トマト鍋

ご無沙汰になってしまいました。

風邪を引きかけ、体力も少し落ちていたのかしんどい時が多くなりまして、更新が遅れてしまいました。

紹介したい薬膳は沢山あるのに、ごめんなさい。

風邪を引くとき、私は必ず「のど」から来ます。

私は、「のどが痛むな」と感じれば、ひどくなることが多いので、薬膳でひどくならないようにしました。

のどの風邪を引かれる方が多いので、今日はそんなときによく出る漢方から紹介します。

 

「小柴胡湯加桔梗石膏」

 

 

基本は、小柴胡湯になります。

小柴胡湯は、気管支炎や湿った咳、吐き気を伴う風邪、長引いている風邪、扁桃炎、リンパの腫れや炎症症状など、幅広く使われる漢方になります。

 

原因は、体表の奥に寒が侵入するためです。

体表の気の巡りが悪くなって、悪寒がしだしたり。

気の流れを悪くするため、肺気が上昇し、のどに痛みが出てきたり。

脾の働きを低下させるので、気を生産できなくなり、疲労や食欲不振が起こったり…。

いろいろな症状に用いられる小柴胡湯。

 

その小柴胡湯に加えたのが、「桔梗石膏」という漢方です。

 

咽頭が腫れて痛む、扁桃炎や扁桃周囲の炎症に用いられます。

肺の気が上昇すると、肺に熱が発生してのどの痛みにつながります。

今回は、のどの風邪に注目しているので、治療としては、

・肺の機能を正常にする。

・のどの熱をとる。

この2つのポイントが大事になります。

そのポイントを押さえた薬膳料理を紹介します。

 

~トマト鍋~

食材は、鶏肉・キャベツ・玉ねぎ・人参・ジャガイモ・トマト・マイタケになります。

まずは、トマト。トマト缶を使ってスープを作っています。

味付けは、塩・胡椒・チキンスープです。

清熱類の分類になり、身体の熱をとる食材です。

冷たいものだと、体を冷やしてしまうので、トマト鍋にして熱々にしたわけです。

津液を生み出し、乾燥を防いでくれるので、乾燥が嫌いな「肺」にはおすすめです。

また、お腹の調子も整えてくれるので食欲不振にもおすすめです。

 

鶏肉・キャベツ・人参・ジャガイモ・マイタケは、気を補う食材「補気類」になります。

風邪を引いているのでね。しっかり気を補うことが大切です。

その中でもポイントなのが、鶏肉です。

のどが痛む時、肺の気の流れは逆上しています。

つまり、気の流れを下げないといけないんです。そこで一役買ってくれるのが、鶏肉なんです。

鶏肉には、気を降ろして逆上を止める作用があります。

この2つの食材を使って、アレンジしてみてもいいと思います。

私は、この鍋のおかげで、次の日からのどが痛くなくなりましたよ。

のどの予防にぜひ作ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

 

豚肉のソテー~梨ソース~

更新が遅れてしました。

ごめんなさい。今週本当にバタバタしており、薬膳も作れていない状況でした。

12月にセミナーを開催予定で、その準備にも追われております。

少しづつの更新になってしまい、本当に申し訳ないです。

インスタグラム(mahotsukada)では、日々の料理等も載せていますので、参考にしてみてください!

今回は、咳の漢方をご紹介します。

以前、麦門冬湯や滋陰降火湯を紹介しておりますが、今日は長引く風邪での漢方を紹介します。

「柴陥湯」

長引く咳で、胸が痛い…。

咳をしすぎてつらい…。

そんな症状で使われる漢方です。

気温の変化で、風邪を引いてしまい、なかなか治りがよくない。

そんな方が多いなと感じていました。

外からの邪気、今の時期なら「燥邪」が影響しますが、いつもは気の流れ衛気によって外からの邪気の侵入を防いでいます。

しかし、気の巡りが悪く、気が不足することで邪気が侵入し、風邪を引くことになります。

気の流れが悪くなる=水の流れも悪くなるため、潤いがとても大切な肺が乾燥してしまい、肺の働きが低下し、痰が生成されやすくなります。

また、気の巡りの悪化で、肝・胆に熱がこもりやすくなります。

この状況も、肺を乾燥させる原因になりますし、脾胃の働きも低下させる原因にもなるので注意が必要です。

肺は、全身の気の生成と巡りに関係しているので、大切にしましょう。

治療のポイントは、

・邪気を追い払う

・胸部(肝・胆・肺)の熱を取り除く。

・肺を潤す

この3つのポイントを意識しましょう。

今日の薬膳は、「豚肉のソテー~梨ソース~」です。

材料は、豚肉・梨・生姜 です。

ポイントは、です。秋の味覚ですよね!秋の食べ物は、咳に関わる食べ物が多いんですよ!

梨は、肺の機能を改善する「̪止咳平咳類」になります。

・熱を取り除き、痰を取り除きます。

・津液を生じさせ、乾燥を防ぎ、潤いを与えます。

疲労回復効果もあります。

豚肉は、滋陰類でしたね。熱を取り除く効果と潤いを与えるために、使いましたよ。

生姜は、辛温解表類でしたね。風邪の時に用いることが多い分類で、邪気の発散に使いましたよ。

~梨ソースの作り方~

梨の皮をむいて、すり下ろします。食感を楽しみたいなら、みじん切りがおすすめです!

生姜も好みですりおろしや、みじん切りにしておきましょう。

鍋に下ごしらえした梨・生姜を入れて火を入れます。

味付けは、酒・醤油です。生姜も効いているので、梨の甘さがいい感じになります。

さっぱり食べれるので、ぜひ作ってみてくださいね!

塚子(ツカコ)

サツマイモごはん

今日のごはん

 

風邪を引いてしまい、のどが痛いです。

のどが痛むとあまり食べる気がなくなり、よけいにひどくなるので無理やり食べてます。

温かいごはんが食べたく、甘いものが食べたいなと思って作ったごはん。

~サツマイモごはん~

秋の味覚。

甘くておいしいですよね。

・サツマイモ

「補気類」になり、身体を元気をしてくれるものになります。

風邪を引くと、お腹の調子が悪くなるので、サツマイモがおすすめです。

1、気を補益し、脾の働きを高めます。

2、胃の働きを調和し、中焦(脾・胃)の働きを整えます。

3、腸を潤し、便通を良くします。

脾・胃が弱り、疲労・食欲不振などに効果があります。

もう一品

~トウモロコシのミートボール~

牛肉・トウモロコシで種を作ります。

牛肉は、サツマイモと同じ分類の「補気類」でしたね。

こちらも、胃の働きを整えつつ、血も補うので貧血に良いです。

風邪を引くと、気・血が低下するので補うことが大切です。

トウモロコシは、「利水滲湿類」でしたね。

利尿作用により熱を取り除きます。また、肺・脾の働きを整えます。

浮腫みがひどかったので、利尿作用で浮腫み取りに入れました。

パプリカは、「温裏類」になるため身体の中から温める作用です。

脾胃を温めて、寒邪(冬の邪気による風邪)を発散させます。

また、消化を高める作用もあります。

体温を上げて、免疫の働きを高めるために入れました。

 

~作り方~

・サツマイモごはん

さつまいもは、きれいに洗い、細かく賽の目に切ります。

10分ほど、冷水につけてあく抜きをします。

といだお米に、あく抜きしたサツマイモを上から入れて炊きます。

味付けは、シンプルに塩のみです。

炊飯前に入れます。塩気を感じれるくらいがベストです。サツマイモも甘くなるので、おいしいです。

みりんやだしを入れるのもありますが、塩のみが一番好きです。

米2合位に、少し小さめのサツマイモ1本くらいです。

・トウモロコシのミートボール

トウモロコシ、牛のひき肉を混ぜます。そこに卵1個、小麦粉を入れてハンバーグくらいの硬さにします。あとはハンバーグを作る要領で作り、食べやすくしたパプリカを入れて、水を入れて煮込みます。

味付けは、煮込みソースを使って簡単にしました。

シンプルに食べたかったので、簡単に作りましたが、とてもおいしかったです。

おかげでお腹の調子は、ばっちりです!

あとはゆっくり寝ます。

何も食べたくないときの、サツマイモごはんは、おすすめですよ!

風邪を早く治します。

ツカコ

 

 

 

 

唐揚げ定食

寒暖差が激しくなり、夜が冷えてきています。

それにより、体調を崩しやすく、咳の風邪を引いてしまっている方が多いと感じています。

今回は、風邪予防におすすめのごはんです!

~唐揚げ定食~

鶏のから揚げ、じゃこごはん、コーンスープ

ポイントは、生姜です!

よく登場している食材ですが、詳しいお話をしていなかったので、ここで詳しく説明します。

分類は「解表類」になります。

この分類の食材効果の一番は、発汗作用です。

発汗作用により、身体にある邪気をなくします。

では、邪気とは。

身体の外からくるものです。

これは季節によって邪気が違います。

風邪(かぜ)と皆さん読んでますよね。

実は、中医学では“ふうじゃ”といいます。

風による邪気です。

主には、春のものです。ただ、1年中風は吹いているため、風邪(かぜ)と呼びます。

秋は、燥邪(そうじゃ)になります。

空気が冷え、乾燥してくるからです。

そのため、秋の五臓は“肺”でしたよね。

肺の機能が弱るため、咳が出やすくなるんです。

また解表類は、身体の表面を守る気の流れを整えて、風邪を治療します。

解表類には2つあり、

「身体を温めるもの」→辛温解表類→身体が冷えているとき。

「身体を冷やすもの」→辛涼解表類→身体が暑いとき。

よく耳にする葛根湯の葛根。

くずなのですが、これは辛涼解表類なので、冷えている時ではないんですよ!

冷えが気になるときは、生姜やネギが一番いいんです。

生姜には、脾・胃・肺を温めて、咳を止める効果もあります。

では、今回のレシピの紹介です。

生姜をふんだんに使用したレシピです。

・じゃこごはん。

しらすと生姜をごま油で炒めて、しょうゆで味付けしただけの簡単レシピです。

ごはんのおともにぴったりです!

・唐揚げ

唐揚げの下味は、生姜・ニンニク・醤油です。

ここでもたっぷりの生姜を入れてます。

・コーンスープ

コーンスープは、湿気で浮腫みがひどかったため、トウモロコシは、浮腫み取りに使用しました。

牛乳には、身体を潤す効果があるので、肺の乾燥防止に選びました。

今までの食材の復習ですが、風邪によく使われる解表類の分類を一度整理させていただきました。

風邪に注意して、「毎日元気にハッピーに!」お過ごしください。

ツカコ

サバの味噌煮

暑い日が続きますが、雨が降ると寒くなっています。

季節は秋になっていますよ。

乾燥の季節で、咳が出やすくなっています。

秋は、五臓の“肺”にあたるので、乾燥を嫌う臓器です。

しっかり強くしていきましょう!

今日の食材は、“サバ” です。

~サバの味噌煮~

サバは、

・肺を強くして、脾の働きを高める作用があります。

慢性の咳、少食、浮腫み、腹部・四肢の脹満に効果があります。

青魚なので、必須脂肪酸のDHA・EPAが多く含まれています。

また、魚の臭み取りに使われる生姜も、身体を温めるものなので、少し寒くなった時におすすめです。

・生姜

1、発汗させ、体表にある寒邪を取り除く作用があります。

2、脾胃を温め咳を止める作用があります。

3、肺を温め咳を止める作用があります。

冷房の冷気で肺が冷えやすくなるために、しっかり温めましょう。

~材料~

サバ、味噌、醤油、酒、みりん、砂糖、生姜です。

サバは、切り身が2枚ほど使いました。

酒、砂糖は大さじ3くらい。

醤油、みりん大さじ4くらい。

味噌、酒は大さじ2くらい。

生姜ひとかけ。

水100ccぐらい。

サバの切り身が浸るくらいの調味料です。

あとは落し蓋をし火にかけます。

煮汁がトロトロになれば完成です!

白いごはんに合いますよね✨

私は、ビールと食べてしまいました(笑)。

すっごいおいしかったので、ぜひ作ってみてくださいね!

明日も、元気に笑顔でハッピーに!

素敵女子になりましょう!

ツカコ

 

 

胃腸の冷え

ここ最近、胃腸が冷えている方が多くなってきていると感じています。

身体を温める漢方が増えてきました。

漢方薬局でも、ショウキョウを入れてくる方が多くなっているので、気温は暑い日が続いていますが、身体は秋になってきているんだなと感じています。

身体が冷えたり、風邪を引きそうなら、生姜を食べて風邪を吹き飛ばしましょう!

今日の料理は、~豚の角煮~です。

無性に角煮が食べたくなり、作ってしまいました。

食材の整理をしますね。

 

・生姜~辛温解表類~

1、発汗させて、体表にある邪気(寒邪)を取り除きます。

2、肺・脾胃を温めて、咳を止めます。

脾胃が冷えているとき、咳が出るときは必ず食べてほしい食材です。

 

・豚肉

1、陰液を補い、身体を滋潤します。

夏場でよく用いている食材ですね。

ほかの記事にも詳しく書いてますので、参考にしてください。

 

・インゲン豆(補気類)

1、脾の働きを高め、湿を取り除く作用があります。

2、暑邪を取り除き、胃の働きを調整します。

食欲不振、お腹が張る感じ、身体が重い、下痢、湿が多くて頭痛がする場合におすすめです。

特に今の時期、台風で気圧が下がり、湿気が多く頭痛がする方には、積極的に取りましょう!

 

~作り方~

私は、豚肉料理には必ず紹興酒を使います。

香りがよくなり、味に深みが出るからです。

豚の角煮にも、もちろん使ってますよ。

材料は、豚肉のブロック、インゲン、生姜、ネギの青い部分。

味付けは、紹興酒、しょうゆ、みりん、だし、砂糖、水で煮ました。

甘さが入るので、疲れているときは本当におすすめです!

ぜひ、作ってみてくださいね。

ツカコ

 

 

 

ダイエット~衛気~

2日間更新が遅れました。

台風大丈夫ですか?

昨日、食事会がありましたが、早め切り上げたことで、何事もなく帰れました。

地上の電車は21時で運転見合わせ。

高島屋は18時で閉店。

珍しい光景を見れましたよ!

 

今回は、最近よく出る漢方特集第2弾をお送りします!

今回特集するのは、柴胡桂枝湯 です!

 

風邪の初期症状で、胃腸風邪の状態の時に用いられますが、ダイエットでも用いられます。

最近、よく使われる柴胡桂枝湯。

“小柴胡湯”“桂枝湯”の2つが、半分づつ合わさった漢方になります。

 

・小柴胡湯

清熱和解益気(気を補うこと)和胃(胃の調子を整えること)この3つの作用で構成されています。

和解とは、調和するということです。

うつ状態や胸部・胃のあたりの痞えや膨満感・げっぷ・吐き気等の改善することです。

・桂枝湯

邪気を追い払い、風邪の初期症状を改善していきます。そして、身体の表面を守る衛気を調和します。

ちなみに、桂枝湯はすべて食材で出来ていていますよ。

桂枝湯には、身体の表面を守る “衛気” を作る場所、脾・胃を興奮させることで体を守ります。

気を作る場所で大切なのが、脾・胃ですよ!と以前お伝えしています。

夏の時期に胃腸がバテて、食欲不振になられる方が多いです。

元気の源である気が作れないので、身体を守ることも弱くなります。

ダイエットも、胃腸をしっかりさせないと、水穀精微ができなくなるすなわち消化ができないため、便秘になったりしてしまいます。

しっかり老廃物を出すことも、ダイエットは大切だからです。

暑いからといって、冷たいものを食べ過ぎてしまい、胃腸がバテている人は注意しましょう。

今回のポイントは、柴胡桂枝です。

・柴胡の分類は、”理気類” です。

カテゴリーのイライラ・胃腸不良・生理不順等が気になる方へのところに書いてある食材がメインになります。

玉ねぎ、ジャスミンがおすすめです。

 

・桂枝は、シナモンになります。

シナモンは、~解表類(辛温解表類)~ です。

(カテゴリーの風邪を引きやすい方へを参照してください。)

シナモンは、

1、発汗作用があり、体表の邪気を外に追い出す効果があります。

2、寒いときに風邪で、身体に陽気を通します。

(身体を温める作用)

3、身体を温めて、気血の巡りを改善します。

同じ分類は、ネギ、生姜、紫蘇になります。

一番おすすめの組み合わせは、ジャスミンティーを飲みながら、シナモンロールを食べるのが一番簡単です。

食べ過ぎもよくないですが、ダイエットに取り入れてみてくださいね!

ダイエットの身体作りの基本も薬膳で!

ツカコ

 

冷房の冷え

毎日暑い日が続いてます。

冷房をつけないと、毎日がもたないですね。

寝るときも冷房。つけっぱなしの方も多いと思います。

そんな時に問題になるのが、身体のが冷えすぎてしまう事。

前回の記事でもお話した、湿の影響で、脾・胃の働きが低下してしまい、消化不良や下痢になりやすい。

気の巡りの食べ物と、浮腫をとる食べ物を組み合わせるのが良いですよとお話してます。

冷えることでも下痢になるので、注意が必要です。

 

今回は、冷房の冷気によって体調を崩しやすくなってるので、身体を温めて、風邪の症状を改善する食材を紹介します!

今日の食材は、ネギです!

ネギは、解表類の中の〜辛温解表類〜 になります。

寒くて風邪の症状の時にオススメの食材です。

同じ分類の食材では、生姜が当てはまります!

ネギは、

1、発汗作用で体表の寒邪・風邪を取り除く作用があります。(寒い風邪を改善することです。)

2、陽気を通して、身体を温めます。

冬の寒い風邪の時にもオススメですが、冷房が効きすぎて寒い時にも使えます。

寒い状況は、同じですからね。

自然よりも、機械の寒さのが身体がついていけなくてしんどいと思います…。

また、風邪予防はもちろんですが、抗酸化作用、疲労回復効果もあるので、美容にもオススメです!

 

〜今日の料理〜

豚肉のネギ塩丼

ご飯が豚肉で隠れてますが、豚肉たっぷりの豚丼です。

注目は、ネギ塩です!

ネギ塩ですが、ネギと塩昆布を混ぜてます。

細かく切ったネギに、塩昆布とごま油を混ぜただけ。

塩昆布が入るので、ダシがいりません。

塩昆布とごま油が、よく合うので作り置きに便利です!

おにぎりの具にしても良いですね。

昆布も薬膳の効果がちゃんとあり、浮腫をとる性質があります。

では、復習。

・豚肉

陰液を養い、身体を滋潤します。

陽気が活発なこの時期に、陰陽のバランスを取って身体を潤してくれます。

疲労回復、筋肉機能強化、免疫力向上効果 があります。

また、脾・胃に働きかけるため、この湿気が多い時期の脾・胃の働きを整えてくれる食材です

夏の暑さを取りつつ、表面の冷えを取り除くので、オススメの料理になりますよ!

めっちゃ簡単に作れるので、お試しください!

夏に強くなる、漢方ありますか?と質問を受けましたが、まずはしっかり食べること!

夏に乗り切れるように、色々食材を紹介しています。

少しの意識で体は変えれるので、参考にしてくださいね!

暑さ対策をしっかりしていきましょう!

ツカコ。

 

発散

更新が遅れてしまいました。

実は、漢方の勉強会に参加してまして、これからの暑い時期の勉強会だったので、この話を書きたくて更新を遅らせてたんです💦

今日からのテーマは、夏バテや夏の風邪等を書いていきますのでよろしくお願いします✨

 

夏は、外向きに働く力があります。それは、冬の時期の滞りを夏の時期に外に発散させないといけないためです。

ただ、私たちの環境は、冷房の効きすぎのため、身体の環境が過酷になり過ぎてしまい、うまく発散できていないのが現状です。

冬の寒さは、外が寒いですが部屋の中は暖かいですよね。

でも、夏の時期は暑いのが当たり前じゃないですか。

なのに寒いって、そりゃ身体はついていきません。

なので、元々外向きに働きたいのに働かなくて不調をきたす事になってしまうんですね。

なら、発散させる食材を用いるのが一番いいです!

発散させる食材…。

それは、辛温解表類(身体を温めて発散させる)になります。

以前に書いてある、生姜が当てはまります。(カテゴリーの身体を温めて発散させる食材を参照して下さい)

今回の食材は、紫蘇です!

1、発汗させて、体表にある寒邪を取り除く

2、気の巡りを促進させて、脾・胃の働きを調整します。

夏は、外に働くと説明していますが、体表を守ることが大切です。

気は、衛気が大切になります。

気の足りなくなるため、気を補うものも必要になります。

(詳しくは、概要にある、気を参照してください。)

冷房の効きすぎで、身体も冷えるので、温めるものがいいですよ!

 

~今日のレシピ~

カボチャのそぼろあんかけです。

カボチャと牛肉は、気を補うので一緒に使いました。

増し増しになってしまいました 笑笑

紫蘇の代わりに、生姜のみじん切りに変えるのも可です!

 

昨日、ある患者様に嬉しい言葉を言ってもらいました⭐

“ 仕事の仕方をずっと見ていたのですが、手際が良すぎて、めっちゃカッコイイ ” と女性の方に言ってもらえました。

結構しんどかったんですが、しんどさが吹き飛びますよね!

誰かに見られていることを意識して、素敵に仕事を続けていきたいですね!

では👋

 

ツカダ マホ

 

 

五行<土> 五臓<脾>

今回は五行の土をお話しします!

季節は梅雨、この時期真っ只中です。

五行の土は、植物・農作物・動物などの全ての生命が誕生し、育ち、生活する基盤。
雨が降るので、湿気りがあるので、農作物がよく育つという定義があります。

五臓の脾は、食べ物を摂取した後、消化吸収して、水穀精微(飲食物を消化吸収し作られた栄養物質)に変換し身体に栄養を与えて、成長させると言われています。
さらに脾は胃にも繋がってきます。

これを西洋でいうと脾臓+すい臓です。
脾臓は、古くなった赤血球を壊す働きがあります。
赤血球…ヘモグロビンは、脾臓でヘム(鉄)とグロビンに分解されて、ヘム(鉄)を回収しています。身体のほとんどの鉄分は再利用されているんですよ!
すい臓、膵液を出し消化を助ける働きと、インスリンを出して血液中の糖を吸収する働き=血糖値を下げる 働きです。

余談ですが、皆さんがよく勘違いする糖尿病。
インスリンの働きは、血液中の糖分を細胞に運ぶことです。その働きによって血管内の糖分の量を調節しています。血管内に多いのが問題になるのが糖尿病ですよ。

では、脾の働きを見ていきましょう!
脾と胃は身体の中心部にあるので、中焦とも言われます。
身体の栄養物質を作り、生命活動を維持しているので、別名〜後天の本〜とも言われています。
①栄養から、気・血・精・津液(体内の水分)を作り出します。その後全身に運ばれます。美肌、筋肉の成長にも関わるのでとても大事な五臓です。
よく胃の調子が悪いと、肌の調子がよくないと言われるのも納得いきます。
②統血(とうけつ)を司る
統これはコントロールと言う意味があるので、血が血管外に溢れ出る事を防ぎます。

脾・胃の働きが低下する事で、栄養が全身に行き渡らなくなります。
身体の不調が起こって来ます。
以前の記事リフレッシュ、冷たい雨 も参考にしてください。

ポイントは2つの湿
1、寒湿…気温が低く、湿度が高い
食材としては、辛温解表類と理気類
2、湿熱…蒸し熱い
食材としては、清熱類と利水滲湿類

を用いることが多いです。
カテゴリーに分類しているので、またそちらでチェックしてみてください!
梅雨を元気に乗り切りましょ!

ツカダ マホ