コロッケ、カキのバター炒め

年末に向けて、ストレスたまっていませんか?

気温差で、急激に血圧が上がったりしやすくなります。

仕事も溜まるし、忘年会シーズンで接待増えるし…。

今日は、漢方の中でもメジャーな「柴胡加竜骨牡蛎湯」の紹介です。

もう一つ、柴胡ではなく桂枝を使う「桂枝加竜骨牡蛎湯」もあります。

柴胡の場合は、比較的体力がある、がっちりしている方に使われます。

ストレスなのが原因の精神症状(不安、不眠、動悸、多汗症、異常興奮など)、小児のてんかん、夜泣き。高血圧、動脈硬化などに効果があります。

原因は、体力の低下で、寒や風の邪気が身体の中に入ってしまったことが原因です。

気の流れが悪くなり、水の流れが悪くなってしまいます。

肝気の流れが悪くなり、熱がこもってしまう。

肝は、上昇・発散にかかわるので、のぼせやめまいの原因になってしまいます。

そのまま、心にも影響してしまいます。

心は、神志を司る臓なので、心に熱がこもることで高血圧、精神不安、不眠、神経症が起こりやすくなります。

肝、心の熱を取り除き、気と水の流れを整えていくことが大切です。

 

今回の薬膳は2品ご紹介!

~サツマイモとレンコンの牛肉コロッケ~

サツマイモ、レンコン、牛肉で作ってます!

少し、焦げてしまった…。

サツマイモ、牛肉は気を補う「補気類」。

サツマイモと牛肉はともに、脾胃を強めます。

イライラしているとき、脾胃の働きが低下していることが多いので、補強することが大切です!

ポイントは、レンコン。

レンコンは活血の働きがあります。体の熱をとってくれ、心に働きかけてくれます。熱がこもっている心におすすめ!

 

 

~ホタテとカキのバター炒め~

一番は、牡蠣(ぼれい)カキの殻を使いたいけど…。

身にも精神を安定させる効果は、ばっちりあります。

心血を補うし、肝に作用してくれます。

漢方なら、牡蠣はよく使われますけどね。

薬膳に用いようと思えば、難しい気がする。

ホタテは、潤す効果ですね!

ホタテも、肝に働いてくれます。

 

~作り方~

サツマイモは柔らかくしてからつぶし、食べやすく切ったレンコン、牛を細切れにして、塩・胡椒で味付け。卵を加えて成形し、パン粉につけて揚げました。

簡単コロッケで、ボリュームたっぷりです!

カキ、ホタテはシンプルに醤油とバターで炒めただけです。

今年はカキが豊作みたいなので、大好物の私にうれしい話です!

年末の疲れやイライラも食事で吹っ飛ばしましょう。

忘年会も食材を意識して見てくださいね。

塚子(ツカコ)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください