冷え性~生理不順・生理痛~

昨日からお話している、冷え性。

今日は、女性に起こりやすい冷え性です。

冷え性の共通症状・・・四肢・腰の冷えや痛み、寒がり、疲れ、顔色が白い 

さらに、うつ・溜息、疼痛、腹痛、下痢等の症状がある場合です。

生理不順や生理痛がひどい場合にあたります。

女性の場合、ホルモンバランスをしっかり保つのは難しいです。

それは、毎月来る生理の影響です。

最近、若い女性、中学生くらいから生理痛がひどく悩んでる方が多いなと思います。私は、生理前はすごくだるくなります。変に不安になるんですよね…。

薬学部時代のノートです。

ここ、本当に難しいんですよね。

2つのホルモンによる働きが大切です。

特にエストロゲンというホルモン。

閉経を迎えると、エストロゲンの量は低下します。

年齢があがるにつれ、女性の冷え性が多いのはそのためです。

それは生理現象なので、仕方ないことです。

でも、若いころから生理痛がひどいのはよくないです。

中医学では、気と血の巡りが悪いからと言われています。

気の巡りの働きを以前書いたと思います。

(概要にあります。)

気の働きは6つあります。

・温煦(おんく)作用 (身体を温める作用の事です。)

・促進作用

・防衛作用

・気化作用 (代謝の事です。)

・固摂作用 (外に漏れるのを防ぐ作用です。)

・栄養作用

 

ストレスや情緒不安により、気の流れが悪くなることで血行が悪くなります。

気・血の流れが悪くなるために、身体を温める温煦作用が低下すると言われています。

食材としては、理気類活血化瘀類です。

おすすめ食材

理気類・・・玉ねぎ

玉ねぎは、脾の働きを高めて、気の巡りを改善します。また、消化も促進します。

そのため、食欲不振、下痢、宿便、げっぷ、吐き気、胃もたれ、お腹の痛みにもいいです。体を温める食材になります。

活血化瘀・・・青梗菜

(活血化瘀のカテゴリーを見てください)

おすすめのレシピ

青梗菜と玉ねぎのスープです。

卵は入れないでいいです。

青梗菜と玉ねぎだけのスープです。

味噌汁の具材にしてもいいと思います。

冷たい食べ方はしないでくださいね。

 

最近、私みたいな性格になりたいと言われることが多いです。

いつも元気で、笑顔なので✨

おかげで、男性がめっちゃ寄ってきます♡

それでも、しんどくなることありますよ!

意識しているのは、気の巡りと血の巡りです。

気・血の巡りを改善するだけでも、気分が楽になることが多いです。

ジャスミン茶(理気類)を温かくして飲んだり、身体を冷やさないようにしていますよ。

少しの意識で、体質は変わるので意識してみてくださいね!

ツカダ マホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください