クリスマス薬膳①

大変お待たせしました。

仕事が大変で、なかなか薬膳が作れず…。

クリスマスとのことで、クリスマス薬膳を紹介しようと思います。

スペシャル記事になります!

ポイントとしては、仕事の疲れや気温差での体調の崩しやすさ、インフルエンザがピークに向かっているので体を強くするのを目的にしています。

4品を紹介するので、2つずつに分けます。

一品目

~ほうれん草のスコッチエッグ~

綺麗な緑色が出ました。

食材は、ほうれん草、牛肉、卵です。

1、ほうれん草は「補血類」になり血を補います。

血虚になると貧血の症状なのですが、不眠にも作用してきます。

血にかかわる五臓が心になるので、心の働きが低下することが原因です。

働きすぎてしんどいのも「心」の作用が低下しているので、ぜひ血を補うことを意識してみてください。

ただし、ほうれん草は体を冷やす性質があるので、冷え性の人は食べ過ぎ注意です。

2、牛肉は、「補気類」で、気を補う作用です。

牛肉も血を補う作用も併せ持ちます。

疲労、めまい、浮腫みにも効果があります。

3、卵は、「滋陰類」で、体を潤す作用と熱をとる作用があります。

体を潤す効果があり、のどの痛みに効果があります。風邪を引いてのどが痛くて声が出せないときなどにおすすめです。

また、卵にも血を補う作用もあります。(胎児を安定させる効果があり、流産等を予防する効果があります。)

精神不安にも効果があります。

<作り方>

ほうれん草をフードプロセッサーで細かくし、牛ミンチに混ぜてハンバーグの元を作ります。

あらかじめ卵はゆで卵にしておいてくださいね。

ほうれん草のタネにゆで卵を包みます。パン粉をつけてあげれば完成です。

二品目

~ラザニア~

食材は、トマト、レンズ豆、牛肉、パスタ(小麦)です。

1、トマトは、「清熱類」で、熱をとる分類です。

食欲不振に効果が高いんです。また乾燥も防ぐ効果があります。

体を冷やすので、食べ過ぎには注意してください。

忘年会続きで、消化が衰えている時はおつまみに!

2、レンズ豆

ごめんなさい…。分類がわかりません。

レンズ豆には、ミネラルが他の豆に比べて多いので、薬剤師としてミネラルの話を書きます。

レンズ豆に含まれるミネラルで多いのが、鉄・カリウムが多いのが特徴です。

カリウムの多さが、ポイントです。

細胞には、ポンプという通路があります。

この通路で、ナトリウムとカリウムが細胞の外と中で入れ替えています。

細胞の外に多いのが、ナトリウム。細胞の中に多いのがカリウムです。

交換する数が平等だといいのですが、数が違います。

ナトリウムは3つ、カリウムは2つです。これでバランスを取りますが、塩分が多い食事では、ナトリウムが多くなりカリウムが不足してしまいます。なので、カリウムをとることが、大事なんです。

なので、カリウムが多い食材を使うがおすすめです。

レンズ豆、ぜひ使ってみてくださいね!

3、パスタ(小麦)

小麦はトマトと同じ「清熱類」です。

小麦は、熱を取り除く効果でイライラを改善する効果があります。

小麦も血を補う効果があるために、精神を安定させてくれます。

また、脾胃を元気にする効果もあるので下痢などにもおすすめです。

まずは、2品でご紹介。次に進みます!

ツカコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください