キノコのあんかけ

秋が深まってきましたね。

それに伴い、咳がよく出てきます。

気温差や乾燥によるものです。

今回は、「滋陰降火湯」を紹介します。

効果は、乾燥した咳や口腔乾燥(シューグレン症候群など)に効果があります。

まず、夏からの影響や気温差によるバテなので、脾胃の機能が低下します。

それにより、水穀精微ができなくなり、水や血が不足してきます。

肺は、潤いがあって正常に働くので、肺が乾燥してしまうと、咳やのどの乾燥が起こる原因になるからです。

脾胃の働きをしっかり強化して、肺を強めていくことで、咳やのど風邪の予防につながります。

また、肺は美容において「皮毛」にかかわるため、乾燥が原因で、かさかさになりやすい人は、肺の機能を強めていきましょう!

では、構成生薬を見ていきましょう!

麦門冬、知母、天門冬、黄柏、陳皮、甘草、白朮(蒼朮)、当帰、芍薬、地黄

麦門冬、知母、天門冬は、肺や腎に潤いを与えます。

黄柏は、潤いの減少を押さえます。

陳皮、甘草、白朮(蒼朮)は、脾胃の働きを高めます。

当帰、芍薬、地黄は、血の生産を助けて、身体に潤いを与えます。

 

滋陰降火湯をもとに、今回は乾燥を防ぐ薬膳を紹介します。

今日は、2品。

・豚肉とチーズのれんこんのはさみ焼き

食材は、レンコン・チーズ・豚肉 です。

チーズがいい感じに焦げておいしいです。味付けはシンプルに塩・胡椒のみです。

ビールのつまみにも最適です。

・キノコのあんかけ

食材は、小松菜、豚肉、マイタケ、シイタケです。

味付けは、紹興酒・塩・鶏がらスープ・醤油のみです。

あんかけにしているので、どんぶりにしてもいいですよ!

キノコのだしが出て、沁みる味になっています。

では、食材の紹介をしていきます。

2つの料理のポイントは、肺を潤す効果がある「滋陰類」を使うことです。

滋陰類は、豚肉、チーズ、小松菜になります。

豚肉・チーズは以前にも書いているので、今回は小松菜をピックアップします。

小松菜は、陰液を滋養し、体を滋潤します。また、肺の働きを順調にし、咳を鎮めます。

次に、レンコンの作用を紹介します。

レンコンは、「止血類」になるのですが、熱を取り除き津液を生じさせます。

また、脾の働きを高め、胃の働きを整える作用もなります。

椎茸やマイタケはどちらも、「補気類」になるため気を補いますが、脾胃の働きを整える効果があります。

簡単レシピなので、ぜひ作ってみてください!

毎日元気にハッピーに!

塚子(ツカコ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください