クリスマス薬膳①

大変お待たせしました。

仕事が大変で、なかなか薬膳が作れず…。

クリスマスとのことで、クリスマス薬膳を紹介しようと思います。

スペシャル記事になります!

ポイントとしては、仕事の疲れや気温差での体調の崩しやすさ、インフルエンザがピークに向かっているので体を強くするのを目的にしています。

4品を紹介するので、2つずつに分けます。

一品目

~ほうれん草のスコッチエッグ~

綺麗な緑色が出ました。

食材は、ほうれん草、牛肉、卵です。

1、ほうれん草は「補血類」になり血を補います。

血虚になると貧血の症状なのですが、不眠にも作用してきます。

血にかかわる五臓が心になるので、心の働きが低下することが原因です。

働きすぎてしんどいのも「心」の作用が低下しているので、ぜひ血を補うことを意識してみてください。

ただし、ほうれん草は体を冷やす性質があるので、冷え性の人は食べ過ぎ注意です。

2、牛肉は、「補気類」で、気を補う作用です。

牛肉も血を補う作用も併せ持ちます。

疲労、めまい、浮腫みにも効果があります。

3、卵は、「滋陰類」で、体を潤す作用と熱をとる作用があります。

体を潤す効果があり、のどの痛みに効果があります。風邪を引いてのどが痛くて声が出せないときなどにおすすめです。

また、卵にも血を補う作用もあります。(胎児を安定させる効果があり、流産等を予防する効果があります。)

精神不安にも効果があります。

<作り方>

ほうれん草をフードプロセッサーで細かくし、牛ミンチに混ぜてハンバーグの元を作ります。

あらかじめ卵はゆで卵にしておいてくださいね。

ほうれん草のタネにゆで卵を包みます。パン粉をつけてあげれば完成です。

二品目

~ラザニア~

食材は、トマト、レンズ豆、牛肉、パスタ(小麦)です。

1、トマトは、「清熱類」で、熱をとる分類です。

食欲不振に効果が高いんです。また乾燥も防ぐ効果があります。

体を冷やすので、食べ過ぎには注意してください。

忘年会続きで、消化が衰えている時はおつまみに!

2、レンズ豆

ごめんなさい…。分類がわかりません。

レンズ豆には、ミネラルが他の豆に比べて多いので、薬剤師としてミネラルの話を書きます。

レンズ豆に含まれるミネラルで多いのが、鉄・カリウムが多いのが特徴です。

カリウムの多さが、ポイントです。

細胞には、ポンプという通路があります。

この通路で、ナトリウムとカリウムが細胞の外と中で入れ替えています。

細胞の外に多いのが、ナトリウム。細胞の中に多いのがカリウムです。

交換する数が平等だといいのですが、数が違います。

ナトリウムは3つ、カリウムは2つです。これでバランスを取りますが、塩分が多い食事では、ナトリウムが多くなりカリウムが不足してしまいます。なので、カリウムをとることが、大事なんです。

なので、カリウムが多い食材を使うがおすすめです。

レンズ豆、ぜひ使ってみてくださいね!

3、パスタ(小麦)

小麦はトマトと同じ「清熱類」です。

小麦は、熱を取り除く効果でイライラを改善する効果があります。

小麦も血を補う効果があるために、精神を安定させてくれます。

また、脾胃を元気にする効果もあるので下痢などにもおすすめです。

まずは、2品でご紹介。次に進みます!

ツカコ

ニンニクスプラウト

この食材、ご存じですか?

にんにくスプラウトです。

スプラウト(発芽野菜)種子を人工的に発芽させた野菜のことを一般的に「スプラウト野菜」といいます。
発芽直後の新芽野菜は、ビタミン、ミネラルが豊富で、抗がん作用も高く、成熟した野菜よりも多くの栄養素が凝縮されています。

にんにくスプラウト1本(1粒)に、普通のにんにく1粒(りん片)の9倍の鉄分が含まれています。
なんと、普通のにんにく1玉まるごとに含まれる鉄分より多いそうです。
鉄分といえば「ほうれん草」ですが、100g(約1束)と比べても3.6倍になります。
その他カルシウムは8倍、亜鉛は4.5倍、マグネシウムは2倍以上と、ミネラル豊富なにんにくスプラウトは、栄養を手軽に摂れる健康野菜です。

(参考:サンキ植物工場)

オイシックスで、頼んでみた食材です。

最近、夜間の冷えが気になるので、ニンニクを取り入れました。

にんにくスプラウトは、においが気にならないのでおすすめです。

ニンニクは、実と芽で作用が違います。

スプラウトが発芽に当たるので、今回は芽で紹介します。

・ニンニクの芽

1、気を補い、脾の働きを高めます。

2、気の巡りを促進し、便通を改善する効果があります。

慢性疲労、食欲不振、冷え、気が滞ることで起こる便秘や腹部膨満、ガスが多い等に改善します。

~今日の料理~

小松菜と豚肉のあんかけ焼きそば

栗原はるみさんのレシピをアレンジしました。

小松菜・豚肉は、潤す効果がある食材です。

・小松菜~滋陰類~

1、陰液を補い、身体を潤します。

2、肺の働きを順調にし、咳を鎮めます。

肺が弱っている咳や喘息、便秘に効果があります。

 

胃の調子が弱く、乾燥し咳が出やすくなったので選んだ食材です。

乾燥で咳も出やすい方が多くなってます。

私もこの食材を食べてから、咳が止まりました。

気になる方は、意識して取り入れてみてください!

ツカコ

カボチャコロッケ

秋雨前線が南下してくるとのことで、今週末から気温が一気に下がります。

秋ですね。でもまだ暑い…。

身体は、食欲の秋になのか、めっちゃ食べちゃいます。

今回はカボチャ!

以前も紹介しています。

カボチャコロッケが無性に食べたくなり、作りました!

カボチャ牛肉の細切れ、コーンフレークで作りました。

カボチャと、牛肉だけでは柔らかくて成形しにくいので、コーンフレークを入れて見ました。

カボチャ、牛肉はともに「補気類」になるので、身体を元気にする食材でした。

~カボチャ~

・気を補い、脾の働きを高めます。

お腹が弱っているとき、吐き気、嘔吐、下痢、便秘に効果があります。

~牛肉~

・気を補い、脾の働きを高めます。

・血を補い、身体を強くします。

内臓下垂、疲労、息切れ、めまい、浮腫み、痩せ気味などに効果があります。

 

疲れやすく、身体がだるかったので作りました。

以前紹介した、カボチャのそぼろあんかけなら、お腹の調子が悪いときにおすすめです。

コロッケは、油を多く使うため、胃腸が弱っている場合にはおすすめしません。

調理方法も工夫が必要です。

今回は、食欲は旺盛だったので、コロッケにしています。

季節の変わり目で、体調を崩しやすいので、しっかり食べて元気になりましょう!!

 

ツカコ

 

帰省〜夏①〜

関西に帰ってきました。

名古屋より、若干涼しいですね❣️

今日は、神戸に行き美味しい焼き豚を買ってきて、レタス包みを作りました。

焼豚は、新生公司の焼豚です!

レタス包みは、みんなで食べるから美味しいんですよね。

以前も作っているのですが、南京町で食べたレタス包みを真似したくて作りました。

具材は、焼豚・豚ひき肉・しいたけ・パリパリ麺です。

まずは、椎茸から。

今回は、干し椎茸を使ってます。

干し椎茸は、体を元気にする〜補気類〜です。

椎茸は、

1、気を補い、胃を強くします。

2、発疹も止める作用があります。

脾・胃の気が足らないことで起こる食欲不振、胃痛、ゲップ等に効果があります。

 

メインのレタスは、

むくみを取る〜利水滲湿類〜です。

レタスは、

1、利尿作用により、熱を取り除きます。

2、母乳のでを良くする働きがあります。

むくみの予防と改善に効果があります。

 

湿気が多く、脾・胃に影響しやすいので、胃の調子を戻すためにオススメの食材です。

~作り方~

焼豚を細かく切ります。

椎茸も、水で戻し柔らかくなってから細かく切ります。

豚肉のひき肉を炒め、細かく切った椎茸も入れて、紹興酒で香りをつけます。

細かく切った焼豚を加えて、鶏ガラスープと醤油で味を整えます。

パリパリ麺をあらかじめ細かくしておいて下さいね。

炒めた具材をパリパリ麺の上にのせれば完成です!

しつこくない味付けなので、沢山食べれますよ。

これを食べた後、快便になります。

身体のむくみと熱を取るからですね。

お盆休みで、遊びが真っ只中です!

バテないようにしっかり食べましょうね💖

明日もまた笑顔で、ハッピーで過ごしましょうね。

 

ツカコ

 

 

 

夏バテ~気血両虚証~

暑い日が続いてます。

関東は雨で、西日本は酷暑。

名古屋も連日暑く、昨日は涼しかったので自転車が気持ちよかったです。

最近、変な夢を見ることが多く疲れがたまっているのかな…。と感じています。

暑くてなかなか眠れない方も多いと思います。

今日は、最近よく出る漢方シリーズでお送りします。

 

~人参養栄湯~

気・血、両方が不足している場合に用います。

名前の通り、栄気を養うなので、元気になれそうですよね。

バテ気味はもちろんですが、不眠・動悸・不安症、慢性的な咳、息切れなのどにも用いられます。

人参養栄湯は、気・血の両方を補うことができます。

夏バテにより、気が不足してしまうことで体が元気になりません。

血は、気とペアです。

気が不足してしまうと血も不足するため、貧血症状も起こりやすくなります。

 

血は、五臓の心の働きが大切になります。

*(カテゴリーの五臓・心に詳しく書いてます。)

心の働き、”血脈を司る” 作用。

1、血を作り出す。

2、血流を司る。

3、脈管の動きを司る。

また、”神志(しんし)を司る” 作用。

この働きで、精神・意識・思想活動に働くため、心の働きがうまくいかなくなり、不眠や不安が起こりやすくなるります。

この時期の不眠等に、身体のだるさもかかわっているので、疲れているのにぐっすり眠れないんです。

人参養栄湯の基本構成は、

身体を元気にする “補気類” + 貧血を改善する“補血類” になります。

名前に入っている人参。

漢方で人参といえば、吉林人参(オタネニンジン)という種類になるので、これは身体を元気にする補気類になります。

私たちがいつも食べている人参とは違います。

 

では、普段から食べてる、人参を使ったレシピです!

暑さで元気もなく、食欲がない人ににおすすめですよ!

~棒棒鶏冷麺(バンバンジー冷麺)~

ポイントは、人参と鶏肉!

私たちが食べてる人参は、貧血に効果がある、”補血類” です。

1、血を養い、肝を元気にし、目の不調を改善します。

2、肺の気を収めて、咳を止めます。

3、脾の働きを高め、消化を促進します。

 

鶏肉は、身体を元気にする”補気類” です。

1、脾・胃の気を補います。

2、精と髄を補います。

3、気を降ろし、上逆を止めます。

 

人参と鶏肉を組み合わせれば、人参養栄湯のような、補気類+補血類がうまく組み合わせることができます!

キュウリや、ラーメンの原料の小麦は、どちらも暑さを改善する食材なので、暑さも吹っ飛び、身体を元気にもするレシピですよ。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ツカコ。

 

 

 

 

夏バテ・浮腫み

体温以上の気温が続く名古屋。

皆さんバテバテです。

私自身もなんか身体がだるいんですよね…。

そこで、浮腫みによくて、さらに夏バテに良いレシピを考えてました。

 

今日のレシピは、~トウモロコシと牛肉の炊き込みピラフ~ です。

食材は、トウモロコシ・牛肉・玉ねぎです。

食材の整理から。

・浮腫みに良いのは、トウモロコシ

1、利尿作用により、身体の熱を取り除く作用があります。

2、脾・肺の働きを強くします。

浮腫み、疲労回復、食欲不振、便秘に効果があります。

 

身体を元気にする食材は、牛肉

1、気を補い、脾の働きを高める働きがあります。

2、血を補い、身体を強くします。

疲労、浮腫み、めまい、息切れ、痩せ気味、貧血などに効果があります。

 

気の滞りを改善する食材は、玉ねぎ

1、脾の働きを高めて、気の巡りを改善します。

2、胃の働きを調和し、消化を促進してくれます。

食欲不振、胃もたれ、胃腸の冷え、下痢などに効果があります。

 

この3つの食材の共通点は、胃腸機能を高めて、夏バテに効果があることです。

また米も気を補う食材のため、元気にしてくれる食材ばかりなんですよ!

 

会社のカフェで教えていただいた、炊き込みご飯風でピラフを作りました。

・作り方

まずは、米を洗っておいてください。

炊飯器に玉ねぎのみじん切り、トウモロコシ、牛のひき肉、洗った米を入れて、少な目の水を入れます。

そこに、コンソメ、バター、コショウを入れて、スイッチON!

ほったらかし🎵

炊けたら、混ぜて完成です!

 

多めに作って、残りはライスコロッケに。

衣は、なんとコーンフレークです。

触感が面白くて、子供さんにも喜ばれる一品です!

トマトケチャップを付けたら、なおおいしいです。

トマトも、熱をとる食材でしたね!(カテゴリー、身体の熱が気になる方を参照してください)

以外に、ビールに合うんで進みますが、お米なのでお腹は膨れます(笑)。

身体を元気に、毎日笑顔で楽しく過ごせますように♡。

ツカコ

 

だるさ

昨日、仕事が15時で終わりそのまま長島へ。

仲良し事務さんとショッピングです✨

お昼・晩御飯が一緒になりましたが、お寿司をいただきました。

その後は閉店までずっとショッピング!

セールでいいものゲットできました。

プールがすぐそばなんですね。

ウォータースライダーに長蛇の列。暑そうでしたよ…。

それを横目に途中、休憩のカフェでクリームブリュレ・ロイヤルミルクティーをオーダー。

めっちゃおいしかったですよ!

 

事務さんに言われた言葉…。

「ツカコといると、自分も明るくなってきた!」

うれしい言葉です♡

常に、笑顔ですしね。最近イライラもしてないですよ!!

この暑さで、バテてしまった方。睡眠がちゃんと出来ていない方。

しっかり薬膳やりましょう!

私は、元気ですからね!

さて今日入ってた予定が、急遽キャンセルになったので薬膳料理を考えていました。

 

今日の食材は、リンゴイチゴです。

リンゴ、~清熱類(清熱瀉火類)~ です。

身体の熱をとる食材です。

1、熱を取り除き、津液を生じさせ、肺の乾燥を防ぎます。

2、下痢を止めて、便通を改善します。

暑熱の発熱、口渇、二日酔い、下痢、便秘、消化不良に効果があります。

食物繊維、カリウムが豊富なのがいいですね。

皮ごと食べると、ファイトケミカルが豊富ですしね。

抗酸化作用、便秘、疲労回復効果があります。

 

イチゴ ~滋陰類~

1、肺を潤して、津液を生じさせます。

2、陰液を滋養し、血を補います。

3、熱を取り除き、毒を排泄します。

4、排尿を促進します。

5、脾の働きを高めて、胃の働きと保ちます。

口内炎、食欲不振、消化不良、排尿改善に効果があります。

また、カリウム・葉酸・ビタミンCもたっぷりなので、美肌効果抜群ですよ!

 

 

~今日の料理~

リンゴとイチゴのスムージー です。

復習です。

・牛乳 ~滋陰類~

1、津液を生じさせて、皮膚を潤します。

2、胃を元気にします。

虚弱、疲労、微熱、口渇、消渇、かゆみ、皮膚の乾燥、便秘に効果があります。

~作り方~

リンゴの皮は剥きました。

種・芯を取り除いたら、フープロへ。

そこに牛乳と、イチゴソースを加えてフープロで撹拌するだけ。

しっかりとしたスムージーなので、朝ご飯にしちゃいました。

甘味なんで、脾・胃の調子を整えますよ!

 

牛乳・イチゴは滋陰類なので、夏場に食べてほしい食材です。

体調を変えられるのは、やはり食事から。

少しの意識で、体調が変わります。

まだまだ暑い日が続きます。

しっかり食べて、元気に夏バテ知らずで乗り切りましょうね!

 

ツカコ

 

 

 

 

酷暑~清熱~

投稿するたびに、暑すぎるしか書いてないですね。

皮膚が焼けて、痛い感じ。

日焼け止めしても、意味がないんじゃないかってくらい紫外線が強すぎますよね。

毎日自転車乗って、6kmを通勤してます。

今日面白い表現されました。

「岩盤浴で自転車こぎしてるのと同じくらい暑いよね。」

私はすかさず、「痩せますね✨」と答えました。

本当に夏場は、痩せやすいので喜んでますが 笑。

 

さて。

今日の食材は、牛肉です!

私の地元が、兵庫県三田市なのですが、三田牛が有名です!

牛肉は、~補気類~(元気になる)です。

1、気を補い、脾の働きを高めます。

2、血を補い、身体を強くしてくれます。

疲労、自汗、息切れ、めまい、浮腫み等に効果があります。

先日のパーティーの時に知り合った方で、胃腸がバテていると言われました。

牛肉食べましょう!!

血も補うので、美容にも効果がいいですよ。

この時期に多い、貧血予防にもなります。

 

~今日の料理~

牛肉とはとむぎのかやくごはん。

 

ここでおさらい。

・はとむぎ

はとむぎの効果、おさらいします。

分類は~利水滲湿類~

1、利尿作用により、浮腫みを改善します。

2、体内の余分な水湿を排泄します。

3、脾の働きを高めます。

4、熱を取り除き、膿を排出します。

美容効果が高い食材になります。

(詳しくは、飲みすぎも見てみてください。)

 

牛肉と合わせることで、脾の働きアップさせて、脾・胃の働きを強くします。

美容におすすめの料理になります。

 

<作り方>

はとむぎは、水で洗ったほうがいいです。

牛肉は、小間切れでもミンチでもどちらでも。

私は、ミンチを使用しています。

牛肉を軽く炒めます。

米は洗っておいて、そこに洗ったはとむぎを入れます。

はとむぎ:米=1:2 くらいしました。

軽く炒めた牛肉を入れて、しょうゆ、酒、みりん、だしを加えて、炊飯モードで炊くだけです。

しょうゆ:酒:みりん:だし=3:1:1:1 くらいにしました。

 

はとむぎ自体があまり味がしません。なのでいろんな料理に合わせられるから、おすすめですよ!

触感としては、今はやりのスーパーフードのキヌア?みたいな感じです。

サラダに入れてもいいと思います!

熱をとる効果から、この暑い時期に食べていただきたいですね。

暑すぎて溶けてしまいそうですが、バテないように牛肉食べて、爽健美茶飲んで 笑。

この暑さを乗り切りましょうね。

ここ数日は、暑さを乗り切るための薬膳をお送りしますので、よろしくお願いします。

では。

ツカコ

疲労〜デザート〜

もう、動きたくないくらい暑い☀

季節も夏ですね。

やっと海の日🏖

そして、5月のGWから祝日もなかったので、待ちに待った3連休ですね。

 

 

脾・胃の働きを大事にしてください!と散々言ってますが、元気になる為もありますが…。

もう一つ意識していただきたいのが、五臓の ”“ の働きです。

脾と肺は、相生の関係と言いいます。

母と子供の関係です。

脾の働きが良くないと、肺が上手く働きません。

また、この夏の季節は”心”の働きが活発になります。心と肺は、相剋の関係になります。祖孫の関係です。

肺の働きも大切にしていきます。

秋に向けて酷くならないようにと思ってくださいね。

(細い矢印が相生、太い矢印が相剋)

今日の食材は、その肺の働きをにも、夏の暑さにも効果がある食材です。

 

みんな大好きな、🍑です!

には、

1、気を補い、津液を生じさせます。

2、陰液を補うことで、身体を潤します。

3、肺の働きを調節し、咳を沈めます。

4、瘀血を改善し、食積を取り除きます。

 

そのため、疲労、喉の渇き、ほてり、便秘、生理痛、腹痛などに効果があります。

疲労回復と便秘予防になりますよ。

 

五味の考えで、

桃は、甘くて、酸味もありますよね。

甘味は、脾と胃に入りやすいです。

酸味は、肝にも働きかけてくれます。

 

肺は、乾燥を嫌う臓器の為、潤してあげないといけないものなんです。

夏の暑い時期に、津液の消耗も激しいために、桃を食べて身体を潤してあげて下さいね!

 

〜今日の料理〜

桃のパフェ

職場のカフェで、ランチのデザートでした🍰

桃と生クリームの組み合わせは、一番美味しいですよね!

少し酸味がある桃は、パフェやケーキで食べるのが一番好きです❤

 

夏バテの時、脾と胃が上手く働いていないと、甘味が気持ち悪くなってしまいます。

しっかり、経口補水液でミネラルを補給するだけでも、バテる事は少なくなるので、意識してみてください。

水やお茶ばっかりは、この暑さは乗り切れませんので。

美味しいもの食べて、夏を楽しみましょう✨

私は、3連休はパーティーなので楽しみますよ!

では!

ツカコ

今までの食材、復習

こんにちは!

HPを初めて、1か月を超えました。

まだまだこれからですが、今日は今までの食材を少し復習しようかなと思います。

まずは、今日のレシピ

チーズダッカルビです!

 

食材は、鶏肉・ジャガイモ・玉ねぎ・ピーマン・キャベツ です!

全部、以前HPで上げていますよ。

大きい分類は、

補気類(気を補う)・・・鶏肉・じゃがいも・キャベツ

理気類(気を流す)・・・玉ねぎ

温裏類(身体の中から温める)・・・ピーマン

 

身体を温めて、元気もりもりのレシピですよ!

今日の食材は、チーズです!

チーズは、滋陰類です。

陰を補うものになるのですが、陰は冬の時期に活発になります。

前回の記事に、夏は陽が盛んになり、陰が足らなくなること・バランスが悪くなることで起こりやすくなると書いてます。

滋陰類には、潤腸効果と清熱の効果を持っているものが多いです!

では、チーズは

1、陰液を養い、肺を補益する。

2、腸を潤し、便通を良くする。

この2つの効果が主なものです。

口渇・空咳・皮膚のかゆみにも効果があります。

またカルシウムとリンが豊富なので、骨粗しょう症の予防にも効果があります。

うつの予防にもいいとされているので、バテやすくしんどい時に意識して取ってくださいね!

 

 

今日、電車に乗っていたら隣に座ったおばあさんに、素敵なきれいなお姉さんの隣に座れたと言われました。気分が上がりますね✨

いやな天気が続きますが、乗り越えましょうね!

では。

ツカダ マホ