六君子湯

更新遅くなりました。

仕事が終るのが遅くなり、帰ってきてからすぐに寝てしまいました。

そして、お腹の調子が良くなくて、しんどい日々が続きました。

私みたいに、お腹の調子がよくない方が今多いです。

季節の変わり目と、この気温差でバテてしまうからですね。

台風の影響で蒸し暑かったり、雨が降れば寒かったり…。

今日は、お腹の状態に良く処方される漢方から。

「六君子湯」

漢方の中でも、有名人の「六君子湯」

お腹の調子や、うつなどに効果があります。

まず、ストレス・疲労・不規則な食生活が原因になります。

脾気の不足が一番の原因で、脾の働きが低下します。

それに伴い胃の働きも落ちます。

(以前にも書いてますので、復習として)

胃の働きが落ちるので、消化不良・食欲不振・胃痛が起こりやすくなります。

さらに、胃が冷えることで胃気が逆上してしまい、嘔吐や吐き気が起こりやすくなります。

脾の働きが低下すると、さらに気が作らず不足するため、疲労・内臓下垂・冷えが原因になり、また血も作りにくくなるため、貧血・手足の冷えが起こります。

胃に水も溜まってしまうので、軟便や下痢にもつながります。

では、構成生薬です。

人参・白朮(蒼朮)・茯苓・半夏・陳皮・大棗・生姜です。

1、胃の働きが低下

人参・白朮が、脾の気を補い消化機能を高めます。

陳皮・大棗・生姜・甘草が、胃の働きを高めます。

2、胃が冷えて気が逆上し、水の代謝が低下

半夏・生姜が、胃を温めて、胃気の逆上を押さえます。

茯苓・白朮(蒼朮)が、水の代謝を改善してくれます。

気を補うことができると、血も生み出すことができるようになります。

では、今日の薬膳。

・マイタケとホタテの和風スープ

キノコが旬なので、取り入れました。

マイタケは気を補う効果があります。

ホタテは、滋陰類です。

1、陰液を滋養し、虚弱を補う効果があります。

2、脾胃の働きを整え、食欲増進効果があります。

口渇・のどの乾燥・消化不良・倦怠感に効果があります。

 

・豚肉とねぎのあんかけ豆腐

・豚肉は、滋陰類でしたね。

陰液を補い、身体を潤す効果があります。

・ネギは、生姜と同じ分類の辛温解表類でしたね。

身体を温める作用に、陽気を流す作用があります。

・豆腐は、清熱類ですね。

熱を取り除く効果に、気を補う作用もあるので、脾胃の働きを整える作用がありました。

冷たいまま食べると冷えやすくなるので、温めてから食べるがこれからの季節にはおすすめです。

手軽に使える食材ばかりなので、ぜひ!

塚子(ツカコ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください