薬膳の考え方 1

<概要>
薬膳料理とは…。
薬膳てじゃあ何?
漢方みたいな?

身体に良いごはんはわかるけど、それ以上がわからないという方がほとんどだと思います。

説明する前に
じゃあ風邪を引いたとします。
のどが痛いな、鼻水が出るな、熱が出るな…。
病院に行って、処方箋をもらって薬局で薬剤師から薬をもらいますよね。
抗生剤、のどの炎症をとるトラネキサム酸、鼻水を止めるアレルギー薬…。大体が同じような感じかなと思います。
私のイメージは、西洋医学は「化学」

じゅあ、東洋医学は…。
これがホントに難しい。
ここを私なりの説明をします。
詳しくやると難しすぎるので、大まかにいきますよ!
イメージは、「自然」
季節や気温、天候も見ていきます。

まず中医学、中国医薬学の略になります。
中国は世界で最も多い民族です。
歴史も古く、独自の医学をもち代々継承してきました。中医学は、中国の古代哲学から生まれてきた医学であり、宇宙観が含まれます。
・陰陽学説。

これ見たことありますよね。
光と陰、表面と裏…。自然界のすべてに相互作用と対立。
陰陽は、対立する両面を持ちながら統一され、常に動きながらバランスを保っています。
一日の中でも朝から昼は“陽”、夕方から夜は“陰”になります。
1年を通すと、

夏至の時に陽が一番多く、冬至では陰が一番多くなります。
春分、秋分で陰と陽が入れ替わります。

次に五行学説

五行とは、木・火・土・金・水の5つの物質を指します。
五行学説とは、この5つの物質の概念・特性・規律・相互関係を研究し、五行の運動と変化によって、自然界と人体のすべての事物を説明しようとする学説です。これを医学で身体の生理・病理・診断・治療を説明し、中医学の基本的な考えとなりました。

概要1はここまで。
次は、五行と五臓の特徴をあげていきます。

(参考文献 実用中医学、画像:陰陽五行マイナビ薬剤師)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください