シーフードカレー

今日は、貧血に有名な漢方の紹介です!

「四物湯」

冷え性・月経不順・更年期障害、産前産後の体力回復、皮膚疾患などに使われます。

原因は、蔵血の基本である五臓の「肝」血が少なることで起こります。

血が作られなくなると、血を流せなくなります。血脈に関する五臓は「心」です。心の血も少なるのため、高血圧・月経過多が起こりやすくなります。

心の血が少なるだけではなく、全身の血も減少します。そこで生理不順・貧血が起こりやすくなります。

皮膚の栄養も血なので、血の不足で皮膚が乾燥したり、しもやけ、シミなどの原因になります。

また、血の流れが悪くなることで、月経痛や冷え性・疲労なども起こりやすくなります。

では、構成生薬を見ていきましょう。

当帰・芍薬・川きゅう・地黄 です。

当帰・地黄・芍薬が、肝血を補います。

川きゅうが・当帰が、血の流れを良くします。

食材としても手に入りやすいのもなので、煎じて服用することも可能です!

すべて、1:1:1:1で構成されています。

私は、使いやすい食材で薬膳を作りました!

・シーフードカレー

ホタテ、エビ、イカ、ニンジン、玉ねぎが食材です。

以前にも紹介している食材ですが、血を補う視点で説明しますね。

血を補う効果の食材は、ニンジンとイカです。どちらも血を補うことができる、「補血類」になります。

ニンジンは、肝血を補う効果があります。また、脾の働きにも効果がありました。消化を促進してくれる食べ物になります。

イカは、陰血を補うことができます。

本当は、タコも入れたかったのですが…。買い忘れてしまいました💦

タコも、血を補う作用があるので、タコも入れてのがっつりシーフードがおすすめです!

また、収斂効果があり、皮膚を新しく作り出す作用もあります。

本当は、血を流す食材でおすすめなのが、青梗菜や酢などですが、カレーに難しかったので、玉ねぎを加え、気を流す効果にしました。

なぜなら、血と気は一体なので、気の流れがよくなれば血も流れてくれるからです。

今回のカレーは、カレー粉で作りました。カレー粉だけならめっちゃ辛くなり、はちみつを入れて甘さを加減したのに、それでもスパイスの辛さがすごくて。

大人の辛さですね。私は、市販のルーが好きですけど。

カレー粉には、気を流す陳皮が入っていたので、今回のカレーはカレー粉だけで味を調えました。市販のルーでも大丈夫ですよ!私は、食べやすいように市販のルーにします 笑。

簡単なカレーで、美容効果・冷え、貧血効果があるなんて、薬膳ならでは!

ぜひ、作ってみてください。

塚子(ツカコ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください