金針菜の炒め物

今日は、漢方の紹介ではなく薬膳ならではの食材を紹介します。

・金針菜

中華料理ではよく用いる食材です。

生では有毒なので、火を通していただきます。

日本では、よく乾燥した金針菜が売られています。

なぜ、この食材にしたか…。

実は、ここ数日胸痛に悩まされているんです。

突然、みぞおちのあたりが、刺すような痛みがあり、痛みで息が苦しくなるくらいの痛みがありました。

生理前のこともあり、姿勢が悪かったのかなと思ったのですが、あまりにも突然来たのでびっくりしまして。

実はその痛みが起こった時、かなりのストレスを抱えていて、精神的にもしんどい状況でした。

姿勢だけではなく、ストレスからくるものかもしれないなと思い、この食材を選んだわけです。

 

中医学の診断では、「血瘀阻滞症」だと思います。

おもな症状は、胸あるいは頭が刺すように痛む。部位も固定しており夜に重くなる。

胸の痛みが起こった時も、実は夜だったんです。

原因としては、寒くなったことで寒邪が侵入し、心の陽気が低下してしまうことで、体が冷えてしまいます。

それにより、血・気の巡りが悪くなることで痛みが起きてしまいます。

治療としては、

・気、血の流れを改善すること。

これが一番です。

精神的に来ているということは、気の流れが悪くなっている証拠ですからね。

 

では、今日の薬膳。

~金針菜の炒め物~

食材は、金針菜、豚肉、キャベツ、黒ゴマです。

金針菜は、「利水滲湿類」です。

熱を取り除き、利尿作用により浮腫みを取り除きます。

金針菜の別名が、「忘憂」といい、元気がなく憂鬱な時に効果的と言われています。

日本では乾燥しているものが多く、中国からの輸入品が多いと思います。

なので、2時間ほど水で戻して使うのですが、30分ぐらいで水が黄色になってしまうので、30分ごとに交換すると色が抜けるます。

それから用いましょう。味もほぼないので、なんでも料理に使えますよ!

今回、心が悪くなっているのですが、心だけ改善するのではよくありません。

五臓の流れで、心のは腎の影響を受けます。

腎に良いもの。それは滋陰類です。

ポイントは、黒ゴマ

黒ゴマには、肝と腎を滋補してくれます

腎は、心に影響してくる、「腎と肝」の両方を養ってくれるので、用いました。

キャベツの補気作用、豚肉の潤す作用も忘れずに用いていますよ。

食べてから少し時間がたつと、気が楽になり肩の力が抜けてきました。

少しづつですが、胸痛も楽になっています。

ぜひ金針菜使ってみてください!

塚子(ツカコ)

 

 

 

“金針菜の炒め物” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください