月経痛~腸癰湯(ちょうようとう)~

今日は、腸癰湯(ちょうようとう)という漢方を紹介します。

小太郎製薬でしかない漢方になります。

最近服用する女性の方が多くなってきているので、紹介します。

名前の通り、腸で炎症が起こっている場合に使われる漢方です。

腸癰(ちょうよう)とは、腸にできた膿をもつおできのことを指します。

虫垂炎も効果がありますが、女性に多い「月経痛」で使われ、生理不順にも効果があります。

月経痛が起こる原因を説明します。

まず、「血に熱が発生する」ことが問題になります。

血に熱が発生することで、出血・生理不順が起こりやすくなります。

そして、下腹部の血流が悪化し、腸に熱がこもり膿が作り出されます。

これにより、月経痛・下腹部痛、虫垂炎が起こる原因になります。

では、腸癰湯に含まれる生薬を見ていきます。

ヨクイニン、冬瓜子、桃仁、牡丹皮 です。

膿を取り除くものは、ヨクイニン、冬瓜子です。

この2つの効能に、腸癰があります。

ヨクイニンは、以前にも紹介しています。

(カテゴリーの身体の熱が気になる方へを見てください。)

ヨクイニンは、「利水滲湿類」です。

浮腫みに良いとお話ししています。

ヨクイニンの効能にも膿をとる効果があります。腸の膿はもちろんですが、皮膚の化膿にも使われます。

冬瓜子は、「化痰類」になります。痰を取り除く分類になります。

冬瓜子は、冬瓜の種の部分です。皮は、また別の効能があるんですよ!

 

桃仁、牡丹皮は血の滞りを改善し、流れを良くします。

桃仁は、「活血化瘀類」になります。

桃仁も腸癰を改善する効能があります。

牡丹皮は、「清熱涼血類」です。

なかなか聞きなれない分類です。血の熱を取り除くということです。

癰腫を改善する効果があり、こちらも膿を取り除きます。

分類はすべて違いますが、4つすべてが膿を取り除く効果があることがわかったかなと思います。

薬膳になると…。

以前紹介した、こちらのレシピを紹介します。

~冷や汁~

気温が下がり寒くなっているので、冷たくするのでなく、暖かい味噌汁でいただくといいと思います。

キュウリを暖かくして食べるのは…。

そんな時は、ズッキーニにしても良いですよ!

ツカコ(塚子)

 

 

 

 

 

 

“月経痛~腸癰湯(ちょうようとう)~” への2件の返信

  1. こんにちは(^^♪
    腸癰湯、初めて聞きました。
    私は子宮筋腫で桂枝茯苓丸加ヨクイニンを飲んでいるのですが、腸癰湯にも活血化瘀があるんですね。
    加ヨクイニンと、普通の桂枝茯苓丸で迷うとこですが、(診断してもらった先生2人で処方が違いました)ヨクイニンあった方が効果がありそうですね(^^)/

    1. 返信が遅くなりまして、申し訳ありません。
      ヨクイニンは、化膿効果が高いからかもしれないですね。
      桂枝茯苓丸や桂枝茯苓丸加ヨクイニンは、ニキビの方にもよく処方されます。
      化膿の状況なので、分けているのかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください