美容~生理痛~

3連休最後ですね。

暑すぎて、夕方からしか出歩けないです 笑。

昨日は、友人主催のパーティーへ✨

いろんな出会いがあり、すごく楽しかったです!

薬膳の話をすると、??となる人がほとんどで、

薬膳を知っている人は、まだまだ少ないのが現状です。

漢方を使ってるんでしょ?まずいんでしょとか…。

何故か、精進料理や病人が食べる食事と思われるんですね。

ここで、もう一度言いたい!

~いつも元気に、毎日が楽しく過ごせるようにするためのもの~ だと。

 

今日のテーマの、生理痛。

実は、自分がここ数日苦しんでました。

数日と言っても、1日だけですが…。

生理2日目、個人差はあると思いますが、私は頭痛・だるさ・浮腫みに悩まされ、仕事も上司に助けていただきました。

普段は、あまり生理痛や生理前症候群などに悩まされることもなく、生理不順でもないのですが、ごくまれにしんどくなることがあります。

体温も高く、生理前から生理中にかけて37度を超えてきます。

もともと、平熱が高いのもありますが。

しかも、この猛暑。

猛暑を超えて酷暑なので、よけいにしんどかったんです。

平熱が低く冷えやすい方もいますが、暑すぎるのもしんどいです。

 

さて、今日の食材は、2つ。

ブルーベリー

牛乳です。

 

・ブルーベリー ~活血化瘀~

青梗菜(ちんげんさい)と同じ分類です。血の滞りを改善し、流れを良くしていきます。

生理の時など、女性は血の流れが悪くなりやすいので、積極的に食べてほしい食材です。

 

1、活血作用により、血の巡りを改善します。

2、甘味、酸味があるため脾・肝に良いです。

3、色が黒いので、腎にも働きます。

 

水の働きや、脾の働きを整えます。

ブルーベリーには、抗酸化作用が高いので、美容はもちろん動脈硬化の予防にもおすすめです。

 

 

・牛乳 ~滋陰類~

1、津液を生み出し、皮膚を潤します。

2、胃を補益(元気にする)します。

 

チーズ・豚肉と同じ、滋陰類になります。

陰陽のバランスをとるので、暑いこの時期に食べるのがおすすめの食材になります。

 

皮膚のかゆみ・乾燥、疲労、口渇、消渇、便秘に効果があります。

お酒を飲みすぎたときにも、アルコールの分解を速めてくれますよ。

ただし、下痢になりやすいので注意してください。

(私は牛乳が大好きで、1週間で1Lを3本くらい飲んでしまいますが…。)

 

~今日の料理~

 

ブルーベリーアイス です!

職場のカフェの方が作るアイスが、めちゃくちゃおいしんです♡

ヨーグルトやバニラアイスにでも、ブルーベリーソースをかけて食べるのもいいですよ。

お腹の調子を整えるのは大事ですが、脾・胃を強くすることも大事ですよ。

明日からまた、頑張りましょう!

では。

ツカコ

 

 

 

 

 

 

疲労〜デザート〜

もう、動きたくないくらい暑い☀

季節も夏ですね。

やっと海の日🏖

そして、5月のGWから祝日もなかったので、待ちに待った3連休ですね。

 

 

脾・胃の働きを大事にしてください!と散々言ってますが、元気になる為もありますが…。

もう一つ意識していただきたいのが、五臓の ”“ の働きです。

脾と肺は、相生の関係と言いいます。

母と子供の関係です。

脾の働きが良くないと、肺が上手く働きません。

また、この夏の季節は”心”の働きが活発になります。心と肺は、相剋の関係になります。祖孫の関係です。

肺の働きも大切にしていきます。

秋に向けて酷くならないようにと思ってくださいね。

(細い矢印が相生、太い矢印が相剋)

今日の食材は、その肺の働きをにも、夏の暑さにも効果がある食材です。

 

みんな大好きな、🍑です!

には、

1、気を補い、津液を生じさせます。

2、陰液を補うことで、身体を潤します。

3、肺の働きを調節し、咳を沈めます。

4、瘀血を改善し、食積を取り除きます。

 

そのため、疲労、喉の渇き、ほてり、便秘、生理痛、腹痛などに効果があります。

疲労回復と便秘予防になりますよ。

 

五味の考えで、

桃は、甘くて、酸味もありますよね。

甘味は、脾と胃に入りやすいです。

酸味は、肝にも働きかけてくれます。

 

肺は、乾燥を嫌う臓器の為、潤してあげないといけないものなんです。

夏の暑い時期に、津液の消耗も激しいために、桃を食べて身体を潤してあげて下さいね!

 

〜今日の料理〜

桃のパフェ

職場のカフェで、ランチのデザートでした🍰

桃と生クリームの組み合わせは、一番美味しいですよね!

少し酸味がある桃は、パフェやケーキで食べるのが一番好きです❤

 

夏バテの時、脾と胃が上手く働いていないと、甘味が気持ち悪くなってしまいます。

しっかり、経口補水液でミネラルを補給するだけでも、バテる事は少なくなるので、意識してみてください。

水やお茶ばっかりは、この暑さは乗り切れませんので。

美味しいもの食べて、夏を楽しみましょう✨

私は、3連休はパーティーなので楽しみますよ!

では!

ツカコ

熱中症

大雨が続き、各地に被害が出ています。

私の実家も、避難指示が出ていましたが大丈夫と連絡がありました。

大雨の中でも、仕事に行かなければならないという考えは、どうにかならないんですかね…。

電車がすべて止まり、帰宅手段がなくなったことが何度もあります。

その時も、仕事優先という教えの元働いていましたが、どれだけ大変だったか。

身の危険<<仕事

便利な世の中ほど、犠牲が多くなるんですね…。

 

話は変わって、今日の食材は豚肉です!

豚肉は、滋陰類の食材になります。

前回のチーズの時にお話をしていますが、陰・陽のバランスが大切になります。

概要でもお話していますが、夏場は陽気が盛んなので、“陰” を補うことも大切になります。

冬のい場合は逆ですね。陰が盛んなので、逆に “陽” のものを食べることが大切なのです。

豚肉は、

陰液を補い、身体を滋潤する食材です。

清熱の効果があるため、熱病の消渇、空咳、便秘、病気の回復に効果があります。

有名ですが、ビタミンB1が豊富のため疲労にいいのは有名です。

ここで注意してほしいのが、大葉や梅とは組み合わせないようにしてください

大葉は、陰虚の方には向かいない食材なんです…。

たんぱく質なので、うまく取り入れてくださいね!

 

~今日のレシピ~

冷しゃぶうどん

さりしたい!

うどんが食べたいと思ったのですが、ふと “冷しゃぶ” が食べたくなりまして、うどんとドッキングしちゃいました。

大根おろしたっぷりのうどんです。

レタスで、うどんが見えていませんが…。

レタスも大根も記事に書いてるので、詳しくはそちらで。

おにぎりも作っちゃいましたよ!

チーズの入った、天かすおにぎりです!

青のり、天かす、チーズを混ぜてます。

ごはんの熱でチーズが溶けてごはんと絡むので、めちゃ美味しいです!

みんなが好きな具材のおにぎりです✨

滋陰のものを食べて、夏を乗り切りましょうね!

 

~素敵になるための一言~

この前、ある方と出会いました。

その方は、大変なお金持ちだったのですが、成功するために必要なことは楽しいと思えること。素敵な笑顔になることだと言われました。

私が、たくさんの人に出会いがあるのは、笑顔を意識して生活しています。

私が思う、素敵だなと思う人は、親しみやすさにある気がします。

成功するため、お金持ちになるために、成功している人のそばにいること。

環境が大切だと言われますが、我慢して共に過ごすのとは違うと思います。

自然に、この人いいなって思えるのは、その人が親しみやすいからだと思います。人の裏ばかり見て生活していてもしんどいだけですよ。

相手にも、自分の裏しか見られてませんからね。

薬膳を通して、素敵になれるようにお手伝いできればなと思います!

Tsukako

(あだ名が“ツカコ”になりました。笑)

 

 

今までの食材、復習

こんにちは!

HPを初めて、1か月を超えました。

まだまだこれからですが、今日は今までの食材を少し復習しようかなと思います。

まずは、今日のレシピ

チーズダッカルビです!

 

食材は、鶏肉・ジャガイモ・玉ねぎ・ピーマン・キャベツ です!

全部、以前HPで上げていますよ。

大きい分類は、

補気類(気を補う)・・・鶏肉・じゃがいも・キャベツ

理気類(気を流す)・・・玉ねぎ

温裏類(身体の中から温める)・・・ピーマン

 

身体を温めて、元気もりもりのレシピですよ!

今日の食材は、チーズです!

チーズは、滋陰類です。

陰を補うものになるのですが、陰は冬の時期に活発になります。

前回の記事に、夏は陽が盛んになり、陰が足らなくなること・バランスが悪くなることで起こりやすくなると書いてます。

滋陰類には、潤腸効果と清熱の効果を持っているものが多いです!

では、チーズは

1、陰液を養い、肺を補益する。

2、腸を潤し、便通を良くする。

この2つの効果が主なものです。

口渇・空咳・皮膚のかゆみにも効果があります。

またカルシウムとリンが豊富なので、骨粗しょう症の予防にも効果があります。

うつの予防にもいいとされているので、バテやすくしんどい時に意識して取ってくださいね!

 

 

今日、電車に乗っていたら隣に座ったおばあさんに、素敵なきれいなお姉さんの隣に座れたと言われました。気分が上がりますね✨

いやな天気が続きますが、乗り越えましょうね!

では。

ツカダ マホ