カキと豚肉のプロシェット

投稿が遅くなりました。

仕事と両立しているため、思うように投稿が進まず、楽しみにしている方には、申し訳ない状態です。

さて…。

今日の漢方は、「当帰飲子」です。

皮膚科の門前で働いているので、乾燥してきている方が目立ってきました。

私はいつもお風呂上りに、ハトムギ化粧水を身体の保湿で使用しています。ハトムギは化膿に効果があるため、蕁麻疹が起こりやすい私には、本当に重宝しています。

「当帰飲子」の処方が増えてきたなということは、乾燥の季節になったということです。

この当帰飲子は、ほとんどが湿疹やかゆみの場合で適応になります。

炎症が起こっている肌ではなく、カサカサの状態です。

原因は、「血の不足」から起こります。

血が不足することで、皮膚が養われず、体表から邪気が入り込むことで、乾燥や湿疹、かゆみが起こりる原因になります。

血が作られる場所、「肝」なのですが、血はもともと“陰”の作用があります。

しかし、血が不足することで、“陽”が過剰になり熱が生じるようになります。

肝の熱が原因で、「内風(ないふう)」と呼ばれる風が起こります。猛暑の熱波みたいな風をイメージしてください。

内風の主な症状は、頭のあたりで起こりやすい、めまい・痙攣・震え・しびれ・イライラ等です。

この内風が原因で、体表に移ると蕁麻疹や湿疹が起こりやすくなり、かゆみも伴います。

治療のポイントは、

・血を補うこと

・内風を抑えること

・体表の邪気を追い払うこと 

になります。

 

では、当帰飲子を参考にした薬膳

~カキと豚肉のプロシュット~

食材は、カキ・豚肉 です。

食材のポイントは、カキです。

カキの殻、「牡蠣(ぼれい)」は漢方になります。

分類は、平肝熄風類(へいかんそくふう)になります。

難しい言葉ですが、内風を押さえてくれる分類になります。

 

カキの殻を調理するのは難しいので、身での料理になります。

カキは、滋陰類になります。

・陰液を滋養し、血を養います。

・心血を補い、精神を安定させます。

・熱を取り除き、毒を排泄させます。

ほてり・のぼせ・心神不安等に効果があります。

亜鉛が多いため、貧血予防にもなります。

豚肉も同じ分類なので、潤いを与えてくれる食材です。

この組み合わせなら、乾燥対策に良いなと思い紹介させていただきました。

<作り方>

カキの下ごしらえをしたら、片栗粉をまぶして豚肉をまいていきます。

油を引いたフライパンに並べて、しっかり火を通してくださいね。

ノロウイルスが怖いので。塩・胡椒で味付けしたら完成です。

最近では、下ごしらえ済みのカキが販売されいるので、簡単に調理しやすくなっています。

これからの旬のカキを取り入れて、潤いのある肌を目指しましょう!

 

塚子(ツカコ)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください