われます。

原因は、蔵血の基本である五臓の「肝」血が少なることで起こります。

血が作られなくなると、血を流せなくなります。血脈に関する五臓は「心」です。心の血も少なるのため、高血圧・月経過多が起こりやすくなります。

心の血が少なるだけではなく、全身の血も減少します。そこで生理不順・貧血が起こりやすくなります。

皮膚の栄養も血なので、血の不足で皮膚が乾燥したり、しもやけ、シミなどの原因になります。

また、血の流れが悪くなることで、月経痛や冷え性・疲労なども起こりやすくなります。

では、構成生薬を見ていきましょう。

当帰・芍薬・川きゅう・地黄 です。

当帰・地黄・芍薬が、肝血を補います。

川きゅうが・当帰が、血の流れを良くします。

食材としても手に入りやすいのもなので、煎じて服用することも可能です!

すべて、1:1:1:1で構成されています。

私は、使いやすい食材で薬膳を作りました!

・シーフードカレー

ホタテ、エビ、イカ、ニンジン、玉ねぎが食材です。

以前にも紹介している食材ですが、血を補う視点で説明しますね。

血を補う効果の食材は、ニンジンとイカです。どちらも血を補うことができる、「補血類」になります。

ニンジンは、肝血を補う効果があります。また、脾の働きにも効果がありました。消化を促進してくれる食べ物になります。

イカは、陰血を補うことができます。

本当は、タコも入れたかったのですが…。買い忘れてしまいました💦

タコも、血を補う作用があるので、タコも入れてのがっつりシーフードがおすすめです!

また、収斂効果があり、皮膚を新しく作り出す作用もあります。

本当は、血を流す食材でおすすめなのが、青梗菜や酢などですが、カレーに難しかったので、玉ねぎを加え、気を流す効果にしました。

なぜなら、血と気は一体なので、気の流れがよくなれば血も流れてくれるからです。

今回のカレーは、カレー粉で作りました。カレー粉だけならめっちゃ辛くなり、はちみつを入れて甘さを加減したのに、それでもスパイスの辛さがすごくて。

大人の辛さですね。私は、市販のルーが好きですけど。

カレー粉には、気を流す陳皮が入っていたので、今回のカレーはカレー粉だけで味を調えました。市販のルーでも大丈夫ですよ!私は、食べやすいように市販のルーにします 笑。

簡単なカレーで、美容効果・冷え、貧血効果があるなんて、薬膳ならでは!

ぜひ、作ってみてください。

塚子(ツカコ)

 

 

六君子湯

更新遅くなりました。

仕事が終るのが遅くなり、帰ってきてからすぐに寝てしまいました。

そして、お腹の調子が良くなくて、しんどい日々が続きました。

私みたいに、お腹の調子がよくない方が今多いです。

季節の変わり目と、この気温差でバテてしまうからですね。

台風の影響で蒸し暑かったり、雨が降れば寒かったり…。

今日は、お腹の状態に良く処方される漢方から。

「六君子湯」

漢方の中でも、有名人の「六君子湯」

お腹の調子や、うつなどに効果があります。

まず、ストレス・疲労・不規則な食生活が原因になります。

脾気の不足が一番の原因で、脾の働きが低下します。

それに伴い胃の働きも落ちます。

(以前にも書いてますので、復習として)

胃の働きが落ちるので、消化不良・食欲不振・胃痛が起こりやすくなります。

さらに、胃が冷えることで胃気が逆上してしまい、嘔吐や吐き気が起こりやすくなります。

脾の働きが低下すると、さらに気が作らず不足するため、疲労・内臓下垂・冷えが原因になり、また血も作りにくくなるため、貧血・手足の冷えが起こります。

胃に水も溜まってしまうので、軟便や下痢にもつながります。

では、構成生薬です。

人参・白朮(蒼朮)・茯苓・半夏・陳皮・大棗・生姜です。

1、胃の働きが低下

人参・白朮が、脾の気を補い消化機能を高めます。

陳皮・大棗・生姜・甘草が、胃の働きを高めます。

2、胃が冷えて気が逆上し、水の代謝が低下

半夏・生姜が、胃を温めて、胃気の逆上を押さえます。

茯苓・白朮(蒼朮)が、水の代謝を改善してくれます。

気を補うことができると、血も生み出すことができるようになります。

では、今日の薬膳。

・マイタケとホタテの和風スープ

キノコが旬なので、取り入れました。

マイタケは気を補う効果があります。

ホタテは、滋陰類です。

1、陰液を滋養し、虚弱を補う効果があります。

2、脾胃の働きを整え、食欲増進効果があります。

口渇・のどの乾燥・消化不良・倦怠感に効果があります。

 

・豚肉とねぎのあんかけ豆腐

・豚肉は、滋陰類でしたね。

陰液を補い、身体を潤す効果があります。

・ネギは、生姜と同じ分類の辛温解表類でしたね。

身体を温める作用に、陽気を流す作用があります。

・豆腐は、清熱類ですね。

熱を取り除く効果に、気を補う作用もあるので、脾胃の働きを整える作用がありました。

冷たいまま食べると冷えやすくなるので、温めてから食べるがこれからの季節にはおすすめです。

手軽に使える食材ばかりなので、ぜひ!

塚子(ツカコ)