クリスマス薬膳①

大変お待たせしました。

仕事が大変で、なかなか薬膳が作れず…。

クリスマスとのことで、クリスマス薬膳を紹介しようと思います。

スペシャル記事になります!

ポイントとしては、仕事の疲れや気温差での体調の崩しやすさ、インフルエンザがピークに向かっているので体を強くするのを目的にしています。

4品を紹介するので、2つずつに分けます。

一品目

~ほうれん草のスコッチエッグ~

綺麗な緑色が出ました。

食材は、ほうれん草、牛肉、卵です。

1、ほうれん草は「補血類」になり血を補います。

血虚になると貧血の症状なのですが、不眠にも作用してきます。

血にかかわる五臓が心になるので、心の働きが低下することが原因です。

働きすぎてしんどいのも「心」の作用が低下しているので、ぜひ血を補うことを意識してみてください。

ただし、ほうれん草は体を冷やす性質があるので、冷え性の人は食べ過ぎ注意です。

2、牛肉は、「補気類」で、気を補う作用です。

牛肉も血を補う作用も併せ持ちます。

疲労、めまい、浮腫みにも効果があります。

3、卵は、「滋陰類」で、体を潤す作用と熱をとる作用があります。

体を潤す効果があり、のどの痛みに効果があります。風邪を引いてのどが痛くて声が出せないときなどにおすすめです。

また、卵にも血を補う作用もあります。(胎児を安定させる効果があり、流産等を予防する効果があります。)

精神不安にも効果があります。

<作り方>

ほうれん草をフードプロセッサーで細かくし、牛ミンチに混ぜてハンバーグの元を作ります。

あらかじめ卵はゆで卵にしておいてくださいね。

ほうれん草のタネにゆで卵を包みます。パン粉をつけてあげれば完成です。

二品目

~ラザニア~

食材は、トマト、レンズ豆、牛肉、パスタ(小麦)です。

1、トマトは、「清熱類」で、熱をとる分類です。

食欲不振に効果が高いんです。また乾燥も防ぐ効果があります。

体を冷やすので、食べ過ぎには注意してください。

忘年会続きで、消化が衰えている時はおつまみに!

2、レンズ豆

ごめんなさい…。分類がわかりません。

レンズ豆には、ミネラルが他の豆に比べて多いので、薬剤師としてミネラルの話を書きます。

レンズ豆に含まれるミネラルで多いのが、鉄・カリウムが多いのが特徴です。

カリウムの多さが、ポイントです。

細胞には、ポンプという通路があります。

この通路で、ナトリウムとカリウムが細胞の外と中で入れ替えています。

細胞の外に多いのが、ナトリウム。細胞の中に多いのがカリウムです。

交換する数が平等だといいのですが、数が違います。

ナトリウムは3つ、カリウムは2つです。これでバランスを取りますが、塩分が多い食事では、ナトリウムが多くなりカリウムが不足してしまいます。なので、カリウムをとることが、大事なんです。

なので、カリウムが多い食材を使うがおすすめです。

レンズ豆、ぜひ使ってみてくださいね!

3、パスタ(小麦)

小麦はトマトと同じ「清熱類」です。

小麦は、熱を取り除く効果でイライラを改善する効果があります。

小麦も血を補う効果があるために、精神を安定させてくれます。

また、脾胃を元気にする効果もあるので下痢などにもおすすめです。

まずは、2品でご紹介。次に進みます!

ツカコ

クリスマス薬膳②

では、第2弾をお届けします!

3品目

~鶏ハムとチーズのサラダ~

食材は、鶏肉、チーズです。

1、鶏肉は、「補気類」になります。

体を元気にする分類ですが、主にお腹の調子を整えます。

脾胃の働きを整えるため、食欲不振におすすめです。

また、気を下す効果があるので咳やげっぷなどにも効果があります。

2、チーズは、「滋陰類」になります。

乾燥がひどくて、咳が出やすい方におすすめです。

チーズは乾燥を防ぎ、肺を強くする効果があるからです。

また、肺は皮膚に現れるので、皮膚炎でかゆみがある方にもおすすめです!

<鶏ハムの作り方>

ハムは、本当に簡単に作れます。

私はむね肉を使います。

むね肉に、塩・胡椒をしてビニール袋に入れてしっかり封をします。

そのまま70度で保温が効くもの、私はIHで設定しました。

蓋がしっかりできるお鍋に、70度のお湯の中で先ほどの鶏肉を入れて、1時間20分ほど放置。

それだけで完成します。

一番最初に下ごしらえしてセットすれば、ほかの料理に取り掛かれるので、すっごく簡単に出来上がります。

そして、すごくフアフアにできちゃいます!

赤いソースは、チリソースです。

4品目

~鮭とエビのシチュー~

食材は、鮭、エビ、玉ねぎです。

1.鮭

鮭は、「温裏類」になり体の中から温める食材です。

脾胃を温めて、運化機能を高めます。また、気を補う効果もあります。

冷えによる胃痛や下痢、浮腫みにも効果があります。

2、エビ

エビは、「助陽類」になります。

陽気は体を温める働きがあるので、冬の寒い時期にはおすすめです。

冬至を迎えましたね。冬至は1年の中で一番「陰」がピークの時です。

なので、この時期は「陽のもの」を取り入れるのがおすすめです。

エビには、腎を強める効果があり、足腰の弱い方、骨の弱い方にはとっていただきたい食材です。

また、化膿を取り除く効果もあるので皮膚炎の方にもいいです。

ニキビが気になる方にはいいですよ!

3、玉ねぎ

玉ねぎは、「理気類」で気を巡らせる効果があります。

辛味なので、陽気を温める効果があります。

脾胃に働いて、運化を促してくれます。

このシチューは、寒い時期におすすめの薬膳で、温活や冷え性におすすめです。

4品紹介しましたが、どれも簡単に作れます!

また、お腹の調子や精神不安に効果のある薬膳になります。

しっかり睡眠をとって、楽しいクリスマス、年末年始を過ごせるように。

ツカコサンタからのクリスマス薬膳のプレゼントでした!

ツカコ

コロッケ、カキのバター炒め

年末に向けて、ストレスたまっていませんか?

気温差で、急激に血圧が上がったりしやすくなります。

仕事も溜まるし、忘年会シーズンで接待増えるし…。

今日は、漢方の中でもメジャーな「柴胡加竜骨牡蛎湯」の紹介です。

もう一つ、柴胡ではなく桂枝を使う「桂枝加竜骨牡蛎湯」もあります。

柴胡の場合は、比較的体力がある、がっちりしている方に使われます。

ストレスなのが原因の精神症状(不安、不眠、動悸、多汗症、異常興奮など)、小児のてんかん、夜泣き。高血圧、動脈硬化などに効果があります。

原因は、体力の低下で、寒や風の邪気が身体の中に入ってしまったことが原因です。

気の流れが悪くなり、水の流れが悪くなってしまいます。

肝気の流れが悪くなり、熱がこもってしまう。

肝は、上昇・発散にかかわるので、のぼせやめまいの原因になってしまいます。

そのまま、心にも影響してしまいます。

心は、神志を司る臓なので、心に熱がこもることで高血圧、精神不安、不眠、神経症が起こりやすくなります。

肝、心の熱を取り除き、気と水の流れを整えていくことが大切です。

 

今回の薬膳は2品ご紹介!

~サツマイモとレンコンの牛肉コロッケ~

サツマイモ、レンコン、牛肉で作ってます!

少し、焦げてしまった…。

サツマイモ、牛肉は気を補う「補気類」。

サツマイモと牛肉はともに、脾胃を強めます。

イライラしているとき、脾胃の働きが低下していることが多いので、補強することが大切です!

ポイントは、レンコン。

レンコンは活血の働きがあります。体の熱をとってくれ、心に働きかけてくれます。熱がこもっている心におすすめ!

 

 

~ホタテとカキのバター炒め~

一番は、牡蠣(ぼれい)カキの殻を使いたいけど…。

身にも精神を安定させる効果は、ばっちりあります。

心血を補うし、肝に作用してくれます。

漢方なら、牡蠣はよく使われますけどね。

薬膳に用いようと思えば、難しい気がする。

ホタテは、潤す効果ですね!

ホタテも、肝に働いてくれます。

 

~作り方~

サツマイモは柔らかくしてからつぶし、食べやすく切ったレンコン、牛を細切れにして、塩・胡椒で味付け。卵を加えて成形し、パン粉につけて揚げました。

簡単コロッケで、ボリュームたっぷりです!

カキ、ホタテはシンプルに醤油とバターで炒めただけです。

今年はカキが豊作みたいなので、大好物の私にうれしい話です!

年末の疲れやイライラも食事で吹っ飛ばしましょう。

忘年会も食材を意識して見てくださいね。

塚子(ツカコ)

 

 

 

金針菜の炒め物

今日は、漢方の紹介ではなく薬膳ならではの食材を紹介します。

・金針菜

中華料理ではよく用いる食材です。

生では有毒なので、火を通していただきます。

日本では、よく乾燥した金針菜が売られています。

なぜ、この食材にしたか…。

実は、ここ数日胸痛に悩まされているんです。

突然、みぞおちのあたりが、刺すような痛みがあり、痛みで息が苦しくなるくらいの痛みがありました。

生理前のこともあり、姿勢が悪かったのかなと思ったのですが、あまりにも突然来たのでびっくりしまして。

実はその痛みが起こった時、かなりのストレスを抱えていて、精神的にもしんどい状況でした。

姿勢だけではなく、ストレスからくるものかもしれないなと思い、この食材を選んだわけです。

 

中医学の診断では、「血瘀阻滞症」だと思います。

おもな症状は、胸あるいは頭が刺すように痛む。部位も固定しており夜に重くなる。

胸の痛みが起こった時も、実は夜だったんです。

原因としては、寒くなったことで寒邪が侵入し、心の陽気が低下してしまうことで、体が冷えてしまいます。

それにより、血・気の巡りが悪くなることで痛みが起きてしまいます。

治療としては、

・気、血の流れを改善すること。

これが一番です。

精神的に来ているということは、気の流れが悪くなっている証拠ですからね。

 

では、今日の薬膳。

~金針菜の炒め物~

食材は、金針菜、豚肉、キャベツ、黒ゴマです。

金針菜は、「利水滲湿類」です。

熱を取り除き、利尿作用により浮腫みを取り除きます。

金針菜の別名が、「忘憂」といい、元気がなく憂鬱な時に効果的と言われています。

日本では乾燥しているものが多く、中国からの輸入品が多いと思います。

なので、2時間ほど水で戻して使うのですが、30分ぐらいで水が黄色になってしまうので、30分ごとに交換すると色が抜けるます。

それから用いましょう。味もほぼないので、なんでも料理に使えますよ!

今回、心が悪くなっているのですが、心だけ改善するのではよくありません。

五臓の流れで、心のは腎の影響を受けます。

腎に良いもの。それは滋陰類です。

ポイントは、黒ゴマ

黒ゴマには、肝と腎を滋補してくれます

腎は、心に影響してくる、「腎と肝」の両方を養ってくれるので、用いました。

キャベツの補気作用、豚肉の潤す作用も忘れずに用いていますよ。

食べてから少し時間がたつと、気が楽になり肩の力が抜けてきました。

少しづつですが、胸痛も楽になっています。

ぜひ金針菜使ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

 

 

カキと豚肉のプロシェット

投稿が遅くなりました。

仕事と両立しているため、思うように投稿が進まず、楽しみにしている方には、申し訳ない状態です。

さて…。

今日の漢方は、「当帰飲子」です。

皮膚科の門前で働いているので、乾燥してきている方が目立ってきました。

私はいつもお風呂上りに、ハトムギ化粧水を身体の保湿で使用しています。ハトムギは化膿に効果があるため、蕁麻疹が起こりやすい私には、本当に重宝しています。

「当帰飲子」の処方が増えてきたなということは、乾燥の季節になったということです。

この当帰飲子は、ほとんどが湿疹やかゆみの場合で適応になります。

炎症が起こっている肌ではなく、カサカサの状態です。

原因は、「血の不足」から起こります。

血が不足することで、皮膚が養われず、体表から邪気が入り込むことで、乾燥や湿疹、かゆみが起こりる原因になります。

血が作られる場所、「肝」なのですが、血はもともと“陰”の作用があります。

しかし、血が不足することで、“陽”が過剰になり熱が生じるようになります。

肝の熱が原因で、「内風(ないふう)」と呼ばれる風が起こります。猛暑の熱波みたいな風をイメージしてください。

内風の主な症状は、頭のあたりで起こりやすい、めまい・痙攣・震え・しびれ・イライラ等です。

この内風が原因で、体表に移ると蕁麻疹や湿疹が起こりやすくなり、かゆみも伴います。

治療のポイントは、

・血を補うこと

・内風を抑えること

・体表の邪気を追い払うこと 

になります。

 

では、当帰飲子を参考にした薬膳

~カキと豚肉のプロシュット~

食材は、カキ・豚肉 です。

食材のポイントは、カキです。

カキの殻、「牡蠣(ぼれい)」は漢方になります。

分類は、平肝熄風類(へいかんそくふう)になります。

難しい言葉ですが、内風を押さえてくれる分類になります。

 

カキの殻を調理するのは難しいので、身での料理になります。

カキは、滋陰類になります。

・陰液を滋養し、血を養います。

・心血を補い、精神を安定させます。

・熱を取り除き、毒を排泄させます。

ほてり・のぼせ・心神不安等に効果があります。

亜鉛が多いため、貧血予防にもなります。

豚肉も同じ分類なので、潤いを与えてくれる食材です。

この組み合わせなら、乾燥対策に良いなと思い紹介させていただきました。

<作り方>

カキの下ごしらえをしたら、片栗粉をまぶして豚肉をまいていきます。

油を引いたフライパンに並べて、しっかり火を通してくださいね。

ノロウイルスが怖いので。塩・胡椒で味付けしたら完成です。

最近では、下ごしらえ済みのカキが販売されいるので、簡単に調理しやすくなっています。

これからの旬のカキを取り入れて、潤いのある肌を目指しましょう!

 

塚子(ツカコ)

 

 

 

イライラ

こんにちは!

暑いですね…
まだ過ごしやすいですが、夏本番になると乗り切れるのか心配です…。

今日の食材は、
小麦です。

写真は素麺ですが、小麦が原料のもので大丈夫です。
昨日紹介したトマトと同じ、熱をとる清熱類の分類に入ります。
もう一つ、特徴的な作用があります。

それは精神安定。安心作用があります。
イライラしたり、不安になっている時におススメです。
漢方薬でも甘麦大棗湯に入っていますよ。
これも精神不安の時に用いられたりします。

今日、この小麦をピックアップしたかというと、勤めている漢方薬局で、“柴胡”が含まれている漢方がよく処方されるようになってきました。気の巡りに関わってくるのですが、気の巡りが良くない方が増えてきたように感じます。柴胡は薬になるので、食材としてなら小麦が良いのではないかなと思いました。
以前紹介したジャスミンも参考にしてみてくださいね!

ツカダ マホ