五行<木>

前回は、概要をお話ししたと思います。
今回から五行に関する話をしていきますね。

今回は、<木>です。

木…成長、発散、柔軟、伸びるという働きがあります。
自然界の中で、この特徴に当てはまるものは、”木“になります。
自然界では五季に分かれており、木は春に当たります。
春、東風が吹いて、草木が緑になり、新芽が出ますよね。成長を意味します。

これを、人体に当てはめると、五臓と言います。
五臓で木は、<肝>になります。

西洋の肝臓とはちょっと違います。
私たちがよく知っている肝臓の働きは大きく分けて3つです。
・栄養の貯蔵とタンパク質の合成
・アルコールや薬などの解毒
・胆汁の合成です。

では五臓の肝の働きは、
・疏泄を司る
難しい言い方です。
①精神、情緒を安定を維持する。
②気、血の流れを正常に保ち、水の代謝を順調に行う。
③消化と吸収を促す。
④女性の排卵・月経、男性の射精を正常に保つ働き。
です。

・蔵血を司る
血液を貯蔵する働きと血量を調節します。

他にもありますが、まずはこの2つです。

なので、春の季節にのぼせやめまい、イライラなのどが起こりやすいのは、木の働きの発散、上昇により、気、血が上昇しやすくなるために起こりやすくなります。
では、食材のオススメは…。
実は以前の食材の記事に答えがありますよ!

生姜です!
そこに書きましたよね…
生姜は邪気を発散させると。
そうです!発散させれば良いんです。
ね、薬膳て奥が深すぎて嫌になるでしょ 笑笑
なので、これからも簡単に説明していくので、少しづつでも自分の身体に興味を持ってもらえたらなと思います!

これから説明が続くと思いますが、大事な事なので書いていきます。
では!
次は、火です。

ツカダ マホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください