クリスマス薬膳①

大変お待たせしました。

仕事が大変で、なかなか薬膳が作れず…。

クリスマスとのことで、クリスマス薬膳を紹介しようと思います。

スペシャル記事になります!

ポイントとしては、仕事の疲れや気温差での体調の崩しやすさ、インフルエンザがピークに向かっているので体を強くするのを目的にしています。

4品を紹介するので、2つずつに分けます。

一品目

~ほうれん草のスコッチエッグ~

綺麗な緑色が出ました。

食材は、ほうれん草、牛肉、卵です。

1、ほうれん草は「補血類」になり血を補います。

血虚になると貧血の症状なのですが、不眠にも作用してきます。

血にかかわる五臓が心になるので、心の働きが低下することが原因です。

働きすぎてしんどいのも「心」の作用が低下しているので、ぜひ血を補うことを意識してみてください。

ただし、ほうれん草は体を冷やす性質があるので、冷え性の人は食べ過ぎ注意です。

2、牛肉は、「補気類」で、気を補う作用です。

牛肉も血を補う作用も併せ持ちます。

疲労、めまい、浮腫みにも効果があります。

3、卵は、「滋陰類」で、体を潤す作用と熱をとる作用があります。

体を潤す効果があり、のどの痛みに効果があります。風邪を引いてのどが痛くて声が出せないときなどにおすすめです。

また、卵にも血を補う作用もあります。(胎児を安定させる効果があり、流産等を予防する効果があります。)

精神不安にも効果があります。

<作り方>

ほうれん草をフードプロセッサーで細かくし、牛ミンチに混ぜてハンバーグの元を作ります。

あらかじめ卵はゆで卵にしておいてくださいね。

ほうれん草のタネにゆで卵を包みます。パン粉をつけてあげれば完成です。

二品目

~ラザニア~

食材は、トマト、レンズ豆、牛肉、パスタ(小麦)です。

1、トマトは、「清熱類」で、熱をとる分類です。

食欲不振に効果が高いんです。また乾燥も防ぐ効果があります。

体を冷やすので、食べ過ぎには注意してください。

忘年会続きで、消化が衰えている時はおつまみに!

2、レンズ豆

ごめんなさい…。分類がわかりません。

レンズ豆には、ミネラルが他の豆に比べて多いので、薬剤師としてミネラルの話を書きます。

レンズ豆に含まれるミネラルで多いのが、鉄・カリウムが多いのが特徴です。

カリウムの多さが、ポイントです。

細胞には、ポンプという通路があります。

この通路で、ナトリウムとカリウムが細胞の外と中で入れ替えています。

細胞の外に多いのが、ナトリウム。細胞の中に多いのがカリウムです。

交換する数が平等だといいのですが、数が違います。

ナトリウムは3つ、カリウムは2つです。これでバランスを取りますが、塩分が多い食事では、ナトリウムが多くなりカリウムが不足してしまいます。なので、カリウムをとることが、大事なんです。

なので、カリウムが多い食材を使うがおすすめです。

レンズ豆、ぜひ使ってみてくださいね!

3、パスタ(小麦)

小麦はトマトと同じ「清熱類」です。

小麦は、熱を取り除く効果でイライラを改善する効果があります。

小麦も血を補う効果があるために、精神を安定させてくれます。

また、脾胃を元気にする効果もあるので下痢などにもおすすめです。

まずは、2品でご紹介。次に進みます!

ツカコ

シーフードカレー

今日は、貧血に有名な漢方の紹介です!

「四物湯」

冷え性・月経不順・更年期障害、産前産後の体力回復、皮膚疾患などに使われます。

原因は、蔵血の基本である五臓の「肝」血が少なることで起こります。

血が作られなくなると、血を流せなくなります。血脈に関する五臓は「心」です。心の血も少なるのため、高血圧・月経過多が起こりやすくなります。

心の血が少なるだけではなく、全身の血も減少します。そこで生理不順・貧血が起こりやすくなります。

皮膚の栄養も血なので、血の不足で皮膚が乾燥したり、しもやけ、シミなどの原因になります。

また、血の流れが悪くなることで、月経痛や冷え性・疲労なども起こりやすくなります。

では、構成生薬を見ていきましょう。

当帰・芍薬・川きゅう・地黄 です。

当帰・地黄・芍薬が、肝血を補います。

川きゅうが・当帰が、血の流れを良くします。

食材としても手に入りやすいのもなので、煎じて服用することも可能です!

すべて、1:1:1:1で構成されています。

私は、使いやすい食材で薬膳を作りました!

・シーフードカレー

ホタテ、エビ、イカ、ニンジン、玉ねぎが食材です。

以前にも紹介している食材ですが、血を補う視点で説明しますね。

血を補う効果の食材は、ニンジンとイカです。どちらも血を補うことができる、「補血類」になります。

ニンジンは、肝血を補う効果があります。また、脾の働きにも効果がありました。消化を促進してくれる食べ物になります。

イカは、陰血を補うことができます。

本当は、タコも入れたかったのですが…。買い忘れてしまいました💦

タコも、血を補う作用があるので、タコも入れてのがっつりシーフードがおすすめです!

また、収斂効果があり、皮膚を新しく作り出す作用もあります。

本当は、血を流す食材でおすすめなのが、青梗菜や酢などですが、カレーに難しかったので、玉ねぎを加え、気を流す効果にしました。

なぜなら、血と気は一体なので、気の流れがよくなれば血も流れてくれるからです。

今回のカレーは、カレー粉で作りました。カレー粉だけならめっちゃ辛くなり、はちみつを入れて甘さを加減したのに、それでもスパイスの辛さがすごくて。

大人の辛さですね。私は、市販のルーが好きですけど。

カレー粉には、気を流す陳皮が入っていたので、今回のカレーはカレー粉だけで味を調えました。市販のルーでも大丈夫ですよ!私は、食べやすいように市販のルーにします 笑。

簡単なカレーで、美容効果・冷え、貧血効果があるなんて、薬膳ならでは!

ぜひ、作ってみてください。

塚子(ツカコ)

 

 

八宝菜

Domani×PELLICO の特別企画に当選しまして、スタイリスト安西こずえさん、モデル小泉里子さんのスペシャルトークショーに行ってきました!

安西こずえさんと話しできて、そして靴を選んでいただきました。

小泉里子さんと握手をして、すごくかっこいい女性でした。

お二人が話されていたこと。

「女性は、心に思ったことが顔に出てしまう。」

楽しいときはいいですが、しんどいときは嫌な顔ですよね。

出さないようにしていても、出てしまう。

毎日を楽しく過ごしていければ一番いいですが、絶対にしんどくなる時があります。

私もここ何日か、薬局の仕事のことで、すごいイライラしてしまいました。

私の場合、イライラしてしまうと、無口になって仕事をこなします。

若干怖いんですよね。自分でも駄目だなと思います。

でも薬膳をやり始めてから、イライラも減りました。

安西さん、小泉さんが話していたことですが、

「幸せな時は、すごくきれいなんだよ。」

「幸せを味わうと、さらに幸せが味わえるようになるよ。」

毎日を笑顔に過ごせるように、このホームページのコンセプト「ステキな笑顔」の薬膳は皆さんをお手伝いしていきます。

今日は、血を補う料理で美容効果をアップしましょう。

~八宝菜~

私の母が作る料理で、実は一番好きなんです!

基本料理は私が作ります。

八宝菜も作りますが、この味だけはなぜかほっとするんです。

私の家では、あんかけ焼きそばみたいに食べます。

私は、パリパリ麺で食べます。

食材は、シイタケ・人参・白菜・しめじ・豚肉・エビ・イカを入れます。

沢山入るので、ボリューム満点です!

血を補う食材が2つも入っているとこが、今回の八宝菜のポイントです。

人参・イカ です。

どちらも、血を補う“補血類”になります。

・人参

1、血を養い、肝を強くし、目の不調を改善します。

2、肺気を収斂させ、咳を止めます。

3、脾の働きを高めて、停滞する食べ物を消化します。

 

・イカ

1、陰血を滋養し、血を補います。

お腹の調子を整えつつ、血を養ってくれるため、貧血予防や食欲不振に効果があります。

また、気を補う食材のシイタケも入っているので、季節の変わり目でバテ気味の方におすすめの一品です!

 

~味付け~

酒・みりん・醤油で味をつけています。

食材からだしが出るので、そのまま煮ていくだけで大丈夫です!

焼きそばやパリパリ麺じゃなく、ごはんでも合いますよ!

夜に作って、朝スープで食べたりします。

寒くなってきているので、暖かいものを食べて過ごしていきましょう!

ツカコ

 

美肌~ニキビ・吹き出物~

今日のテーマは「ニキビ・吹き出物」です。

美肌の天敵である吹き出物。

美容皮膚科の門前で勤務しているため、ニキビがひどい方を沢山見ています。

私自身も、思春期は頬・Tゾーン、大学の5年ぐらいからは、あごのニキビに悩まされていました。

社会人になり、精神的なストレスが原因で、かなりひどい状況のあごニキビに悩みました。

ちなみに、思春期ニキビは男性ホルモンが原因で起こります。

18歳くらいまでかな…。

その後、大人ニキビは環境・ストレス、女性なら生理も加わることで、ニキビが出やすくなります。

思春期ニキビはTゾーン、大人ニキビはアゴのあたりに出やすくなります。

 

じゃあ私の今は…。

劇的に改善し、肌もすごく綺麗になり、美肌です✨

患者さんでも、同じ年齢の女性に、「同い年ですよ。」というと必ずびっくりされます。おかげで新人でぴちぴち薬剤師の年齢で止まるので、それは面白いですが。

大事なことは、自分にあった基礎化粧品に出会うこと。

そして、お手入れを楽しむことだと思います。

そして、体質も改善すること。

食べるものも、意識しましょう。

脂っこいものばかりもよくないですよ!

今日の食材は、「黒豆」です!

私の地元が丹波篠山に近く、丹波の黒豆が手に入りやすいんです!

お正月に欠かせないものですが、余っても乾燥しているので、長く持ちます。

黒豆は、

1、風邪を取り除き、排尿を促進し、水湿を取り除く作用があります。

2、陰液を補い、血を養います

3、血流を改善し、毒を排泄します

浮腫み、陰血不足のふらつき、生理不順、水虫、吹き出物に効果があるので、抗酸化作用、生活習慣病にもおすすめです!

美肌に大切な、血を補うこと、毒を排泄する作用があることが重要です。

今日は、黒豆を使ったレシピ!

~黒豆の水餃子~

餡に、黒豆をすりつぶしたものが入っています。

餡は、豚のひき肉、黒豆、キャベツ、生姜 です。

身体の熱を取り除き(豚肉)、表面の邪気を取り除く作用(生姜)の食材を入れました。

黒豆の風邪を取り除く作用、細かくは違いますが、生姜と同じイメージで大丈夫です。

黒豆も脾・胃の調子を整えるため、キャベツと同じ効果があります。

脾・胃は、皮膚の筋肉に関わり、肌のハリや血色に影響します。

黒豆は、美肌になるための食材なんですよ!

たれは、バンバンジーのたれに、ゴマを抜いたもの。

なんでも合う万能だれです!

具材を変えるだけでも、食材の作用が違うので、体調に合わせて変えるのもいいです。

自分の体調と向き合い、それに合わせた食材を意識して食べましょう!

明日も、元気で美しく。

ツカコ。

 

夏バテ~気血両虚証~

暑い日が続いてます。

関東は雨で、西日本は酷暑。

名古屋も連日暑く、昨日は涼しかったので自転車が気持ちよかったです。

最近、変な夢を見ることが多く疲れがたまっているのかな…。と感じています。

暑くてなかなか眠れない方も多いと思います。

今日は、最近よく出る漢方シリーズでお送りします。

 

~人参養栄湯~

気・血、両方が不足している場合に用います。

名前の通り、栄気を養うなので、元気になれそうですよね。

バテ気味はもちろんですが、不眠・動悸・不安症、慢性的な咳、息切れなのどにも用いられます。

人参養栄湯は、気・血の両方を補うことができます。

夏バテにより、気が不足してしまうことで体が元気になりません。

血は、気とペアです。

気が不足してしまうと血も不足するため、貧血症状も起こりやすくなります。

 

血は、五臓の心の働きが大切になります。

*(カテゴリーの五臓・心に詳しく書いてます。)

心の働き、”血脈を司る” 作用。

1、血を作り出す。

2、血流を司る。

3、脈管の動きを司る。

また、”神志(しんし)を司る” 作用。

この働きで、精神・意識・思想活動に働くため、心の働きがうまくいかなくなり、不眠や不安が起こりやすくなるります。

この時期の不眠等に、身体のだるさもかかわっているので、疲れているのにぐっすり眠れないんです。

人参養栄湯の基本構成は、

身体を元気にする “補気類” + 貧血を改善する“補血類” になります。

名前に入っている人参。

漢方で人参といえば、吉林人参(オタネニンジン)という種類になるので、これは身体を元気にする補気類になります。

私たちがいつも食べている人参とは違います。

 

では、普段から食べてる、人参を使ったレシピです!

暑さで元気もなく、食欲がない人ににおすすめですよ!

~棒棒鶏冷麺(バンバンジー冷麺)~

ポイントは、人参と鶏肉!

私たちが食べてる人参は、貧血に効果がある、”補血類” です。

1、血を養い、肝を元気にし、目の不調を改善します。

2、肺の気を収めて、咳を止めます。

3、脾の働きを高め、消化を促進します。

 

鶏肉は、身体を元気にする”補気類” です。

1、脾・胃の気を補います。

2、精と髄を補います。

3、気を降ろし、上逆を止めます。

 

人参と鶏肉を組み合わせれば、人参養栄湯のような、補気類+補血類がうまく組み合わせることができます!

キュウリや、ラーメンの原料の小麦は、どちらも暑さを改善する食材なので、暑さも吹っ飛び、身体を元気にもするレシピですよ。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ツカコ。

 

 

 

 

酷暑〜脾・胃〜

暑すぎて、どこも冷房強め。

寒かったり暑かったり…。

冷房バテしそうです。

ある朝、テレビで言われていた事。

東京オリンピックは、最も過酷な五輪になるだろうと。

まあ、そうですよね。

実際、こんなに暑いんですもん☀

選手は、気候に合わせて体調を整えたりし、万全の状態にしますが、問題は関係者や観客。暑さ対策が重要と言われてました。

何もしてなくても、暑くてしんどいのにね。

風が通れば違うんでしょうが…。

日本の夏は、過酷です。

 

今日のテーマも暑さです。

凄くオススメのレシピがあるので、紹介します!

 

まずは、今日の食材。

ナスです!

ナスは、〜止血類〜 です。

出血してる時に、基本は用います。

ナスの一番の特徴は、身体を冷やす効果が強い事

また、利尿作用もあり、むくみをとるのに凄く良いです。

以前、生理痛が酷くて苦しんでたと書きましたが、その時ナスを意識して食べてたんです。

身体は暑いし、バテている時にもってこいの食材です。

あるいい方がありますよね。

「妊婦は、ナスを食べないようにと。」

身体を冷やしすぎるからですね。

食べる量には、気をつけてくださいね!

抗酸化作用もあり、美容にも良いんですよ。

 

さて、オススメの料理は…。

〜夏野菜の肉巻き〜

 

ナス、トマト、人参、オクラを豚肉で巻いてます。

では、復習しましょう!

 

・トマト 〜清熱類〜

1、津液を生じさせ、口渇を抑えます。

2、低下した胃の働きを高めて、消化を促進します。

 

・人参 〜養血類〜

1、血を補い、肝を強くして、目の不調を改善します。

2、肺に働いて、咳を鎮めます。

3、脾の働きを高め、停滞する食べ物の消化を促します。

 

・おくら 〜消食類〜

1、脾の働きを高め、消化を促進します。

2、腸を潤して、便秘を改善します。

 

・豚肉 〜滋陰類〜

1、陰液を養い、身体を滋潤します。

陰と陽のバランスを取ってくれます。

 

全ての食材の効果を書きましたが、ポイントはほとんど全ての食材が、脾・胃に働きかけるので、胃腸のバテに凄く良いです。

身体の中の熱も取るため、この時期に是非食べて欲しい一品です。

これなら、野菜もたくさん食べれますね。

 

<作り方>

野菜を豚肉に包むだけですが、食べやすいように、人参は千切りにした方が良いですよ。

豚肉に包む場合も、野菜を片栗粉につけて包み、豚肉の上から片栗粉をまぶしてます。

味付けは、照り焼きソースです。

子供も喜ぶ味付けだと思います!

しっかり食べて、元気に過ごしましょう。

では。

ツカコ

 

 

 

 

貧血

梅雨明け間近ですね…

それにしても寒暖差が辛いです。

雨が降れば寒くなるし、晴れれば猛暑だし…

バテて当然ですよね。

今日は、美容の元である“血”をしっかり補いましょう!

今日の食材は、ほうれん草です!

 

ここで、おさらい。

青梗菜(チンゲンサイ)は、活血化瘀類(かっけつかお)です。

血の滞りを改善する食材です。流れを良くするものです。

 

ほうれん草は、“補血類”になります。血を補う食材です。

分けて考えてくださいね!

ほうれん草は、鉄分が多いのは有名ですね。

余談ですが…現代のほうれん草は、鉄分の配合量が昔に比べてかなり低下しているというデータもあるのです。

悲しいですね。

 

ほうれん草は、

1.血を補い、止血の効果があります。

2.収斂効果があるため、陰液の漏れを防ぐことで、身体を潤して口渇を防ぐ効果があります。

消渇、便秘、痔瘡の効果もありますよ!

ただし、身体を冷やす効果があるため、冷え性の方には向かないので、気をつけてください。

また、豆腐と一緒にも用いません。

食物繊維、カリウム、カルシウム、葉酸も多いので、しっかり取りましょうね!

 

ちなみに、カリウムは、不足しがちなミネラルになります。

身体の中では、ナトリウムとカリウムは上手く交換しているのですが、塩分を摂りすぎることで、ナトリウムが多くなるのが問題になります。

なので、そのバランスを保つ為にも、カリウムは取った方が良いんですよ✨

 

〜今日のレシピ〜

ほうれん草のジェノベーゼ

 

身体の熱を取る、小麦も使ってます。

女性は特に、血が大切なので、しっかり取ってくださいね!

いつも1週間毎にオイシックスを利用してます。

すごく便利なジェノベーゼソースを見つけました!

固形で1人分くらいが分けて冷凍されてるんです。

無駄がないので、めっちゃ便利です!

見つけたら、活用してみてください♡

トマトソースもありますよ!

 

~素敵になるための一言~

自分が楽しいと思ったことを仕事にする。

ゾゾタウンの社長の言葉です。

テレビで見ていたのですが、やはり笑顔が素敵でした。

人を寄せ付けるのは、やはり笑顔なんですね!

しんどい事が多いですが、自分のためにイライラしていちゃダメですね。

毎日楽しく過ごしていけるように、まずは食事から変えていきましょうね✨

 

ツカコ

 

 

 

 

神戸旅行

今日は、会社の皆さんたちと神戸に行ってきました!

私は、地元なのですがやっぱり神戸の空気を吸うと帰ってきたー!と思いますね。

今日は、南京町に行って美味しい中華を食べましたよ✨

 

 

今日の食材のポイントは…

イカです!

 

イカは…。

陰血を滋養し、血を養う効果があります。

夏は、陽気が盛んのため陰気が下がりすぎてしまうんですね。

陽と陰のバランスが悪くなるということです。

その陰気が足らくなることで、夏バテが起こります。

 

夏の汗のかきすぎなどで、体内の水分を失う事で、脱水症状に近い状態になります。

口渇、手足が火照る、のぼせなどの症状が起こります。

また、イライラ、食欲不振、頭痛などが起こります。

これが脱水症状です。

汗と一緒に気も流れてしまうため、だるさが起こります。

 

イカは、陰を補いつつ、血も補ってくれる食材です!

貧血症状などにおすすめです。

タンパク質、ミネラルが豊富なのでこの時期はオススメですよ

 

 

〜今日のレシピ〜

イカの天ぷら

南京町で食べたこのイカの天ぷら。めちゃくちゃ美味しかったんです!

味付けもしてあるので、イカが苦手な人がおいしいと言って食べていましたよ!

是非、南京町に行かれたら食べてみてください!

ツカダ マホ

 

夏バテ

今日は、午後からお仕事がお休みだったので、鍼灸に行ってきました!

いつもお世話になっている先生なのですが、最近はなかなか伺えず…。

ここ最近、頭痛が続く事を相談したら、完全に夏バテだと言われました💦

夏バテから浮腫みが起こり、頭痛が来るとのこと。

そして、汗により電解質が流れることが原因で、バテが生じているとのことです。

水ばかり飲んでも、飲みすぎると水毒になりかねません。

そんな時は、経口補水液が一番いいです。

実は、経口補水液OS-1のグループディスカションに薬学部時代に参加したことがあります。

その時に聞いたことは、ポカリスエットは軽い運動した後でお風呂に入ったあとくらい。OS-1は、激しい運動のくらいだと教えてもらいました。

OS-1は、糖分が入っていないわけではないんですよ。

ナトリウムを体内に取り込むために、実は糖分が必要になります。大事なのはバランス比なんです。

これが一番便利で楽な方法だと思います。

 

じゃあ、食べ物は?

今日の食材は、“ ニンジン ” です。

 

にんじんは、“ 補血類 ”になります。

補血類は、血を補います。

ニンジンの効能は…。

1、血を補い、肝を補益し、目のの不調をを改善します。

2、脾の働きを高め、停滞する食物を消化します。

血虚による目の乾燥、かゆみ、視力低下、咳・痰を改善します。

また、脾虚の食欲不振、便秘も改善します。

 

ダイエットの続きの話なのですが、鶏肉を紹介していますが+αです。

補気類+補血類の組み合わせがいいのですが、

組み合わせるときに補気類:補血類=5:1の割合がベストです。

~おすすめレシピ~

鶏肉とニンジンのカレー炒め

先ほどの割合で考えました。

補気類の鶏肉を約200g(5):補血類のニンジンを約40g(1)で作りました。

鶏肉に軽く塩コショウをしてから、片栗粉をまぶして炒めます。

ニンジンも食べやすい大きさに切って、レンジで火が通りやすくしておいてから、一緒に炒めます。カレー粉を加えて、完成です。

とても簡単なので、おすすめですよ!

 

ダイエットでも、浮腫みをとることはとても大切です。

気圧の変化でも、浮腫みは起こりやすくなるので、特にこれからの時期、台風が近づくとさらにひどくなります。

無理は禁物ですよ!

ツカダ マホ