冷房の冷え

毎日暑い日が続いてます。

冷房をつけないと、毎日がもたないですね。

寝るときも冷房。つけっぱなしの方も多いと思います。

そんな時に問題になるのが、身体のが冷えすぎてしまう事。

前回の記事でもお話した、湿の影響で、脾・胃の働きが低下してしまい、消化不良や下痢になりやすい。

気の巡りの食べ物と、浮腫をとる食べ物を組み合わせるのが良いですよとお話してます。

冷えることでも下痢になるので、注意が必要です。

 

今回は、冷房の冷気によって体調を崩しやすくなってるので、身体を温めて、風邪の症状を改善する食材を紹介します!

今日の食材は、ネギです!

ネギは、解表類の中の〜辛温解表類〜 になります。

寒くて風邪の症状の時にオススメの食材です。

同じ分類の食材では、生姜が当てはまります!

ネギは、

1、発汗作用で体表の寒邪・風邪を取り除く作用があります。(寒い風邪を改善することです。)

2、陽気を通して、身体を温めます。

冬の寒い風邪の時にもオススメですが、冷房が効きすぎて寒い時にも使えます。

寒い状況は、同じですからね。

自然よりも、機械の寒さのが身体がついていけなくてしんどいと思います…。

また、風邪予防はもちろんですが、抗酸化作用、疲労回復効果もあるので、美容にもオススメです!

 

〜今日の料理〜

豚肉のネギ塩丼

ご飯が豚肉で隠れてますが、豚肉たっぷりの豚丼です。

注目は、ネギ塩です!

ネギ塩ですが、ネギと塩昆布を混ぜてます。

細かく切ったネギに、塩昆布とごま油を混ぜただけ。

塩昆布が入るので、ダシがいりません。

塩昆布とごま油が、よく合うので作り置きに便利です!

おにぎりの具にしても良いですね。

昆布も薬膳の効果がちゃんとあり、浮腫をとる性質があります。

では、復習。

・豚肉

陰液を養い、身体を滋潤します。

陽気が活発なこの時期に、陰陽のバランスを取って身体を潤してくれます。

疲労回復、筋肉機能強化、免疫力向上効果 があります。

また、脾・胃に働きかけるため、この湿気が多い時期の脾・胃の働きを整えてくれる食材です

夏の暑さを取りつつ、表面の冷えを取り除くので、オススメの料理になりますよ!

めっちゃ簡単に作れるので、お試しください!

夏に強くなる、漢方ありますか?と質問を受けましたが、まずはしっかり食べること!

夏に乗り切れるように、色々食材を紹介しています。

少しの意識で体は変えれるので、参考にしてくださいね!

暑さ対策をしっかりしていきましょう!

ツカコ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください