月経痛~腸癰湯(ちょうようとう)~

今日は、腸癰湯(ちょうようとう)という漢方を紹介します。

小太郎製薬でしかない漢方になります。

最近服用する女性の方が多くなってきているので、紹介します。

名前の通り、腸で炎症が起こっている場合に使われる漢方です。

腸癰(ちょうよう)とは、腸にできた膿をもつおできのことを指します。

虫垂炎も効果がありますが、女性に多い「月経痛」で使われ、生理不順にも効果があります。

月経痛が起こる原因を説明します。

まず、「血に熱が発生する」ことが問題になります。

血に熱が発生することで、出血・生理不順が起こりやすくなります。

そして、下腹部の血流が悪化し、腸に熱がこもり膿が作り出されます。

これにより、月経痛・下腹部痛、虫垂炎が起こる原因になります。

では、腸癰湯に含まれる生薬を見ていきます。

ヨクイニン、冬瓜子、桃仁、牡丹皮 です。

膿を取り除くものは、ヨクイニン、冬瓜子です。

この2つの効能に、腸癰があります。

ヨクイニンは、以前にも紹介しています。

(カテゴリーの身体の熱が気になる方へを見てください。)

ヨクイニンは、「利水滲湿類」です。

浮腫みに良いとお話ししています。

ヨクイニンの効能にも膿をとる効果があります。腸の膿はもちろんですが、皮膚の化膿にも使われます。

冬瓜子は、「化痰類」になります。痰を取り除く分類になります。

冬瓜子は、冬瓜の種の部分です。皮は、また別の効能があるんですよ!

 

桃仁、牡丹皮は血の滞りを改善し、流れを良くします。

桃仁は、「活血化瘀類」になります。

桃仁も腸癰を改善する効能があります。

牡丹皮は、「清熱涼血類」です。

なかなか聞きなれない分類です。血の熱を取り除くということです。

癰腫を改善する効果があり、こちらも膿を取り除きます。

分類はすべて違いますが、4つすべてが膿を取り除く効果があることがわかったかなと思います。

薬膳になると…。

以前紹介した、こちらのレシピを紹介します。

~冷や汁~

気温が下がり寒くなっているので、冷たくするのでなく、暖かい味噌汁でいただくといいと思います。

キュウリを暖かくして食べるのは…。

そんな時は、ズッキーニにしても良いですよ!

ツカコ(塚子)

 

 

 

 

 

 

鮭のスープ

急に寒くなりましたね。

今日は、最近処方が増えてきた漢方をお伝えします。

・麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

身体が冷えて、体力がないときや悪寒、のどの痛み、頭痛、関節痛などに使われます。

含まれている漢方は、麻黄・細辛・ブシ です。

この漢方の効き方を説明します。

まず、心・腎の陽気が少なります。

(陽気は、身体を温める気でしたね。)

少なくなることで、

①血の巡りが悪くなり、手足の冷え・痛み・低血圧になりやすくなります。

②全身の陽気が不足するため、倦怠感が起こりやすくなります。

さらに、身体を守ることができなくなるため、寒邪が侵入しやすくなります。

悪寒、頭痛、めまいが起こりやすくなり、肺にも影響されるので気管支喘息や、咳が起こりやすくなります。

頭痛が起こる原因は、気の巡りが悪くなることでおこるからです。

 

麻黄は、風邪によく使われる漢方です。

麻黄の成分「エフェドリン」は風邪薬にもよく使われています。

作用は、気管支を拡張し、鼻粘膜の血管収縮作用があります。

また、陽気の巡りもよくします。

ブシ、細辛は、心・腎の陽気を温めて盛んにします。

麻黄、ブシは、発汗作用で体表の「寒」を追い出します。

気温が一気に下がり、特に夜間が冷えやすいので、注意してくださいね。

また、この漢方はダイエットにも使われるんですよ!

では、この漢方にあった薬膳を紹介します。

~鮭・ニラのスープ~

材料は、ニラ・鮭です。

味付けには、「酒」を使っています。

ニラ、鮭、酒はすべて身体を温める食材です。

ニラ・鮭は「温裏類」になり、身体の中から温めます。

・ニラは以前にも紹介していますので、冷え性のところを参考にしてみてくださいね。

・鮭

脾・胃を温めて、運化機能を高め、胃の働きを調和します。

気を補い、臓腑の働き高めます。

酒は、「去風湿類」という分類になります。「湿」による邪気を追い出してくれる食材になります。

酒の場合、寒邪を取り除く効果があるため、冷えているときにおすすめなんです。気の巡りも促進する効果もあります。

味付けは、酒と塩のみで作っているので、すごくあっさりしていますが、身体の温まり方はすごく効果があります。

簡単に作れるので、旬の秋鮭を使って作ってみてくださいね!

ツカコ

 

 

手巻き寿司

9月の2回の3連休が終わりましたね…。

最初の3連休から体調を崩し、今も鼻水と咳に悩まされています。

後半の3連休は実家に帰省。

~手巻き寿司~

家族みんなで食べる手巻き寿司は、楽しくておいしいですよね!

今回の薬膳のポイントは“酢”です。

実は、調味料も効能がちゃんとあるんですよ!

よく注目されている“酢”

美容効果はもちろん、疲労回復効果も抜群です。

特に女性には、しっかりとっていただきたい食材になります。

~酢~

分類は、「活血化瘀類」になります。

通利血脈、血行促進、瘀血の改善が主要効能です。

酢は、「苦み」なので血の流れを活発にし、血脈の流れを正しくします。

瘀血がひどくなると、生理不調、生理痛が原因になるため、血を流すことが大切になります。

また、血と気は同じ働きをするため、血の流れが悪いと、気の流れも悪くなります。そこで起こりやすくなるのが頭痛です。

生理前や生理中で頭痛等がひどい場合、血・気の巡りが悪くなっているのかな…と思ってみてください。

以前紹介した、紅花や青梗菜も同じ分類になりますよ。

では、今回の酢の効能を見ていきましょう!

1、血流を改善し、瘀血を取り除きます。

2、胃に停滞する未消化の飲食物を取り除き、消化を促進します。

この2つがメインの効能になります。

五臓の“肝”に入りやすいので、気が発散できない場合の頭痛に効果があります。

前回の四逆散の記事も参考にしてみてくださいね。

注意としては、とりすぎに注意してください。

多量に摂取すると、胃の刺激になります。

そのため、胃の弱い方は加減してくださいね。

手巻き寿司のメイン、酢飯。

小さいころから祖母に教えてもらったもの。

小さい頃は、酢がきつくて苦手でした。

大人になると、美味しく感じるようになりました。

今は、手軽にとれる時代です。

血を流すのは、男性も大切ですよ!

意識して取り入れてくださいね。

ツカコ

 

四逆散

投稿が遅くなりました…。

この時期の風邪は、しぶといですね。

のどの次は、咳がひどくなり、痰が絡みます。

またお腹の調子もよくないので、つらいです。

今日は、よく出る漢方シリーズでお送りします。

最近すごく処方が増えている漢方です。

~四逆散(しぎゃくさん)~

・構成生薬

今回のポイントは、気の巡りに関する生薬が多いことです。

柴胡・枳実(きじつ)は気の巡りにかかわります。

芍薬(しゃくやく)・甘草は気を補う生薬になります。

肝気の流れが悪くなることが原因になります。

五臓の図で整理しましょう。

今の時期は、五臓の“肺”が原因ですよね。

なので、咳の風邪が原因になりやすいとお話ししました。

肺を見てください。

肺から太い矢印をたどると、肝にたどり着きます。

肝の手前は、「脾」になりますね。

肺に影響が出ると、その前の脾にも影響が出てきます。

気の流れが悪化すると、脾・胃の働きが低下しやすくなります。

また、水の流れが悪くなるため、肺気が上昇して、気管支炎をおこしやすくなります。四肢の冷えにもつながります。

根本は、気の流れの悪化になるため、気の巡りを良くすることが大切になります。

・柴胡は、肝の気の流れを改善します。

・枳実は、胃の働きを整えます。

・甘草は、脾の働きを活発にします。

・芍薬は、肝・脾の働きを活発にします。

では、おすすめの食材を紹介します。

柴胡・枳実は気の巡りを改善する「理気類」になります。

甘草・芍薬は、気を補う(身体を元気にする)「補気類」になります。

「理気類」と「補気類」の組み合わせの料理は、

鶏そばです!

以前にも紹介していますよ。

そばは、「理気類」になります。

胃気を低下させるので、消化機能の促進作用があります。

鶏は、「補気類」でしたね!

気を下す効果があるので、肺気の上昇も抑えてくれます。

 

今回の症状で、さらにおすすめ食材は、ジャスミンです!

ジャスミンは、肝にいい食材になるため、肝の気を流す効果があります。

 

漢方が苦くて飲めなくても、薬膳なら、食事で改善することも可能です。

相談も承っておりますので、コメント等お待ちしております。

ツカコ

 

 

サツマイモごはん

今日のごはん

 

風邪を引いてしまい、のどが痛いです。

のどが痛むとあまり食べる気がなくなり、よけいにひどくなるので無理やり食べてます。

温かいごはんが食べたく、甘いものが食べたいなと思って作ったごはん。

~サツマイモごはん~

秋の味覚。

甘くておいしいですよね。

・サツマイモ

「補気類」になり、身体を元気をしてくれるものになります。

風邪を引くと、お腹の調子が悪くなるので、サツマイモがおすすめです。

1、気を補益し、脾の働きを高めます。

2、胃の働きを調和し、中焦(脾・胃)の働きを整えます。

3、腸を潤し、便通を良くします。

脾・胃が弱り、疲労・食欲不振などに効果があります。

もう一品

~トウモロコシのミートボール~

牛肉・トウモロコシで種を作ります。

牛肉は、サツマイモと同じ分類の「補気類」でしたね。

こちらも、胃の働きを整えつつ、血も補うので貧血に良いです。

風邪を引くと、気・血が低下するので補うことが大切です。

トウモロコシは、「利水滲湿類」でしたね。

利尿作用により熱を取り除きます。また、肺・脾の働きを整えます。

浮腫みがひどかったので、利尿作用で浮腫み取りに入れました。

パプリカは、「温裏類」になるため身体の中から温める作用です。

脾胃を温めて、寒邪(冬の邪気による風邪)を発散させます。

また、消化を高める作用もあります。

体温を上げて、免疫の働きを高めるために入れました。

 

~作り方~

・サツマイモごはん

さつまいもは、きれいに洗い、細かく賽の目に切ります。

10分ほど、冷水につけてあく抜きをします。

といだお米に、あく抜きしたサツマイモを上から入れて炊きます。

味付けは、シンプルに塩のみです。

炊飯前に入れます。塩気を感じれるくらいがベストです。サツマイモも甘くなるので、おいしいです。

みりんやだしを入れるのもありますが、塩のみが一番好きです。

米2合位に、少し小さめのサツマイモ1本くらいです。

・トウモロコシのミートボール

トウモロコシ、牛のひき肉を混ぜます。そこに卵1個、小麦粉を入れてハンバーグくらいの硬さにします。あとはハンバーグを作る要領で作り、食べやすくしたパプリカを入れて、水を入れて煮込みます。

味付けは、煮込みソースを使って簡単にしました。

シンプルに食べたかったので、簡単に作りましたが、とてもおいしかったです。

おかげでお腹の調子は、ばっちりです!

あとはゆっくり寝ます。

何も食べたくないときの、サツマイモごはんは、おすすめですよ!

風邪を早く治します。

ツカコ

 

 

 

 

唐揚げ定食

寒暖差が激しくなり、夜が冷えてきています。

それにより、体調を崩しやすく、咳の風邪を引いてしまっている方が多いと感じています。

今回は、風邪予防におすすめのごはんです!

~唐揚げ定食~

鶏のから揚げ、じゃこごはん、コーンスープ

ポイントは、生姜です!

よく登場している食材ですが、詳しいお話をしていなかったので、ここで詳しく説明します。

分類は「解表類」になります。

この分類の食材効果の一番は、発汗作用です。

発汗作用により、身体にある邪気をなくします。

では、邪気とは。

身体の外からくるものです。

これは季節によって邪気が違います。

風邪(かぜ)と皆さん読んでますよね。

実は、中医学では“ふうじゃ”といいます。

風による邪気です。

主には、春のものです。ただ、1年中風は吹いているため、風邪(かぜ)と呼びます。

秋は、燥邪(そうじゃ)になります。

空気が冷え、乾燥してくるからです。

そのため、秋の五臓は“肺”でしたよね。

肺の機能が弱るため、咳が出やすくなるんです。

また解表類は、身体の表面を守る気の流れを整えて、風邪を治療します。

解表類には2つあり、

「身体を温めるもの」→辛温解表類→身体が冷えているとき。

「身体を冷やすもの」→辛涼解表類→身体が暑いとき。

よく耳にする葛根湯の葛根。

くずなのですが、これは辛涼解表類なので、冷えている時ではないんですよ!

冷えが気になるときは、生姜やネギが一番いいんです。

生姜には、脾・胃・肺を温めて、咳を止める効果もあります。

では、今回のレシピの紹介です。

生姜をふんだんに使用したレシピです。

・じゃこごはん。

しらすと生姜をごま油で炒めて、しょうゆで味付けしただけの簡単レシピです。

ごはんのおともにぴったりです!

・唐揚げ

唐揚げの下味は、生姜・ニンニク・醤油です。

ここでもたっぷりの生姜を入れてます。

・コーンスープ

コーンスープは、湿気で浮腫みがひどかったため、トウモロコシは、浮腫み取りに使用しました。

牛乳には、身体を潤す効果があるので、肺の乾燥防止に選びました。

今までの食材の復習ですが、風邪によく使われる解表類の分類を一度整理させていただきました。

風邪に注意して、「毎日元気にハッピーに!」お過ごしください。

ツカコ

たっぷりお肉とエビのアラビアータ

暑い日が続きますが、雨が降ると気温が下がり、寒くなってきましたね。

気温を見ると過ごしやすいですが、湿度が高いので残暑が続きますね。

湿度も下がって、過ごしやすい気温に早くなってほしいです。

今日のレシピは、身体を温めるレシピです!

~たっぷりお肉とエビのアラビアータ~

アラビアータが食べたくなり作ってしまいました。

食材は、牛肉・エビ、玉ねぎ、トマトソース、鷹の爪、ニンニクです。

今回のポイントは、秋になり、“陰” が増えてくる季節になってきたということです。

今度は、を補う食材を用いてい来ます。

それは、エビです。

夏は、豚肉・牛乳などの「滋陰類のものをとりましょう」とよく話していたと思います。

それは、夏の時期は、“陽”が盛んだからです。

陰と陽のバランスを保つことが、一番身体が元気です。

ホントは、夏至の時が陽がピークになり秋分で陰と陽が入れ替わります。

秋分はまだですが、滋陰類のものをとって身体を冷やす効果よりは、これからは身体を温める食材を用いて行きます。

これからの季節は、陽気を補う食材を紹介していきます。

陽気を補う食材は、陽気を助けると書いて、「助陽類」といいます。

助陽類のポイントは、身体を温める作用を持つものになります。

そのため、五味は辛・成味(えん味:塩気のようなもの)になり、肺・腎に入りやすくなります。

今回の食材のエビは、助陽類になります。

エビは、

1、腎陽を増強します。

2、陽気を温め、胃の働きを促進し、食欲を増進します。

3、正気を補い、毒を皮膚・筋肉から排泄します。

4、母乳の出を良くします。

ポイントは、身体を温めて胃腸の働きを整えることです。

エビを用いるときの注意は、レモンなどのビタミンCが多いもの、鶏肉・豚肉・砂糖とは一緒に用いてはいけません。

なので、今回のアラビアータも、牛肉にしてあります。

もう一つ、身体を温める食材が唐辛子です。

辛いから、身体を温める作用があるのはご存知だと思います。

唐辛子は、温裏類になります。身体の中から温める食材です。

1、脾胃を温めて、寒邪を発散させます。

2、脾の働きを高めて、消化を促進します。

ポイントは、お腹の冷えを改善することです。

今回の料理のポイントも、脾・胃を温める食材です。

胃腸がバテやすい時期だからこそ、しっかりとりましょう!

トマトソースで作ったため、余った分はアヒージョにしていただきました。

バケットで食べたら、美味しかったですよ!

ぜひ、作ってみてくださいね。

ツカコ

炒り豆腐

久しぶりの更新です。

月曜日は、台風がすごかったですね!

一番ひどいときに、仕事の休憩だったので外に出ました。

おかげ様で、吹き飛ばされました。

ここまで強い台風、なかったですよね。

沖縄では経験していますが、こんなにすごいとは思いませんでした。

台風が終われば、今度は地震。

平成が最後になるのに、豪雨・台風・地震と立て続けに襲われていますね。

何事もなく、幸せに過ごせることのありがたみをすごく感じます。

雨が降れば寒いですが、天気がいいと暑いです。

今日は、暑さをとりつつも身体を温める薬膳を紹介します。

~いり豆腐~

食材は、豆腐・鶏のひき肉・人参・オクラ・生姜 です。

~味付け~

醤油、酒、みりん、砂糖

~作り方~

豆腐は、キッチンペーパーで水分をなくしていきます。

人参は細かく切り、塩ゆでしておきます。

オクラも塩ゆでしておきます。

フライパンに、鶏のひき肉を炒めます。ここで私は酒を入れました。

塩ゆでした人参・オクラを入れて軽く炒めます。

水切りした豆腐を細かくしながら入れます。

あとは味付けのみりん、砂糖、しょうゆを加えます。

水分が少なくなるように炒めたら完成です。

 

今までに出てきている食材で組み合わせています。

ポイントは、五味の“  ”

秋は、辛のものをとるといいとされています。

生姜は、辛いためイメージはつくと思いますが、オクラも五味は辛に当てはまります。

また、お腹がすっきりせず、冷えている方が多くなってきています。

そのため、身体温めて邪気を取り除く生姜を入れつつ、オクラの脾の働きを高めて消化を促す効果を加えました。

あっさりしていて、どんぶりにしてみてもいいと思います!

他の食材の復習もしておきます。

 

・豆腐(清熱類)

1、熱を取り除き、毒を排泄する効果があります。

2、津液を生じさせて、乾燥から身体を潤します。

3、気を補益し、脾・胃の働きを整えます。

 

・人参(補益類)

1、気を補い、陰液を生じさせます。

2、熱を取り除き、津液を生じさせます。

 

・鶏肉(補益類)

1、脾・胃の気を補います。

2、精・髄を補います。

3、気を降ろし、上逆を止めます。

食欲不振やあっさり食べたい気分の時におすすめです。

暑いからと、冷たいものを食べる季節ではなくなっていますよ!

夏の疲れが一気に来る季節です。

また思わぬうちに、身体はすごく乾燥していますよ!

咳が出やすくなっています。

脾・胃を丈夫にすることで、肺も強くなります。

明日も健やかに過ごせますように。

 

ツカコ

 

八宝菜

Domani×PELLICO の特別企画に当選しまして、スタイリスト安西こずえさん、モデル小泉里子さんのスペシャルトークショーに行ってきました!

安西こずえさんと話しできて、そして靴を選んでいただきました。

小泉里子さんと握手をして、すごくかっこいい女性でした。

お二人が話されていたこと。

「女性は、心に思ったことが顔に出てしまう。」

楽しいときはいいですが、しんどいときは嫌な顔ですよね。

出さないようにしていても、出てしまう。

毎日を楽しく過ごしていければ一番いいですが、絶対にしんどくなる時があります。

私もここ何日か、薬局の仕事のことで、すごいイライラしてしまいました。

私の場合、イライラしてしまうと、無口になって仕事をこなします。

若干怖いんですよね。自分でも駄目だなと思います。

でも薬膳をやり始めてから、イライラも減りました。

安西さん、小泉さんが話していたことですが、

「幸せな時は、すごくきれいなんだよ。」

「幸せを味わうと、さらに幸せが味わえるようになるよ。」

毎日を笑顔に過ごせるように、このホームページのコンセプト「ステキな笑顔」の薬膳は皆さんをお手伝いしていきます。

今日は、血を補う料理で美容効果をアップしましょう。

~八宝菜~

私の母が作る料理で、実は一番好きなんです!

基本料理は私が作ります。

八宝菜も作りますが、この味だけはなぜかほっとするんです。

私の家では、あんかけ焼きそばみたいに食べます。

私は、パリパリ麺で食べます。

食材は、シイタケ・人参・白菜・しめじ・豚肉・エビ・イカを入れます。

沢山入るので、ボリューム満点です!

血を補う食材が2つも入っているとこが、今回の八宝菜のポイントです。

人参・イカ です。

どちらも、血を補う“補血類”になります。

・人参

1、血を養い、肝を強くし、目の不調を改善します。

2、肺気を収斂させ、咳を止めます。

3、脾の働きを高めて、停滞する食べ物を消化します。

 

・イカ

1、陰血を滋養し、血を補います。

お腹の調子を整えつつ、血を養ってくれるため、貧血予防や食欲不振に効果があります。

また、気を補う食材のシイタケも入っているので、季節の変わり目でバテ気味の方におすすめの一品です!

 

~味付け~

酒・みりん・醤油で味をつけています。

食材からだしが出るので、そのまま煮ていくだけで大丈夫です!

焼きそばやパリパリ麺じゃなく、ごはんでも合いますよ!

夜に作って、朝スープで食べたりします。

寒くなってきているので、暖かいものを食べて過ごしていきましょう!

ツカコ

 

サバの味噌煮

暑い日が続きますが、雨が降ると寒くなっています。

季節は秋になっていますよ。

乾燥の季節で、咳が出やすくなっています。

秋は、五臓の“肺”にあたるので、乾燥を嫌う臓器です。

しっかり強くしていきましょう!

今日の食材は、“サバ” です。

~サバの味噌煮~

サバは、

・肺を強くして、脾の働きを高める作用があります。

慢性の咳、少食、浮腫み、腹部・四肢の脹満に効果があります。

青魚なので、必須脂肪酸のDHA・EPAが多く含まれています。

また、魚の臭み取りに使われる生姜も、身体を温めるものなので、少し寒くなった時におすすめです。

・生姜

1、発汗させ、体表にある寒邪を取り除く作用があります。

2、脾胃を温め咳を止める作用があります。

3、肺を温め咳を止める作用があります。

冷房の冷気で肺が冷えやすくなるために、しっかり温めましょう。

~材料~

サバ、味噌、醤油、酒、みりん、砂糖、生姜です。

サバは、切り身が2枚ほど使いました。

酒、砂糖は大さじ3くらい。

醤油、みりん大さじ4くらい。

味噌、酒は大さじ2くらい。

生姜ひとかけ。

水100ccぐらい。

サバの切り身が浸るくらいの調味料です。

あとは落し蓋をし火にかけます。

煮汁がトロトロになれば完成です!

白いごはんに合いますよね✨

私は、ビールと食べてしまいました(笑)。

すっごいおいしかったので、ぜひ作ってみてくださいね!

明日も、元気に笑顔でハッピーに!

素敵女子になりましょう!

ツカコ