暑さ〜イライラ〜

今日の薬膳のポイントは、暑さからくるイライラです!

東京は、いっとき10月上旬までの気温になってたんですね。

名古屋は、常に暑い😵💦

40度近い日が続いてると、変に当たり前になってきてしまってます。

前回の記事で、不眠等の事を書いてますが、イライラしてる方もいるんじゃないでしょうか…。

五臓の心の働きが活発すぎる事もあります。

少し、夜が冷えるようになってきて秋が近くなってきてるのかなと感じています。

まだまだ暑さは続くので、寝不足等でイライラしないようにするレシピです。

 

〜白菜と豚肉のクリーム煮〜

今回の食材のポイントは、白菜

以前の記事にも書いてますが、熱を取る食材になります。

熱を取る事で、イライラする症状も改善してくれます。

今日は、白菜のイライラする症状を和らげる作用を利用しました。

また、最近は余計に胃腸機能が弱ってる方続出してます!

白菜には、胃腸内に停滞した食物を紹介させて、便秘を改善する効果もありましたよね。

冷え過ぎて、下痢の方は食べる量を調節してください。

 

・豚肉

これは、陰気を補う食材でしたね!

身体を潤す食材で、疲労回復効果を発揮します。

 

・牛乳

これも豚肉と同じで、陰気を補い夏に食べて欲しい食材でした。

これも津液を生み出して、身体の乾燥を防ぎますが、特に皮膚の乾燥を守ってくれます。

また、これからの季節に大事になる肺。

まだ暑い日が続くと、陽気が盛んな状態が続いてしまう為、肺の乾燥がひどくなってしまいます。

麦門冬湯の記事にも書いてますが、肺は乾燥を嫌う臓器です。

肺の乾燥がひどくなる事で、咳や粘稠の痰が出やすくなります。

牛乳は、その乾燥を防いでくれるのでこれからの時期にとって欲しい食材になります。

冷たい物だと、身体を冷やしやすくなるので、温かいクリーム煮にしてみました。

夏の時期の紫外線や疲れは、秋に持ち越さないよう、しっかりケアをしていきましょう!

ツカコ

 

7月最後

7月が終わりますね…。

この1か月は、気温差が大きかったと思います。

梅雨の時期は寒く、梅雨が明けたら猛暑を通り越して酷暑に。

体調が悪く、夏バテしている人がすごく目立ちます。

まだまだ暑い日が続きます!

薬膳を取り入れて、しっかり対策をとりましょう!

 

今日は、暑い季節におすすめの食材2種類紹介します。

 

キウイ ~清熱類(清熱瀉火類)~

豆腐、トマトと同じ分類の食材になります。

熱をとる食材です。

1、熱を取り除き、口渇を抑えます。

2、上逆した胃気を下降させて、胃の働きを整えます。

(胃は、気が下降することで安定になります。逆に気が上昇してしまうと、胃の不調をきたします。)

口渇、便秘、食欲不振、消化不良等に効果があります。

疲労回復の効果もあるので、疲れたときにおすすめです。

カリウムが多いのも、うれしいことです。

*注:生理出血などの、出血が多いときは、食べ過ぎに気を付けてくださいね!

 

タコ ~滋陰類~

タコは、豚肉と同じ分類です。

夏場の陽気が盛んな時に、陰気を補い、陰・陽のバランスを整えてくれます。

1、血を補い、気を補う。

2、収斂作用があり、皮膚(新肉)を新しく作り出す作用があります。

3、津液を生み出して、口渇を押さえます。

気・血が足らない疲労、息切れ、めまい等に効果があります。

亜鉛(Zn)が含まれているので、脱毛予防、味覚障害に効果があります。

筋肉機能を強化させる作用もあります。

冷え性や下痢になりやすい人は、生姜と食べるといいですよ!

 

・今日の料理

~キウイとタコのマリネ~

キウイを切り抜き、ヨーグルト、レモン汁、塩・胡椒、でソースを作り、ゆでたタコと切り抜いたキウイを小さめに切ってソースと絡めました。

さっぱりして、食べやすいですよ!

キウイが好きで、よくキウイとヨーグルトを混ぜて、しょっちゅう食べてます。

このマリネは、子供も食べやすい味になっているので、おすすめです。

冷たくして食べてもおいしいのですよ!

一度作ってみてください。

ツカコ

 

 

 

酷暑~涼しさ~

ある日、友人と電話していたのですが、その方は大阪の方です。

私は、名古屋に住んでいますが、「名古屋は暑くて大変だね。」

と大阪の友人言われてしまいました。

大阪市内の方なので、都市のほうが暑いでしょ…。と思ってしまったのですが。

どこも暑いってことですね。

夜になっても熱帯夜が続いてますし。

仕事が終わるのが遅いので、帰りは涼しいのが唯一の救いです。

 

今日も暑さを乗り気る食材、キュウリです!

キュウリは、~清熱類~です。

その中での清熱瀉火類になります。

熱をとる効果が強いものです。

夏野菜は、熱をとる効果が高いので、季節ものは大切に。

キュウリの作用は、

1、熱を取り除き、毒を排泄します。

2、排尿を促し、浮腫みを取り除きます。

3、皮膚を潤してくれるので、肌を美しく整える効果があります。

 

のどが腫れて痛むときや、皮膚の乾燥・赤みが気になるときにおすすめです。

夏の時期は、皮膚は乾燥しやすいので注意してくださいね!

 

 

~今日のレシピ~

身体をガンガンに冷やす、冷や汁です!

あるレシピを参考にさせていただきました。

食材は、豆腐、ハトムギ、キュウリです。

すべて浮腫み、熱を取り、身体を潤す食べ物です。

暑すぎて何もしたくないときにおすすめ!

 

では、今日も復習!

 

・豆腐 ~清熱類(清熱瀉火類)~

1、熱を取り除き、毒を排泄してくれます。

2、津液を生み出して、乾燥を防いでくれます。

3、気を補うことで、脾・胃の働きを整えます。

 

・ハトムギ ~利水滲湿類~

1、排尿を促して、浮腫みを改善します。

2、体内のよけいな水湿を排泄してくれます。

3、脾の働きを高めてくれます。

4、熱を取り除き、膿を出してくれます。

 

<作り方>

キュウリを輪切りにして、塩もみしておいてください。

ハトムギは、お湯で柔らかくしておきます。

浄水に、白だし・味噌を入れて味を調えます。

そこに切った豆腐、塩もみしておいたキュウリ、ハトムギを加えたら完成です。

冷蔵庫で冷やしておけば、冷たくして食べれますが、あまりに冷たすぎると身体が冷えやすくなるため、気を付けてくださいね。

おかげで、夜の冷房が寒すぎるくらいに…。

食事で暑さをしのげるのは、薬膳ならではですよ!

逆に冷え性の方は、食べ過ぎにには気を付けてください。

 

さらに…。

冷や汁には、ゴマを入れてもなおよし!

ゴマも熱を取り除き、腸を潤す効果があります。

また、気の巡りも改善してくれるので、おすすめですよ。

 

ごはんがすすむ冷や汁なので、しっかり食べて元気になりましょう。

ツカコ

 

酷暑〜脾・胃〜

暑すぎて、どこも冷房強め。

寒かったり暑かったり…。

冷房バテしそうです。

ある朝、テレビで言われていた事。

東京オリンピックは、最も過酷な五輪になるだろうと。

まあ、そうですよね。

実際、こんなに暑いんですもん☀

選手は、気候に合わせて体調を整えたりし、万全の状態にしますが、問題は関係者や観客。暑さ対策が重要と言われてました。

何もしてなくても、暑くてしんどいのにね。

風が通れば違うんでしょうが…。

日本の夏は、過酷です。

 

今日のテーマも暑さです。

凄くオススメのレシピがあるので、紹介します!

 

まずは、今日の食材。

ナスです!

ナスは、〜止血類〜 です。

出血してる時に、基本は用います。

ナスの一番の特徴は、身体を冷やす効果が強い事

また、利尿作用もあり、むくみをとるのに凄く良いです。

以前、生理痛が酷くて苦しんでたと書きましたが、その時ナスを意識して食べてたんです。

身体は暑いし、バテている時にもってこいの食材です。

あるいい方がありますよね。

「妊婦は、ナスを食べないようにと。」

身体を冷やしすぎるからですね。

食べる量には、気をつけてくださいね!

抗酸化作用もあり、美容にも良いんですよ。

 

さて、オススメの料理は…。

〜夏野菜の肉巻き〜

 

ナス、トマト、人参、オクラを豚肉で巻いてます。

では、復習しましょう!

 

・トマト 〜清熱類〜

1、津液を生じさせ、口渇を抑えます。

2、低下した胃の働きを高めて、消化を促進します。

 

・人参 〜養血類〜

1、血を補い、肝を強くして、目の不調を改善します。

2、肺に働いて、咳を鎮めます。

3、脾の働きを高め、停滞する食べ物の消化を促します。

 

・おくら 〜消食類〜

1、脾の働きを高め、消化を促進します。

2、腸を潤して、便秘を改善します。

 

・豚肉 〜滋陰類〜

1、陰液を養い、身体を滋潤します。

陰と陽のバランスを取ってくれます。

 

全ての食材の効果を書きましたが、ポイントはほとんど全ての食材が、脾・胃に働きかけるので、胃腸のバテに凄く良いです。

身体の中の熱も取るため、この時期に是非食べて欲しい一品です。

これなら、野菜もたくさん食べれますね。

 

<作り方>

野菜を豚肉に包むだけですが、食べやすいように、人参は千切りにした方が良いですよ。

豚肉に包む場合も、野菜を片栗粉につけて包み、豚肉の上から片栗粉をまぶしてます。

味付けは、照り焼きソースです。

子供も喜ぶ味付けだと思います!

しっかり食べて、元気に過ごしましょう。

では。

ツカコ

 

 

 

 

胃・腸の元気

今日、頭が重く首が痛かったので急遽、鍼灸に行きました!

いつもお世話になっている先生と、体の事、中医学の事を話すのは本当に面白いです。

薬膳は、はっきりとした効果ってわかりにくいんですよ。

気づいたら体調が変わっていた、普段通りでしんどくもなく、何も変わらない…。

など目に見える形では、現れてきません。

いつもと変わらないことが、一番大事です。

 

今日、鍼灸の先生に言われた言葉。

「表面はバテているけど、胃・腸はすごく元気」

これ、実は一番大切なことなんですよ!

夏バテだと、胃・腸の働きが低下するので、食べる気がなくなり、よけいしんどくなってしまいます。

食材を意識するだけで、中から変わるんです!

夏バテでしんどくならないように、胃・腸の働きを戻しましょう。

そこで大事になるのが、~脾~ です。

脾の働きを大事にしましょう!

ずっと言ってますよね。

過去の記事も参考に見てみてくださいね。

今日の食材も、脾・胃の働きに大事な食材ですよ。

白菜です。

季節じゃないと思うでしょうが。

実は、身体の熱をとる食材~清熱類~なのです。

この時期に食べるのおすすめなんですよ。

白菜は、

1、熱を取り除き、イライラを改善してくれます。

2、胃腸内に停滞した食物を消化させて、便を出しやすくします。

 

胸のつかえ、便秘、お腹の張りに効果があります。

 

食物繊維も多く、カリウム、ビタミンK・Cが多く含まれます。

利尿作用もあるため、浮腫みにもいいですよ。

美肌効果もあります。

 

 

~今日のレシピ~

白菜の姿煮です。

豚のひき肉も使ってます。

中華スープで作っているのであっさりしています。

夏バテで元気がないときにおすすめですよ。

 

お知らせ。

このHPをさらにリニューアルしていきます。

パワーアップするので、お楽しみに✨

少し時間かかるので、お待ちください。

 

ツカコ

暑さによる乾燥 ~神戸旅行②~

暑すぎる…。

35度って。連日続くと、身体がだるくなりますし、のどが渇きません?すぐに飲み物を飲みたくなってしまいますよね。

クーラーで肌は乾燥するし、かといって汗かいても、乾燥してかゆみが出るし…。

暑すぎるのは、本当にしんどいですね。

肌のかゆみがひどくなる方多いんじゃないでしょうか。

今日の食材は、

豆腐です!

 

豆腐は、身体の熱をとる ~清熱類~ となります。

1、熱は取り除き、毒を排泄する効果があります。

2、津液を生じさせ、乾燥を潤します。

3、気を補い、脾・胃の働きを整えます。

 

肺熱の咳、喘息、消渇、便秘、水腫、食欲不振、麻疹、皮疹 などに効果があります。

生活習慣病、骨粗しょう症におすすめです。

身体の中に熱がこもることがよくありません。

今回は1つ紹介します。

・熱邪内盛症(ねつじゃないせいしょう)

外感と内傷の熱(心・肺・肝・脾胃に熱があること。)

皮膚の色が赤く、びらんや膿疱、熱感、かゆみ、便秘、口渇 等が起こりやすいです。

この時期によくみられる症状ではないでしょうか。

 

こういった症状に食べたらいいのが、豆腐です。

また、豆腐の原料である大豆は植物性たんぱく質なので、たくさん摂取したほうがいいですよ!

たんぱく質は、植物性と動物性の2種類がありますが、多く取ってほしいのは植物性です。プロテインを良く飲んでる方も、植物性か動物性かはチェックしたほうがいいです。

たんぱく質は、アミノ酸がたくさん集まっているものです。

アミノ酸は生きていくのに、とても大切です。

バランスよく摂取しましょうね✨

 

~今日の料理~

神戸旅行に行ったときに食べた、麻婆豆腐です!

これ絶品だったんですよ。

まず、辛くなくない。

そして、シンプルなのに味がしっかりついています。

一口食べれば、すぐにおいしいと言葉が出ますよ。ほんとに。

真似して作りたい!!

暑い時期に、熱々の麻婆豆腐とごはん。

何よりビールが飲みたい!!

最高だな!

~素敵になるための一言~

ビールで思い出しました。

よく社長さんと出会うとお伝えしていますが、私一人飲みが大好きでして、ふらっと飲みに出かけます。

実は、仕事の都合上、転勤族でした。

半年ごとに違う場所で仕事していたんです。

その土地に友人がいるわけもない。友達欲しさに飲みに出かけました。

そしたら、お酒が入るから、横に座ったおじさん達と仲良くなれちゃうんです!

嫌がったらダメですよ 笑。

そしたら、社長と飲んでたんです。

私からしたら、おじさんしか思ってないですから。

そんなもんです。社長だからえらいとかではなく、一人の人間です。

常に笑顔で、楽しく食事やお酒を飲んでると色んな人と出会えますよ。

お高く留まらず、楽しみましょう!!

では。

 

ツカコ

 

 

 

熱中症

大雨が続き、各地に被害が出ています。

私の実家も、避難指示が出ていましたが大丈夫と連絡がありました。

大雨の中でも、仕事に行かなければならないという考えは、どうにかならないんですかね…。

電車がすべて止まり、帰宅手段がなくなったことが何度もあります。

その時も、仕事優先という教えの元働いていましたが、どれだけ大変だったか。

身の危険<<仕事

便利な世の中ほど、犠牲が多くなるんですね…。

 

話は変わって、今日の食材は豚肉です!

豚肉は、滋陰類の食材になります。

前回のチーズの時にお話をしていますが、陰・陽のバランスが大切になります。

概要でもお話していますが、夏場は陽気が盛んなので、“陰” を補うことも大切になります。

冬のい場合は逆ですね。陰が盛んなので、逆に “陽” のものを食べることが大切なのです。

豚肉は、

陰液を補い、身体を滋潤する食材です。

清熱の効果があるため、熱病の消渇、空咳、便秘、病気の回復に効果があります。

有名ですが、ビタミンB1が豊富のため疲労にいいのは有名です。

ここで注意してほしいのが、大葉や梅とは組み合わせないようにしてください

大葉は、陰虚の方には向かいない食材なんです…。

たんぱく質なので、うまく取り入れてくださいね!

 

~今日のレシピ~

冷しゃぶうどん

さりしたい!

うどんが食べたいと思ったのですが、ふと “冷しゃぶ” が食べたくなりまして、うどんとドッキングしちゃいました。

大根おろしたっぷりのうどんです。

レタスで、うどんが見えていませんが…。

レタスも大根も記事に書いてるので、詳しくはそちらで。

おにぎりも作っちゃいましたよ!

チーズの入った、天かすおにぎりです!

青のり、天かす、チーズを混ぜてます。

ごはんの熱でチーズが溶けてごはんと絡むので、めちゃ美味しいです!

みんなが好きな具材のおにぎりです✨

滋陰のものを食べて、夏を乗り切りましょうね!

 

~素敵になるための一言~

この前、ある方と出会いました。

その方は、大変なお金持ちだったのですが、成功するために必要なことは楽しいと思えること。素敵な笑顔になることだと言われました。

私が、たくさんの人に出会いがあるのは、笑顔を意識して生活しています。

私が思う、素敵だなと思う人は、親しみやすさにある気がします。

成功するため、お金持ちになるために、成功している人のそばにいること。

環境が大切だと言われますが、我慢して共に過ごすのとは違うと思います。

自然に、この人いいなって思えるのは、その人が親しみやすいからだと思います。人の裏ばかり見て生活していてもしんどいだけですよ。

相手にも、自分の裏しか見られてませんからね。

薬膳を通して、素敵になれるようにお手伝いできればなと思います!

Tsukako

(あだ名が“ツカコ”になりました。笑)

 

 

夏バテ ②

毎日書くつもりが、ここ数日頭痛と闘ってました。お陰で、大好きなサッカーが見れない!💦

大概、私が日本代表戦を応援すると負けやすいと言うジンクスがあります。

今朝行われたWカップの決勝トーナメント、起きるのが遅くなって後半ギリギリに見ました。見た途端に、ベルギーに点を入れられていきます 笑笑

すみません…

私がみたからでしょうか?

それはさておき…。

気圧の変化での浮腫がひどくて、ポカリスエットを買って仕事中は飲んでます。糖分が多過ぎると言われてますが、私はよく低血糖(頭痛、吐き気、冷や汗などの症状)を起こしてしまうので、ちょうど良いかなと思ってます。

今日の食材は…。

このジメジメした暑さで、身体が辛いので、暑さと浮腫、両方をとる食材です✨

マンゴーです!

マンゴーは、清熱類ですが、詳しくは清熱瀉火類(せいねつしゃか)です。

清熱の作用が比較的強いものになります。

余談ですが、夏の時期の五味は、苦味です。苦味が欲しくなるんですね。なので、ゴーヤと苦瓜と書くほど苦いですし、実は炭酸も苦味があるため、ビールがめっちゃ飲みたくなるもの時期の物です。

この時期に飲むビール、最高ですよね!

マンゴーに話を戻します。

マンゴーは、甘いですよね。

甘いと言うことは、脾・胃に働きます。

五臓の図を思い起こして下さい!

心の次は脾ですよね。

夏場は、心の働きが大きくなりますが、上手く働かないと、脾・胃にも影響してきます。そのため、脾・胃の働きは大切です。

私が、ずっと脾・胃の働きが大切だとお話してますが、日本人が一番弱い所でもあるんです。なので、脾・胃の働きは大切にしで下さい。

 

ではマンゴーの作用は、

1.熱を取り除き、口渇を抑え、嘔吐を止めます。

2.利尿作用により、熱を取り除きます。

身体の熱を、おしっことして出す効果があるんです。

免疫力が上がったり、生活習慣病にも良いとされてます。

ただし、糖尿病の方は取り過ぎ注意です!

~今日のレシピ~

マンゴーのタルト です。

仕事場のカフェでのデザートなんですが、めちゃくちゃおいしんですよ✨

マンゴージュースでもいいので、気分転換に取り入れてみては!

では。

ツカダ マホ

 

 

 

五行<土> 五臓<脾>

今回は五行の土をお話しします!

季節は梅雨、この時期真っ只中です。

五行の土は、植物・農作物・動物などの全ての生命が誕生し、育ち、生活する基盤。
雨が降るので、湿気りがあるので、農作物がよく育つという定義があります。

五臓の脾は、食べ物を摂取した後、消化吸収して、水穀精微(飲食物を消化吸収し作られた栄養物質)に変換し身体に栄養を与えて、成長させると言われています。
さらに脾は胃にも繋がってきます。

これを西洋でいうと脾臓+すい臓です。
脾臓は、古くなった赤血球を壊す働きがあります。
赤血球…ヘモグロビンは、脾臓でヘム(鉄)とグロビンに分解されて、ヘム(鉄)を回収しています。身体のほとんどの鉄分は再利用されているんですよ!
すい臓、膵液を出し消化を助ける働きと、インスリンを出して血液中の糖を吸収する働き=血糖値を下げる 働きです。

余談ですが、皆さんがよく勘違いする糖尿病。
インスリンの働きは、血液中の糖分を細胞に運ぶことです。その働きによって血管内の糖分の量を調節しています。血管内に多いのが問題になるのが糖尿病ですよ。

では、脾の働きを見ていきましょう!
脾と胃は身体の中心部にあるので、中焦とも言われます。
身体の栄養物質を作り、生命活動を維持しているので、別名〜後天の本〜とも言われています。
①栄養から、気・血・精・津液(体内の水分)を作り出します。その後全身に運ばれます。美肌、筋肉の成長にも関わるのでとても大事な五臓です。
よく胃の調子が悪いと、肌の調子がよくないと言われるのも納得いきます。
②統血(とうけつ)を司る
統これはコントロールと言う意味があるので、血が血管外に溢れ出る事を防ぎます。

脾・胃の働きが低下する事で、栄養が全身に行き渡らなくなります。
身体の不調が起こって来ます。
以前の記事リフレッシュ、冷たい雨 も参考にしてください。

ポイントは2つの湿
1、寒湿…気温が低く、湿度が高い
食材としては、辛温解表類と理気類
2、湿熱…蒸し熱い
食材としては、清熱類と利水滲湿類

を用いることが多いです。
カテゴリーに分類しているので、またそちらでチェックしてみてください!
梅雨を元気に乗り切りましょ!

ツカダ マホ

五行<火> 五臓<心>

前回から説明している五行ですが、今回は<火>です。

火は、熱い・炎上・明快という特徴があります。
熱い…季節は夏です。
五臓は、“心”になります。
心は、喜ぶことを好み、温かいことを好みます。
夏の時期にテンションが上がったりするのはこの時期の特徴とも言えますね!

心というと、西洋で心臓に当たります。
心臓の一番大事な機能、全身の血液を巡らせる。ポンプですよね。
心臓が止まると死にますもんね。

五臓の心は、同じくことになります。
・血脈(けつみゃく)を司ると言います。
血脈とは、
①血を作る
②血流、脈管の動きをコントロールします。

では、血はどうやって作られるか。
西洋では、血液の中に色々な働きを持つものがありますよね。
酸素を運搬する、赤血球。免疫を司るもの、出血が起きた時に働く血小板等々…。
これらは、骨芽細胞によって作られます。

中医学の血は、まず生命活動を維持する赤色の液体と言います。
ざっくりです。概要で話しましたよね、イメージは自然だと。
食べ物に含まれる栄養が気と交わり、心の働きによって作られます。これが血です。
作られた血は、心の働きによって全身に運ばれていきます。

・神志を司る。
これは、2つの意味があります。
①生命活動。
顔色、視線、言語、反応、姿勢、動きなど体表に現れることです。
②精神、意識、思想活動です。
眠れなかったり、精神不安になるのは、心の働きが良くないからともされています。
そうですよね、精神的に安定な時の仕事と、ストレスがかかった時にする仕事では、疲労度も違いますよね。

血の巡りにも関係しているので、巡りが悪くなると瘀血(おけつ)という状態を引き起こしやすくなります。
4大特徴と言われる症状が、
①出血 生理不順などの不正出血、血尿・血便・吐血 など
②刺痛 針で刺すような痛み、痛みが限定で触ると痛みが増すが、温めると楽になる。
③紫紺 顔色が黒かったり、爪が青白い、あざ、舌表面が黒点のような斑点がある。
④固まり 生理出血のような固まりなど。

です。
女性でよく起こりやすくなります。
血の巡りが良くなる漢方を、服用している女性も多いと思います。
これも心の働き低下なので、大切な五臓なんですよ。

夏の時期は、体を冷やす“清熱類”
血の巡りは、活血類が良いとされています。
活血類の食材もまたアップさせますね!

ツカダ マホ