ストレス~気滞症~

久々に自転車でこけました。

擦り傷はないですが、あざになりました…。

そして、職場に行っても今日はついておらず、漢方をまく分包機に嫌われてました。

こんな日もありますね。

気分が乗らないとき。

今日のポイントは、イライラ等の精神不安が多い “気滞症” についてお伝えします。

~気滞症~

精神にかかわる五臓は、“肝”になります。

肝の働きを復習しましょう!

肝の働きらきに、~疏泄を司る~作用があります。

・精神の安定を維持

・気機をスムーズに巡らせる(気・血・臓腑の働き等を正常にする)

・消化と吸収を促進する

・女性の排卵・月経、男性の射精を正常に保つ

作用があります。

気滞症は、気機の流れが滞ることで起こります。

主な症状は、ため息・うつ状態・精神不安・緊張感・食欲不振・腹部の膨満感・生理不順です。

治療は、肝の機能の疏泄作用を順調にして、うつを解消し、気の巡りを良くします。

前回の記事の柴胡もこの作用があるため、精神症状の治療によく使われます。

柴胡は、薬です。

食材では、カテゴリーのイライラ・食欲不振・便秘が気になる方への食材が当てはまります。

今回は、まだ紹介できていない、オレンジを紹介します。

・オレンジ ~理気類~

分類は、気の巡りを改善するため、理気類になります。

1、食欲を増進し、胃気の下降機能を整えます。

2、津液を生じて、口渇を押さえます。

3、肺を潤して、咳を止めます。

腹部脹満、嘔吐、食欲不振、口渇、発熱、空咳等に効果があります。

ビタミンCも多いので、疲労回復・抗酸化作用が期待できます。

美容によくて、ストレスにもいいのもになります。

 

~今日の料理~

オレンジのジャスミンゼリーです!

ジャスミン(茉莉花)も同じ理気類でしたよね。

復習ですよ。

1、肝気を疎通・発散させて、うつ状態を改善します。

2、気機の運行を調整し、脾・胃の働きを整えます。

うつ状態などの改善に良いので、リラックス効果があります。

 

・作り方

ジャスミンティーに、砂糖を入れて甘くしてから、ゼラチンを入れます。

粗熱をとってから、固まる前にオレンジを入れて冷やし固めたら完成です。

 

ジャスミンティーにオレンジジュースを入れて、フレーバーティーにするのもありです!

柑橘類や香りがいいものは、気の巡りを改善する理気類に多く分類されています。

柑橘類・ジャスミン等の香水もありますもんね!

それだけ香りにはリラックスさせる作用があるので、イライラしたりしんどくなっているときはうまく活用してください!

しんどくなるのは仕方ないので、食事で気分を上げましょ!

ツカコ

 

 

“ストレス~気滞症~” への2件の返信

  1. こんばんは
    真帆ちゃん♥️やっと、見られました
    すごいね❤️✌️とても分かりやすいです✨♥️ありがとう✨
    私も、今、研究科で、勉強してまーす
    教えてくださーい♥️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください