エビと紫蘇の春巻き

だいぶ寒くなり、乾燥がひどくなってきましたね。

体を温めないといけないのに、冷たい食材や食べ物を食べていませんか?

今日は、冬支度の漢方を紹介します。

「温経湯」

おもに…。

・更年期障害で冷えを伴う

・手荒れ、湿疹、しもやけ

・不妊

に使われる漢方です。

下半身の冷えがポイントになります。

下腹部の冷えは、陽気の不足で冷えてきます。陽気は身体を温めるので、陽気が不足すると、冷えが起こります。とくに女性では子宮の気血の巡りが悪くなります。

気血の流れが悪くなると、古い血が体に残ってしまい、新しい血が作られなくなります。新しい血が作られない=血が不足する事になるので、臓器をめぐる気も不足してしまいます。

気血の巡りの悪化が腹痛、月経痛につながります。

血の巡りが悪くなるのは、子宮だけでなく皮膚にも影響します。

皮膚の栄養は、血になります。血が不足することで、手荒れ、しもやけの原因につながります。

気の巡りの悪化も、体を守る力も弱くなりますし、血の漏出を防ぐ働きもあります。

下半身の冷えは、上半身に熱がこもる原因になり、のぼせ、頭痛、不眠、手のほてりにつながります。陽気は上昇する性質だからです。

では治療は、

・陽気の不足を補う。

・気、血の巡りを良くすること。

この2点に注意してみてください。

 

今日の薬膳は、

~エビと紫蘇の春巻き~

食材は、エビ、紫蘇 になります。

 

エビは、助陽類になり、陽気を補う食材です。

腎陽を増強します。そして陽気を温めて、胃の働きを促進し食欲を増進してくれます。

正気を補うことで、皮膚や筋肉の毒を排出してくれます。

温性なので、体を温める食材になります。

 

紫蘇は、辛温解表類です。

紫蘇は、気の巡りを改善してくれる効果があるので、寒いときにおすすめの食材になります。また血流の改善におすすめです。

簡単なレシピで体を温めることができるので、ぜひ作ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

鮭のちゃんちゃん焼き

今日は、女性が一番悩む「生理」

「生理」関係でよく処方される漢方のご紹介。

~桂枝茯苓丸~

ドラッグストアでも売られているので、比較的身近な漢方だと思います。

私も飲もうかなと思っている漢方なのですが。

・月経痛

・更年期障害の冷え、のぼせ、めまい、精神不安など

・皮膚炎、蕁麻疹なので皮膚疾患

などに用いられます。

女性が悩むのをすべて解決してくれそうな漢方なのですが。

ニキビで悩む方も服用されています。

原因は、下腹部の血流の悪さです。

桂枝茯苓丸=瘀血(おけつ)の改善と私は覚えています。

瘀血は、4つの特徴を覚えるように、国際薬膳師の試験の時にいわれました。

1、疼痛:痛む場所は同じで、針で刺すような痛み。触ると痛くなる。

2、紫紺:色が黒っぽい。顔色が暗い、爪が青黒い、あざなどができやすい。

3、腫塊:固まり。生理出血などの固まりの事。

4、出血:生理不順などの不正出血。血尿、血便等も入る。

血の流れが悪いことで起こります。

血と同じ動きをするも影響され、気の流れが悪くなります。

気の流れの悪化で、肩こり、のぼせ、手足の冷えの原因になります。

冷えることで、下腹部痛、月経痛が起こりやすくなります。

また、水の代謝も悪くなるので、めまいや頭重が起こりやすくなります。

水の代謝、血流の悪さが原因で皮膚疾患が起こる原因にもなります。

治療のポイントは、血流の改善ですが、どうやって改善するか。

・身体を温めてあげる。

・気の流れを良くしてあげる。

・水の代謝を促す。

この3つを今回は意識しました。

今日の薬膳の紹介

~鮭のちゃんちゃん焼き~

食材は、鮭・ジャガイモ・玉ねぎ・ほうれん草・コーン です。

バターを入れて、味噌バターにしてます。

 

治療ポイント1:体を温める作用

体を中から温める温裏類で、「鮭」を使っています。

鮭は、脾胃を温めて運化機能を高めます。そして胃の働きを調和します。

また、気を補う効果もあるので臓腑の働きを高めてくれます。

 

治療ポイント2:気の流れを改善する。

理気類である、玉ねぎを使用しています。

よく使っているので、過去の記事を参考にしてみてください。

 

治療ポイント3:水の代謝を改善する。

利水滲湿類である、トウモロコシを使用しました。

浮腫み取りですね。トウモロコシは、利尿作用で余計な熱を取り除く効果があります。

瘀血では、余計な熱が発生してしまいます。なので、余分な熱を取り除くのに使いました。

生理の辛さも、薬膳で気分を変えてみましょう!

では。

塚子(ツカコ)

金針菜の炒め物

今日は、漢方の紹介ではなく薬膳ならではの食材を紹介します。

・金針菜

中華料理ではよく用いる食材です。

生では有毒なので、火を通していただきます。

日本では、よく乾燥した金針菜が売られています。

なぜ、この食材にしたか…。

実は、ここ数日胸痛に悩まされているんです。

突然、みぞおちのあたりが、刺すような痛みがあり、痛みで息が苦しくなるくらいの痛みがありました。

生理前のこともあり、姿勢が悪かったのかなと思ったのですが、あまりにも突然来たのでびっくりしまして。

実はその痛みが起こった時、かなりのストレスを抱えていて、精神的にもしんどい状況でした。

姿勢だけではなく、ストレスからくるものかもしれないなと思い、この食材を選んだわけです。

 

中医学の診断では、「血瘀阻滞症」だと思います。

おもな症状は、胸あるいは頭が刺すように痛む。部位も固定しており夜に重くなる。

胸の痛みが起こった時も、実は夜だったんです。

原因としては、寒くなったことで寒邪が侵入し、心の陽気が低下してしまうことで、体が冷えてしまいます。

それにより、血・気の巡りが悪くなることで痛みが起きてしまいます。

治療としては、

・気、血の流れを改善すること。

これが一番です。

精神的に来ているということは、気の流れが悪くなっている証拠ですからね。

 

では、今日の薬膳。

~金針菜の炒め物~

食材は、金針菜、豚肉、キャベツ、黒ゴマです。

金針菜は、「利水滲湿類」です。

熱を取り除き、利尿作用により浮腫みを取り除きます。

金針菜の別名が、「忘憂」といい、元気がなく憂鬱な時に効果的と言われています。

日本では乾燥しているものが多く、中国からの輸入品が多いと思います。

なので、2時間ほど水で戻して使うのですが、30分ぐらいで水が黄色になってしまうので、30分ごとに交換すると色が抜けるます。

それから用いましょう。味もほぼないので、なんでも料理に使えますよ!

今回、心が悪くなっているのですが、心だけ改善するのではよくありません。

五臓の流れで、心のは腎の影響を受けます。

腎に良いもの。それは滋陰類です。

ポイントは、黒ゴマ

黒ゴマには、肝と腎を滋補してくれます

腎は、心に影響してくる、「腎と肝」の両方を養ってくれるので、用いました。

キャベツの補気作用、豚肉の潤す作用も忘れずに用いていますよ。

食べてから少し時間がたつと、気が楽になり肩の力が抜けてきました。

少しづつですが、胸痛も楽になっています。

ぜひ金針菜使ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

 

 

シーフードカレー

今日は、貧血に有名な漢方の紹介です!

「四物湯」

冷え性・月経不順・更年期障害、産前産後の体力回復、皮膚疾患などに使われます。

原因は、蔵血の基本である五臓の「肝」血が少なることで起こります。

血が作られなくなると、血を流せなくなります。血脈に関する五臓は「心」です。心の血も少なるのため、高血圧・月経過多が起こりやすくなります。

心の血が少なるだけではなく、全身の血も減少します。そこで生理不順・貧血が起こりやすくなります。

皮膚の栄養も血なので、血の不足で皮膚が乾燥したり、しもやけ、シミなどの原因になります。

また、血の流れが悪くなることで、月経痛や冷え性・疲労なども起こりやすくなります。

では、構成生薬を見ていきましょう。

当帰・芍薬・川きゅう・地黄 です。

当帰・地黄・芍薬が、肝血を補います。

川きゅうが・当帰が、血の流れを良くします。

食材としても手に入りやすいのもなので、煎じて服用することも可能です!

すべて、1:1:1:1で構成されています。

私は、使いやすい食材で薬膳を作りました!

・シーフードカレー

ホタテ、エビ、イカ、ニンジン、玉ねぎが食材です。

以前にも紹介している食材ですが、血を補う視点で説明しますね。

血を補う効果の食材は、ニンジンとイカです。どちらも血を補うことができる、「補血類」になります。

ニンジンは、肝血を補う効果があります。また、脾の働きにも効果がありました。消化を促進してくれる食べ物になります。

イカは、陰血を補うことができます。

本当は、タコも入れたかったのですが…。買い忘れてしまいました💦

タコも、血を補う作用があるので、タコも入れてのがっつりシーフードがおすすめです!

また、収斂効果があり、皮膚を新しく作り出す作用もあります。

本当は、血を流す食材でおすすめなのが、青梗菜や酢などですが、カレーに難しかったので、玉ねぎを加え、気を流す効果にしました。

なぜなら、血と気は一体なので、気の流れがよくなれば血も流れてくれるからです。

今回のカレーは、カレー粉で作りました。カレー粉だけならめっちゃ辛くなり、はちみつを入れて甘さを加減したのに、それでもスパイスの辛さがすごくて。

大人の辛さですね。私は、市販のルーが好きですけど。

カレー粉には、気を流す陳皮が入っていたので、今回のカレーはカレー粉だけで味を調えました。市販のルーでも大丈夫ですよ!私は、食べやすいように市販のルーにします 笑。

簡単なカレーで、美容効果・冷え、貧血効果があるなんて、薬膳ならでは!

ぜひ、作ってみてください。

塚子(ツカコ)

 

 

月経痛~腸癰湯(ちょうようとう)~

今日は、腸癰湯(ちょうようとう)という漢方を紹介します。

小太郎製薬でしかない漢方になります。

最近服用する女性の方が多くなってきているので、紹介します。

名前の通り、腸で炎症が起こっている場合に使われる漢方です。

腸癰(ちょうよう)とは、腸にできた膿をもつおできのことを指します。

虫垂炎も効果がありますが、女性に多い「月経痛」で使われ、生理不順にも効果があります。

月経痛が起こる原因を説明します。

まず、「血に熱が発生する」ことが問題になります。

血に熱が発生することで、出血・生理不順が起こりやすくなります。

そして、下腹部の血流が悪化し、腸に熱がこもり膿が作り出されます。

これにより、月経痛・下腹部痛、虫垂炎が起こる原因になります。

では、腸癰湯に含まれる生薬を見ていきます。

ヨクイニン、冬瓜子、桃仁、牡丹皮 です。

膿を取り除くものは、ヨクイニン、冬瓜子です。

この2つの効能に、腸癰があります。

ヨクイニンは、以前にも紹介しています。

(カテゴリーの身体の熱が気になる方へを見てください。)

ヨクイニンは、「利水滲湿類」です。

浮腫みに良いとお話ししています。

ヨクイニンの効能にも膿をとる効果があります。腸の膿はもちろんですが、皮膚の化膿にも使われます。

冬瓜子は、「化痰類」になります。痰を取り除く分類になります。

冬瓜子は、冬瓜の種の部分です。皮は、また別の効能があるんですよ!

 

桃仁、牡丹皮は血の滞りを改善し、流れを良くします。

桃仁は、「活血化瘀類」になります。

桃仁も腸癰を改善する効能があります。

牡丹皮は、「清熱涼血類」です。

なかなか聞きなれない分類です。血の熱を取り除くということです。

癰腫を改善する効果があり、こちらも膿を取り除きます。

分類はすべて違いますが、4つすべてが膿を取り除く効果があることがわかったかなと思います。

薬膳になると…。

以前紹介した、こちらのレシピを紹介します。

~冷や汁~

気温が下がり寒くなっているので、冷たくするのでなく、暖かい味噌汁でいただくといいと思います。

キュウリを暖かくして食べるのは…。

そんな時は、ズッキーニにしても良いですよ!

ツカコ(塚子)

 

 

 

 

 

 

美容〜血の巡り〜

今日は、南京町の薬膳食材が売っているところで手に入れた、“ 紅花(こうか) ” を使った薬膳です。

紅花は、ベニバナになります。

ベニバナ油の原料です。

ベニバナ油は、オメガ6系の必須脂肪酸であるリノール酸が豊富です。

また必須脂肪酸のアラキドン酸。

生体内に様々な作用があり、アラキドン酸が使われます。

その生成にリノール酸が必要にもなるので、大切な脂肪酸になるんですよ。

 

ベニバナの効能は、青梗菜と同じ、血の巡りを良くする〜活血化瘀〜類になります。

1、血流を改善し、瘀血を取り除きます。(血の滞りをなく%す。)

2、腸を潤して、便通を良くします。

血の巡りが悪く、生理不順になりやすい方や生理不順の方、生理痛に効果があります。

女性は積極的にとって欲しい食材です。

薬局の患者さんも、血の巡りが悪い方が圧倒的に多いです。

自分では、なかなかわかりにくいのでね。

生理の時に、塊のある出血も瘀血の症状なんですよ。

妊婦さんは、食べれないので気をつけてください。

 

このベニバナを使った料理です。

〜牛肉とナスのベニバナ炒め〜

ナスは、〜止血類〜でしたね。

1、熱を取り除き、出血を止める働きがあります。

2、排尿を促進し、むくみを改善します。

水の代謝を改善しましたね!

牛肉は、〜補気類〜 でしたね。

1、気を補い、脾の働きを高めます。

2、血を養い、体を強くします。

女性に多い、むくみと血の巡りが悪い状況にオススメの一品です。

血の流れ・補い、水の代謝は美容の永遠の課題です。

食事で、美人になるための体質を改善しましょう!

ツカコ

 

 

 

美容~生理痛~

3連休最後ですね。

暑すぎて、夕方からしか出歩けないです 笑。

昨日は、友人主催のパーティーへ✨

いろんな出会いがあり、すごく楽しかったです!

薬膳の話をすると、??となる人がほとんどで、

薬膳を知っている人は、まだまだ少ないのが現状です。

漢方を使ってるんでしょ?まずいんでしょとか…。

何故か、精進料理や病人が食べる食事と思われるんですね。

ここで、もう一度言いたい!

~いつも元気に、毎日が楽しく過ごせるようにするためのもの~ だと。

 

今日のテーマの、生理痛。

実は、自分がここ数日苦しんでました。

数日と言っても、1日だけですが…。

生理2日目、個人差はあると思いますが、私は頭痛・だるさ・浮腫みに悩まされ、仕事も上司に助けていただきました。

普段は、あまり生理痛や生理前症候群などに悩まされることもなく、生理不順でもないのですが、ごくまれにしんどくなることがあります。

体温も高く、生理前から生理中にかけて37度を超えてきます。

もともと、平熱が高いのもありますが。

しかも、この猛暑。

猛暑を超えて酷暑なので、よけいにしんどかったんです。

平熱が低く冷えやすい方もいますが、暑すぎるのもしんどいです。

 

さて、今日の食材は、2つ。

ブルーベリー

牛乳です。

 

・ブルーベリー ~活血化瘀~

青梗菜(ちんげんさい)と同じ分類です。血の滞りを改善し、流れを良くしていきます。

生理の時など、女性は血の流れが悪くなりやすいので、積極的に食べてほしい食材です。

 

1、活血作用により、血の巡りを改善します。

2、甘味、酸味があるため脾・肝に良いです。

3、色が黒いので、腎にも働きます。

 

水の働きや、脾の働きを整えます。

ブルーベリーには、抗酸化作用が高いので、美容はもちろん動脈硬化の予防にもおすすめです。

 

 

・牛乳 ~滋陰類~

1、津液を生み出し、皮膚を潤します。

2、胃を補益(元気にする)します。

 

チーズ・豚肉と同じ、滋陰類になります。

陰陽のバランスをとるので、暑いこの時期に食べるのがおすすめの食材になります。

 

皮膚のかゆみ・乾燥、疲労、口渇、消渇、便秘に効果があります。

お酒を飲みすぎたときにも、アルコールの分解を速めてくれますよ。

ただし、下痢になりやすいので注意してください。

(私は牛乳が大好きで、1週間で1Lを3本くらい飲んでしまいますが…。)

 

~今日の料理~

 

ブルーベリーアイス です!

職場のカフェの方が作るアイスが、めちゃくちゃおいしんです♡

ヨーグルトやバニラアイスにでも、ブルーベリーソースをかけて食べるのもいいですよ。

お腹の調子を整えるのは大事ですが、脾・胃を強くすることも大事ですよ。

明日からまた、頑張りましょう!

では。

ツカコ

 

 

 

 

 

 

冷え性~生理不順・生理痛~

昨日からお話している、冷え性。

今日は、女性に起こりやすい冷え性です。

冷え性の共通症状・・・四肢・腰の冷えや痛み、寒がり、疲れ、顔色が白い 

さらに、うつ・溜息、疼痛、腹痛、下痢等の症状がある場合です。

生理不順や生理痛がひどい場合にあたります。

女性の場合、ホルモンバランスをしっかり保つのは難しいです。

それは、毎月来る生理の影響です。

最近、若い女性、中学生くらいから生理痛がひどく悩んでる方が多いなと思います。私は、生理前はすごくだるくなります。変に不安になるんですよね…。

薬学部時代のノートです。

ここ、本当に難しいんですよね。

2つのホルモンによる働きが大切です。

特にエストロゲンというホルモン。

閉経を迎えると、エストロゲンの量は低下します。

年齢があがるにつれ、女性の冷え性が多いのはそのためです。

それは生理現象なので、仕方ないことです。

でも、若いころから生理痛がひどいのはよくないです。

中医学では、気と血の巡りが悪いからと言われています。

気の巡りの働きを以前書いたと思います。

(概要にあります。)

気の働きは6つあります。

・温煦(おんく)作用 (身体を温める作用の事です。)

・促進作用

・防衛作用

・気化作用 (代謝の事です。)

・固摂作用 (外に漏れるのを防ぐ作用です。)

・栄養作用

 

ストレスや情緒不安により、気の流れが悪くなることで血行が悪くなります。

気・血の流れが悪くなるために、身体を温める温煦作用が低下すると言われています。

食材としては、理気類活血化瘀類です。

おすすめ食材

理気類・・・玉ねぎ

玉ねぎは、脾の働きを高めて、気の巡りを改善します。また、消化も促進します。

そのため、食欲不振、下痢、宿便、げっぷ、吐き気、胃もたれ、お腹の痛みにもいいです。体を温める食材になります。

活血化瘀・・・青梗菜

(活血化瘀のカテゴリーを見てください)

おすすめのレシピ

青梗菜と玉ねぎのスープです。

卵は入れないでいいです。

青梗菜と玉ねぎだけのスープです。

味噌汁の具材にしてもいいと思います。

冷たい食べ方はしないでくださいね。

 

最近、私みたいな性格になりたいと言われることが多いです。

いつも元気で、笑顔なので✨

おかげで、男性がめっちゃ寄ってきます♡

それでも、しんどくなることありますよ!

意識しているのは、気の巡りと血の巡りです。

気・血の巡りを改善するだけでも、気分が楽になることが多いです。

ジャスミン茶(理気類)を温かくして飲んだり、身体を冷やさないようにしていますよ。

少しの意識で、体質は変わるので意識してみてくださいね!

ツカダ マホ

血の巡り

こんにちは😀
毎日元気のツカダです✨

前回は、心の話をしましたよね!
その時の内容で、血の巡りが悪くなることで、瘀血が起こりやすいと説明しています。

今回は、血の巡りを良くする食材を紹介します!
今回の食材は…

青梗菜(チンゲンサイ)です!
女性こそしっかり食べて欲しい。
何故なら、青梗菜には、血の巡りを改善するのはもちろんですが、むくみを取る効果もあるんです!生理の時、むくみ気になりますよね?
なので、ぜひ青梗菜を意識してみてくださいね!

私の好きな食べ方は、あんかけそばのあんかけに沢山入れる食べ方が好きなんです!

生理の時でも、笑顔で元気に乗り越えましょ!

では。
ツカダ マホ

五行<火> 五臓<心>

前回から説明している五行ですが、今回は<火>です。

火は、熱い・炎上・明快という特徴があります。
熱い…季節は夏です。
五臓は、“心”になります。
心は、喜ぶことを好み、温かいことを好みます。
夏の時期にテンションが上がったりするのはこの時期の特徴とも言えますね!

心というと、西洋で心臓に当たります。
心臓の一番大事な機能、全身の血液を巡らせる。ポンプですよね。
心臓が止まると死にますもんね。

五臓の心は、同じくことになります。
・血脈(けつみゃく)を司ると言います。
血脈とは、
①血を作る
②血流、脈管の動きをコントロールします。

では、血はどうやって作られるか。
西洋では、血液の中に色々な働きを持つものがありますよね。
酸素を運搬する、赤血球。免疫を司るもの、出血が起きた時に働く血小板等々…。
これらは、骨芽細胞によって作られます。

中医学の血は、まず生命活動を維持する赤色の液体と言います。
ざっくりです。概要で話しましたよね、イメージは自然だと。
食べ物に含まれる栄養が気と交わり、心の働きによって作られます。これが血です。
作られた血は、心の働きによって全身に運ばれていきます。

・神志を司る。
これは、2つの意味があります。
①生命活動。
顔色、視線、言語、反応、姿勢、動きなど体表に現れることです。
②精神、意識、思想活動です。
眠れなかったり、精神不安になるのは、心の働きが良くないからともされています。
そうですよね、精神的に安定な時の仕事と、ストレスがかかった時にする仕事では、疲労度も違いますよね。

血の巡りにも関係しているので、巡りが悪くなると瘀血(おけつ)という状態を引き起こしやすくなります。
4大特徴と言われる症状が、
①出血 生理不順などの不正出血、血尿・血便・吐血 など
②刺痛 針で刺すような痛み、痛みが限定で触ると痛みが増すが、温めると楽になる。
③紫紺 顔色が黒かったり、爪が青白い、あざ、舌表面が黒点のような斑点がある。
④固まり 生理出血のような固まりなど。

です。
女性でよく起こりやすくなります。
血の巡りが良くなる漢方を、服用している女性も多いと思います。
これも心の働き低下なので、大切な五臓なんですよ。

夏の時期は、体を冷やす“清熱類”
血の巡りは、活血類が良いとされています。
活血類の食材もまたアップさせますね!

ツカダ マホ