エビと紫蘇の春巻き

だいぶ寒くなり、乾燥がひどくなってきましたね。

体を温めないといけないのに、冷たい食材や食べ物を食べていませんか?

今日は、冬支度の漢方を紹介します。

「温経湯」

おもに…。

・更年期障害で冷えを伴う

・手荒れ、湿疹、しもやけ

・不妊

に使われる漢方です。

下半身の冷えがポイントになります。

下腹部の冷えは、陽気の不足で冷えてきます。陽気は身体を温めるので、陽気が不足すると、冷えが起こります。とくに女性では子宮の気血の巡りが悪くなります。

気血の流れが悪くなると、古い血が体に残ってしまい、新しい血が作られなくなります。新しい血が作られない=血が不足する事になるので、臓器をめぐる気も不足してしまいます。

気血の巡りの悪化が腹痛、月経痛につながります。

血の巡りが悪くなるのは、子宮だけでなく皮膚にも影響します。

皮膚の栄養は、血になります。血が不足することで、手荒れ、しもやけの原因につながります。

気の巡りの悪化も、体を守る力も弱くなりますし、血の漏出を防ぐ働きもあります。

下半身の冷えは、上半身に熱がこもる原因になり、のぼせ、頭痛、不眠、手のほてりにつながります。陽気は上昇する性質だからです。

では治療は、

・陽気の不足を補う。

・気、血の巡りを良くすること。

この2点に注意してみてください。

 

今日の薬膳は、

~エビと紫蘇の春巻き~

食材は、エビ、紫蘇 になります。

 

エビは、助陽類になり、陽気を補う食材です。

腎陽を増強します。そして陽気を温めて、胃の働きを促進し食欲を増進してくれます。

正気を補うことで、皮膚や筋肉の毒を排出してくれます。

温性なので、体を温める食材になります。

 

紫蘇は、辛温解表類です。

紫蘇は、気の巡りを改善してくれる効果があるので、寒いときにおすすめの食材になります。また血流の改善におすすめです。

簡単なレシピで体を温めることができるので、ぜひ作ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください