四逆散

投稿が遅くなりました…。

この時期の風邪は、しぶといですね。

のどの次は、咳がひどくなり、痰が絡みます。

またお腹の調子もよくないので、つらいです。

今日は、よく出る漢方シリーズでお送りします。

最近すごく処方が増えている漢方です。

~四逆散(しぎゃくさん)~

・構成生薬

今回のポイントは、気の巡りに関する生薬が多いことです。

柴胡・枳実(きじつ)は気の巡りにかかわります。

芍薬(しゃくやく)・甘草は気を補う生薬になります。

肝気の流れが悪くなることが原因になります。

五臓の図で整理しましょう。

今の時期は、五臓の“肺”が原因ですよね。

なので、咳の風邪が原因になりやすいとお話ししました。

肺を見てください。

肺から太い矢印をたどると、肝にたどり着きます。

肝の手前は、「脾」になりますね。

肺に影響が出ると、その前の脾にも影響が出てきます。

気の流れが悪化すると、脾・胃の働きが低下しやすくなります。

また、水の流れが悪くなるため、肺気が上昇して、気管支炎をおこしやすくなります。四肢の冷えにもつながります。

根本は、気の流れの悪化になるため、気の巡りを良くすることが大切になります。

・柴胡は、肝の気の流れを改善します。

・枳実は、胃の働きを整えます。

・甘草は、脾の働きを活発にします。

・芍薬は、肝・脾の働きを活発にします。

では、おすすめの食材を紹介します。

柴胡・枳実は気の巡りを改善する「理気類」になります。

甘草・芍薬は、気を補う(身体を元気にする)「補気類」になります。

「理気類」と「補気類」の組み合わせの料理は、

鶏そばです!

以前にも紹介していますよ。

そばは、「理気類」になります。

胃気を低下させるので、消化機能の促進作用があります。

鶏は、「補気類」でしたね!

気を下す効果があるので、肺気の上昇も抑えてくれます。

 

今回の症状で、さらにおすすめ食材は、ジャスミンです!

ジャスミンは、肝にいい食材になるため、肝の気を流す効果があります。

 

漢方が苦くて飲めなくても、薬膳なら、食事で改善することも可能です。

相談も承っておりますので、コメント等お待ちしております。

ツカコ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください