すぐに実践〜毎日ハッピー〜

白ごまによる美容法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
薬剤師、国際薬膳師・国際薬膳調理師 現在は調剤薬局に勤務し、漢方内科の門前薬局に所属。 季節性で体調が悪くなったり、特にストレスを感じやすく友達はできやすいが、人間関係で揉めやすかった。 薬膳料理を深めていくと、意識して食材をとる事が増えたことで精神的にしんどくなることが減った。 薬膳料理を通し〜自分らしく、健やかに愛される人〜を増やせるように健闘していきたい。

お盆休みを満喫していました!

実家で薬膳を作って更新をしようと頑張っていたのですが、仕事用のiPadのキーボードがうまく反応せず。

記事が思うように書けなかったので、更新が遅れました…。

 

今日は、以前にもお話していた “ ゴマ ” の違いをお話しします。

ゴマは2種類ありますよね。

白ごま と 黒ゴマ

同じゴマでも、薬膳は作用が違います。

まずは色。

概要で話している、五季。

に当たる“金”は、白色のものを食べるといいとされています。

は、“水”に当たりますが、黒色のものを食べるといいとされています。

まずは、季節の色を意識してみてください。

24節季では、立秋を迎えて、処暑がそろそろですかね。

処暑は、暑さが終わることです。

昼間はまだ暑いですが、朝・晩は少し涼しくなりましたよね。

中医学では、秋は2つに分かれます。

暑さが残る秋と、冬に向かい寒くなる秋です。

今はまだ暑さが残るので、身体の熱をとることは続けてください。

ゴマを選ぶ時も、暑さがのこる秋なら、白ゴマを意識しましょう。

今日の食材も、暑さが残るので白ごまをチョイスしますね。

・白ごま

分類は、陰気を補う~滋陰類~です。夏の時期・暑さの分類です。

1、熱を取り除き、腸を潤します。

2、気の巡り(気・血・津液の通路)を促進します。

皮膚の乾燥、赤み、痰、頭痛、めまい、便秘、動脈硬化、老化防止に効果があります。

紫外線は、まだまだ強いですが、夏の紫外線でのダメージがそろそろ出る時期です。

ここで、しっかりお肌の手入れをしないと、皮膚の炎症が起こりやすくなりますよ。

外からだけではなく、食事も意識してみてくださいね。

 

・今日の料理

バンバンジー

バンバンジーのたれを紹介します。

<材料>

白ごま、ネギ、しょうゆ、酢、砂糖、ごま油です。

白ごまは、好きなだけどうぞ!

ただし、もともとお腹が緩くなりやすい方は、多量には気を付けてくださいね。

 

・作り方

白ごまは、すりつぶしてくださいね。

ネギは刻んでおいてくださいね。

すりつぶした白ごまに、しょうゆ:酢:砂糖=2:1:0.25くらい でたれを作ります。沢山たれが欲しい場合は、うまく加減してください。

(砂糖は、加減しながらのがいいと思います。)

最後に、刻んだネギとゴマ油を入れたら完成です。

多めにたれを作って、冷麺のたれにしてもいいと思います!

あとは好きな具材で、かけてくださいね。

白ごまは、組み合わせてはいけない食材がないので、大丈夫ですよ!

私のレシピのバンバンジーは、鶏肉です。

鶏肉の下には、レタスと周りにキュウリを敷き詰めました。

どちらも、身体の熱をとる食材でしたよね。

暑かったので、さっぱりいただきましたよ。

また、黒ゴマの記事も載せますね!

明日も笑顔でハッピーに✨

ツカコ

 

 

LINEで無料健康相談

薬剤師、国際薬膳師・国際薬膳料理師が送る無料健康相談を実施しています。

あなたに合わせた最善の漢方、薬膳料理をLINEでご提案いたします。

お気軽にご登録ください。



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
薬剤師、国際薬膳師・国際薬膳調理師 現在は調剤薬局に勤務し、漢方内科の門前薬局に所属。 季節性で体調が悪くなったり、特にストレスを感じやすく友達はできやすいが、人間関係で揉めやすかった。 薬膳料理を深めていくと、意識して食材をとる事が増えたことで精神的にしんどくなることが減った。 薬膳料理を通し〜自分らしく、健やかに愛される人〜を増やせるように健闘していきたい。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ステキな笑顔“私“の薬膳 , 2018 All Rights Reserved.